スノーボード入門|フードウォーマーやバラクラバなど首元より上の防寒対策あれこれ!

ビーニーやネックウォーマーなど、
首から上の防寒アイテムを
着用せずに
スノボをしている方を
たまに見かけることがあります。

 

ビーニーは防寒対策としての
用途はもちろんのこと、

コケたときなどの防護にもなります。
 

フェイスマスクやネックウォーマーは
呼吸がしづらかったり

ゴーグルが曇ったり、
うっとうしく感じている方も
いるかもしれません。

しかし、風の強いときや
速度を出して滑っているときなどは

首元から入ってくる冷気で
体感温度がずいぶん変わってきます。
 

頭や耳、そして首元からの冷気を
シャットアウトすれば
快適に
スノボを楽しむことができますよ!
 

首より上の防寒対策

 

ビーニー

 

個人的に頭部にはヘルメットや
プロテクターがおすすめなんですが、

それらが用意できない場合は最悪でも
ビーニーを被ることをおすすめします。
 

ゲレンデファッションの一部として、

ウェアやゴーグルなどとのバランスを
考えて選ぶのが一般的ですね。
 

形状

 

ビーニーにも様々な形状があります。
ひとつずつ見ていきましょう!
 

シンプル

 

ビーニー シンプル
出典:楽天
 

シンプルで無難な形状になります。
 

画像のように頭全体にフィットさせる
ビーニーもあれば
頭頂部にゆとりのある
ビーニーもありますよね。
 

折り返し(カフ)

 

ビーニー 折り返し(カフ)
出典:楽天
 

折り返し(カフ)のあるビーニーです。
 

折り返した位置にブランドロゴなどが
あるものもあります。

全く気にせずに被るとせっかくの
ロゴやマークが
後ろにきてカッコ悪く
なってしまうので注意しましょう。
 

イカニット

 

イカニット
出典:楽天
 

イカニットです。
ロングビーニーと言われることも
あるようですね。
 

折り返してカフ付きとして
使用することもできます。
 

ボンボン付き

 

ボンボン付きニット
出典:楽天
 

ボンボンの付いたビーニーです。
カワイイ系のビーニーになるでしょうか。

ボンボンの大きさは
小さいものから大きいものまで
まちまちですね。
 

ビーニー自体のカラーと同色のボンボンが
割と多いような気がします。

例えば、シンプルなビーニーと複数の
原色系のボンボンを別々に用意して、

日によって付け替えたりして
楽しむといったこともできますよ。
 

一緒にスノボに行っている連れが実際に
そうやって付け替えていましたが、

カラーによってはインパクトがあって
目立っていました。
 

つば付き

 

つば付きニット
出典:楽天
 

つばの付いたビーニーです。

好みが分かれる形状ではないでしょうか?
 

ゴーグルが干渉したり降雪時に
ビーニーの上から
ウェアのフードを
被ったりしたときに違和感を感じるので

個人的にはあまり好みではないです。
 

耳当て付き

 

耳当て付きニット
出典:楽天
 

耳当ての付いたビーニーです。

これもカワイイ系の印象ですね。
つば付きと同じように
好みが分かれると思います。
 

他の形状のビーニーでも被るときには
耳まで被せるので
特に必要性は
感じないんですが・・・(^^;

カワイイってことで選ぶんでしょうね。
 

ネックウォーマー付き

 

ネックウォーマー付きビーニー
出典:楽天
 

ネックウォーマーとフェイスマスクとの
一体型のビーニーもあるみたいですね。

滑っていてズレ落ちる心配は
無さそうです。
 

ただ、飲み物を飲んだりするときに
不便さを感じないかが
気になるところですね。
 

選ぶ際の注意点

 

折り返し(カフ)のものや
イカニットを折り返して使用したり、

つば付きのビーニーは
他のものよりも厚みがあります。
 

ビーニーを深く被って
ゴーグルを装着するときは

ゴーグルの上部分をビーニーに
被せるはずです。

そうなると顔とゴーグルとの段差が
大きくなるので、
装着したときに
隙間がないようにしないと

レンズの曇る原因になってしまうので
注意が必要です。

 

ビーニーはサイズの概念がほとんどなく、

基本的にはフリーサイズになっています。

ただし、使用しているうちに
伸びてしまったり、
頭のサイズが
小さくビーニーがゆるい場合などは

滑っているうちにズレ落ちてしまいます。
 

これが結構なストレスになるんです。
 

ちなみに、ゴーグルのベルトで
押さえても解消されません。

きつく締め付ければ
大丈夫なのかもしれませんが、

頭痛の原因になったりするので
おすすめできません。
 

ブランドものでもない限りは
値の張るものでもありませんが、

あまりに安価なビーニーや
頭のサイズが小さい自覚のある方は

頭の片隅にでも留めておきましょう。
 

フェイスマスク

 

口元が塞がれるので
息苦しいなどのマイナスイメージが

先行しているかもしれませんが、
意外にメリットの多いアイテムです。
 

メリット

 

例えば、真冬の気温が低い朝や夕方などに

耳当てやマスクをしない状態で
自転車に乗っているときに

冷えすぎて耳や顔が痛くなった経験は
ありませんか?

スノボでも同じように
痛くなることがあります。
 

さらに言えば、降雪時に速度を出して
滑っていると
降っている雪が顔に
当たって痛いんです。
 

また、ゲレンデなどの雪山では
雪面からの照り返しもあるので、

気にせずにそのままほったらかしていると
帰る頃にはかなり日焼けしています。

スキンケアに気を使っている
方にとっては大問題ですよね?
 

フェイスマスクはそれらの問題を
解決してくれます。
 

フェイスマスクに求める機能面

 

同じフェイスマスクでも
付いている機能によって
快適度は変わってきます。
 

固定方法の違い

 

ブランドによって
固定方法に差があります。
 

結ぶタイプ

 

フェイスマスク 結ぶタイプ
出典:楽天
 

結んで固定するほかに、

ゴーグルのベルトに挟み込んで
固定することもできます。
 

マジックテープタイプ

 

フェイスマスク マジックテープタイプ
出典:楽天
 

結ぶタイプよりも楽に着脱できますね。
 

被るタイプ

 

フェイスマスク 被るタイプ
出典:楽天
 

被るタイプもあります。

ネックウォーマーとの兼用として
使用できますね。
 

耳に引っ掛けられるか?

 

始めの準備段階でしっかり
固定していても、
コケたり
激しく動き回ったりを
繰り返していくうちに

ズレ落ちてくることがあります。
 

気になって固定し直そうとすると
ゴーグルやビーニー、
グローブなど
他の小物にも影響が出るので
結構な手間がかかちゃうんです。
 

フェイスマスク 耳に掛ける
出典:楽天
 

耳に引っ掛けられるタイプであれば、
完全ではないにしろ

ある程度はズレ落ちるのを
防止することができます。
 

口元の構造

 

息苦しさやゴーグルが曇るといった
デメリットがあるんですが、

少しでも解消させるために
様々な工夫がされています。
 

中でも2層構造になっているものが
おすすめです。
 

フェイスマスク ドリンクフラップ
出典:楽天
 

鼻や口元にあたる部分に
穴が開いているものがあり、

それらは息苦しさやゴーグルの
レンズ曇りには効果的なんですが、

飲み物を飲んだりするときに不便です。

画像のような2層構造であれば

下からまくり上げなくても
飲食することができます。
 

その他

 

バンダナなどを三角折りにして
フェイスマスクとして代用することが
できますが、
息苦しかったりゴーグルが
曇ってしまう確率は高いです。
 

防寒という観点からは相反しますが、
薄いほうが使い勝手は良いと思います。

ビーニーと同じように、生地が厚いと
顔とゴーグルとの段差が大きくなり

隙間ができやすくなってしまいます。
 

また、2層構造ではない場合、
飲み物を飲んだりしようとしたときに

下からまくり上げるとゴワついて
うっとうしく感じると思うんです。

 

フェイスマスクもファッションの
一部としておしゃれなデザインが多いので

お気に入りの一枚を探してみては
いかがでしょうか?
 

ネックウォーマー

 

冷え性の方にとっては
必須アイテムではないでしょうか?
 

ビーニーもそうですが、
ネックウォーマーは

タウンユースにも使えるので
汎用性があるのもメリットです。
 

ネックウォーマー
出典:楽天
 

安いものであれば千円でお釣りがきます。
コスパは良いと思いますよ。
 

ネックウォーマー ジッパー
出典:楽天

ネックウォーマー ボタン
出典:楽天
 

ドローコード付きで
キュッと絞れるタイプの他に、

ジッパータイプのものや
ボタンタイプのものもありますね。
 

ネックウォーマー ロングタイプ
出典:楽天
 

ロングタイプの
ネックウォーマーもあります。

フェイスマスクとしての
代用もできますね。
 

フードウォーマー

 

より防寒性の高いフードウォーマーも
人気があるみたいです。

フードウォーマー
出典:楽天

ネックウォーマーや、
ものによってはフェイスマスクとしても

使用することができますよね。
 

バラクラバ

 

バラクラバとは目出し帽のことです。
 

バラクラバ
出典:楽天
 

こちらも防寒性の高い
アイテムになります。

 

目出し帽
出典:楽天
 

目出し帽といえば、個人的には
画像にあるようなものが頭に浮かんで

「強盗」や「プロレス」といった
怪しいイメージが強かったんですが、

最近ではカラーなど
デザイン性のあるものも増えてきて

おしゃれなボーダーに
受け入れられてきている印象を受けます。
 

まとめ

 

スノボを楽しむときの
首元より上の防寒アイテムを

まとめてご紹介してみました。
 

好みもあるので、それぞれの
アイテムによって
必要性があるのかは
人によるところです。

ご自身のスタイルに合わせて

おしゃれにコーディネートしてみては
いかがでしょうか?
 

首より上の防寒対策
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク