スノーボード入門|もしものときのリスクを減らす失敗しないヘルメット選びのコツ!

一昔前と比べると
スノーボードでヘルメットを被る方が

だいぶ増えてきた印象を受けます。

 

それだけ安全意識が
高まってきたんでしょうね。

デザイン性のあるおしゃれなものや
軽量化も進んで
昔よりは受け入れられて
きていることも一因でしょう。
 

今までそんなに意識したことは
無かったんですが、
よく考えると
カービングなどでその気になれば
結構な速度が出るんですよね。

コケたり他のボーダーや
スキーヤーに突っ込まれでもしたら

かなりの衝撃を受けることになります。
 

キッカーなどでもそうです。
アプローチである程度の速度を
出して勢いよく踏み切って
ぶっ飛んでるんですから
着地に
失敗すればケガしちゃうのも当然です。
 

特に頭部を強く打ち付けたりすれば
生死に関わることだってあります。

幸い命に別状はなくても、

日常生活で支障をきたす障害が
残ってしまう可能性も
ゼロではないんです。
 

自分の身は自分で
守らなければなりません。
ヘルメットを被れば
それらのリスクを
減らすことができます。

 

ヘルメットの重要性

 

スノーヘルメット
 

スノーボードの滑りのレベルに
関係なく、
頭部を強打する
可能性は誰にでもあります。
 

初心者は速度こそ出さないでしょうが、

予期せぬ逆エッジなどで
うまく受け身が取れずに

後頭部を打ち付けることがあります。

また、ある程度のレベルになってくると

速度を出して滑るようになるはずです。
速い人では時速50km以上の速度で
滑ることもあるそうです。
 

自分の想像以上に速度が出ると
ボードコントロールが出来なくなり、

人や障害物に突っ込んだりします。

状況を考えればヘルメット無しで
バイクを運転して
交通事故を
起こすようなもんです。
 

キッカーやパークなどをメインで
楽しむ方でいえば
着地時やアイテムに
頭を打ち付けることもあります。
 

ヘルメットを被らずにまともに
頭部を強打してしまうと・・・

そう思うとゾッとしませんか?
 

バイクのようにヘルメット着用が
義務化されているわけではありません。
つまり、結局のところ
自己責任なわけです。

海外ではヘルメット着用が
常識になっています。

バイクと同じようにスノーボードでも
ヘルメット着用が常識と考え、

それに慣れてしまえば
なんてことはありません。
 

特にお子さんには
必ずヘルメットを被らせましょう。
身体も小さいので受ける衝撃も
計り知れませんからね。

悲惨な結果にならないように
しっかりと準備することが大事です。
 

ヘルメットの基礎知識

 

ご自身に合うヘルメット選びのために、
まずは基礎知識を見ていきましょう。
 

形状

 

ヘルメットは
大きく2つの形状に分類されます。
 

レーシングモデルタイプ

 

giro Avance MIPS
出典:GIRO
 

頭部全体にガポッと被る
防護力に特化した形状のモデルです。
主に競技用という認識で
いいと思います。(たぶん)
 

フリースタイルモデルタイプ

 

giro RATIO
出典:GIRO
 

一般的なヘルメットが
この形状のモデルです。
つばが付いているものなど、
各ブランドからデザイン性のある

おしゃれなヘルメットが
リリースされています。
 

安全性

 

言い換えると耐衝撃性のことです。

これは衝撃を受けたときの性能なので、

その時でないと判断は
難しいですよね・・・(^^;

だからといって見過ごすことの
できない重要な要素です。
 

判断材料として
2つの安全基準があります。
 

ASTM

 

ASTMロゴ

引用:wikipedia

 

世界最大規模の
米国標準化団体の基準のロゴです。
国際的に広く支持されている
規格になります。
 

CE

 

CEロゴ

引用:wikipedia

 

EU(欧州連合)加盟国の
基準のロゴです。

 


 

これらの基準を満たしている
ヘルメットを選ぶようにしましょう。

両方とも満たしているものが
一番おすすめなのですが、

最低でもどちらか満たしているものを
選ぶようにしましょうね。
 

軽量性

 

重いヘルメットだとバランスを
崩したときに
頭が振られてしまうので
かえって危険です。
なにより、被ったまま長時間経つと
疲れてしまいます。
 

最近のヘルメットは軽量化も
進んでいるので
被ってみたときに
重さに対して特に気にならなければ
大丈夫だと思います。

ただし、今までヘルメットを
着用したことのない方にとっては
慣れるまでの間は
重たいなどの違和感を
感じることもあるかもしれないので
注意が必要です。
 

通気性

 

気温の低い雪山であっても
動き回って身体が温まってくると

頭部も例外なく蒸れてきます。
春スキーなどの気温が高い日には
さらに蒸れやすくなるので

通気性は重要になってきます。
 

ベンチレーション
出典:SMITH
 

通気性を良くするため外側のシェル部分に
通気口の穴が開いているものがあり、

その通気口が開閉できる
ベンチレーション機能の付いた
ヘルメットもあります。

ヘルメット内の空気の流れを
自分で調節できるのでおすすめです。
 

保温性

 

保温性は特に気にしなくても大丈夫です。
 

ヘルメット外側のシェル部分は
プラスチック素材で、
内側には
頭部を防護するインナーがあるので
被っているだけで暖かいんです。

また、降雪時やコケて雪まみれに
なってしまったときでも

ビーニーなどの帽子に比べると
濡れて浸透しにくくなります。
 

サイズ

 

ブーツと同じようにヘルメットの
サイズ選びも重要になってきます。

小さすぎると締め付けられて
頭痛の原因になりますし、

大きすぎるとヘルメット内に
遊びができてしまうため

バランスを崩したときに頭が振られたり、

そもそもヘルメットを被る意味が
なくなってしまいます。
 

ビーニーを被った上に
ヘルメットを被る方もいれば

直接ヘルメットを
被る方もいるでしょう。

ご自身のスタイルに合わせて
ジャストサイズのものを
選ぶようにしましょう。
 

ゴーグルやブーツを選ぶ際にも
同じことが言えますが、

日本人(アジア人)は
外国人と骨格が違うため

海外ブランドのものは日本人に
合わせた作りになっていません。

ジャパンフィット(アジアンフィット)
といった日本人向けのモデルがあります。
 

頭の形状にも個人差があるので
日本ブランドや
ジャパンフィットの
ヘルメットであっても
ぴったりと
フィットするかは分かりません。

もしかしたら海外ブランドの

ジャパンフィットではないモデルの
ものが合うかもしれません。
 

もしものときに役に立たなければ
何の意味もないので
必ず試着をして
ご自身の頭にぴったりフィットする

ヘルメットを選ぶようにしましょう。
 

その他機能

 

快適性をより高める
いくつかの機能があります。
 

フィットシステム

 

ヘルメットの有名ブランドの多くは
フィットシステム機能が
付いていると思います。

BOAシステムであったり、
独自のシステムであったり様々です。
 

BOAシステム
出典:SMITH
 

ブーツで馴染みのある方も
いるかもしれませんね。
 

ヘルメット内側にワイヤーがあり、

ダイヤル(大抵は後頭部付近にあります)
を回して
ワイヤーを締めつけて
頭部にフィットさせる機能です。
 

フィットシステム
出典:GIRO
 

画像のようにインナーではなく
外側のシェル部分を
調節できるものもあります。

 


 

繰り返しになりますが、
頭部の形状にも個人差があり、

フィットシステム機能が付いていれば

自分の頭部形状に合わせられるため
フィット感が増します。
 

インナーの着脱

 

有名ブランドの多くは
インナーパッドやイヤーパッドの
着脱が可能だと思います。

シーズンオフには取り外して
洗うことが出来るため衛生的です。
 

また、春スキーなど気温の高いときには
イヤーパッドを取り外して
快適に
スノボを楽しむこともできますね。
 

イヤホン機能

 

音楽を聴きながら
スノボを楽しむことのできる機能です。
 

giro WIRED CHIPS
出典:GIRO
 

イヤーパッドの中に
スピーカーを入れて使用します。

好きな音楽を聴きながらであれば
スノボをより楽しめますね。
 

ヘッドマウント
出典:GIRO
 

少し値が張りますが
音楽を聴く以外にハンズフリー
通話もできる
ヘッドマウントも
リリースされていますね。
 

ヘッドマウント機能
出典:GIRO
 

音楽を聴く際にイヤホンのように
耳にあてるのではなく、

ヘルメットそのものを直接振動させて
音楽を聴くみたいですね。
耳を塞いでいるわけではないので
周囲の音も聞き逃すことが
ないので安心です。
 

小物類との相性

 

ゴーグルやフェイスマスク、
ネックウォーマーなどの
他の装備品との
相性も気にしなくてはなりません。
 

ヘルメットは遊びのない
ぴったりとフィットするものを選ぶので、

フェイスマスクやネックウォーマーが
しっかりと着用できないことも
考えられます。

特にゴーグルとの相性は重要で、
しっかりと顔にフィットしていないと

レンズが曇ったりして
視界が悪くなることもあるため

場合によってはゴーグルを買いなおす
ことになってしまうかもしれません。
 

SMITH HELMET HELPER
出典:Amazon
 

ゴーグルのベルトをヘルメットの
内側に装着する方もいるでしょうが、

外側に装着する方はヘルメットがある分
ベルトが伸びて
ヨレヨレに
なってしまう場合もあるので
注意が必要です。

画像にあるような
延長ベルト(ベルトクリップ)があるので
必要に応じて使用しましょう。
 

せっかく所持している装備品を
買いなおすのはバカバカしいので、

他の装備品と合わせてしっかりと
試着をすることをおすすめします。
 

まとめ

 

ヘルメットはかさばるので
持ち運びには面倒です。
 

しかし万が一の安全面から考えれば
とても重要なアイテムになります。
防寒性に優れているのもメリットですね。
 

選ぶ際にはゴーグルなど他の装備品との
相性も加味して
ぴったりと
フィットするものを選びましょう。

『備えあれば憂いなし』ですよ!
 

スノーヘルメット
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク