スノーボード入門|ウェアで快適度は変わります!機能面でみるウェアの選び方

スノーボードのウェアは
機能面だけではなく
ファッション性もあり、

ゲレンデではおしゃれに
着こなしているボーダーも
数多くいますよね!

 

流行り廃り(すたり)もあります。
 

10年ほど前(だったかな・・・?)は
ダボダボのパンツをルーズに履いて

ビーニーやグローブに至るまで
原色系のド派手な着こなしが
流行っていました。

まさに目立ったモン勝ち!
みたいな感じでしたね。

自分もその流れに
ドップリと浸かっていました。。。
 

ここ数年は
あまりにもダボっとしたパンツは
少なくなりましたかね?
派手な色合いのウェアも少なくなり
アース系の落ち着いたカラーが主流です。

全てのギアにもいえることなんですが、

ウェア選びも好みなので
機能面はしっかり押さえつつ、

みてくれのデザイン性はご自身で
「カッコイイ!」、「カワイイ!」と

思えるウェアならそれで全然OK!です。

 

ウェアの機能面

 

スノーウェア
 

ウインタースポーツをする上で
欠かすことのできない機能面を
見ていきましょう。
 

防水性と撥水性

 

両方ともスノーウェアには
必要な機能です。
 

少し話が逸れますが、
『防水性』と『撥水性』は
意味合いが違います。

防水性とは
『生地が中まで侵入してこないこと』で、

撥水性とは
『水滴をはじくこと』です。

混同しないように注意しましょう。

 

まずは防水性。
これが無いと降雪時やコケたときなどに
ずぶ濡れになってしまいます。

ハイシーズンであれば外気温も低いので
大丈夫なこともあると思うんですが、

3月に入って春めいてくると
雪ではなく雨が降ったりもありますし、

ゲレンデに積もっている雪も気温が上がり
水分の多い湿った雪になるので

防水性の低いウェアだと
極端に言えば水たまりでコケるような

ずぶ濡れ状態になりかねません。

 

そして撥水性。

撥水性のない生地だとウェアの表面生地は
常に濡れている状態になります。
 

例えば、
雪の中スノボをしているとしましょう。

バインディングを着脱する度に
雪面に座っていれば
お尻部分の生地は
濡れていきますよね?

雪面に接している
表面生地の濡れたお尻部分は

座っていると自分の体重で
水圧がかかっているので

他の部分に比べて
水が浸透してくるのが早いです。
 

撥水性があれば
完全に防げるわけではありませんが、

撥水処理のされているウェアと
そうでないウェアでは
差は歴然だと思います。
 

透湿性

 

透湿性とは
生地を水蒸気が通り抜けること、
つまり通気性のことです。
 

通気性のないウェアは、
体を動かして汗ばんでくると

気化した水蒸気の逃げ道がないので

ウェア内に留まり
不快感を感じるようになります。

そしてご自身の汗が冷たくなって
寒くなってきてしまいますよね?

ゲレンデなどの雪山は気温も低いので
着ているウェアまで冷たいと

体調を崩す原因になります。
 

透湿性も見落とすことのできない
重要な機能ですね。

 

もうひとつ重要なのが
撥水性との関係です。
 

透湿性が優れていても
撥水性がないとあまり意味がありません。

撥水性がないということは
降雪時やコケたときなどには

ウェアの表面生地は濡れます。
これを続けると
表面生地に水の膜ができてしまい

水蒸気が生地を
通れなくなってしまうんです。
 

撥水性は防水性や透湿性のように
データが数値化されていないので

判断しづらいんですが、
知識として覚えておいて
損はないと思います。
 

Gore-Tex(ゴアテックス)とは?

 

ゴアテックス
 

スキー、スノボに限らず
アウトドアに馴染みのある方は

一度は耳にしたことがあるのでは
ないでしょうか?

「すごいんだけど高い」というような、

ぼんやりとした認識を
持っている方にとっては

後者の『高い』という部分だけが

印象に残っちゃってるのでは
ないでしょうかね?
 

Gore-Tex(ゴアテックス)とは、

アメリカにある
WLゴア&アソシエイツ社が開発した

防水透湿性素材の商標名です。

防水性と透湿性だけでなく
防風性まで兼ね備えている生地です。
 

ゲレンデなどの雪山では
風は身に染みるんですよね~。
ただでさえ寒いのに
風でさらに体感温度が下がり、

動き回っても
なかなか身体は温まってきません。
スキー、スノボを楽しむために
ゲレンデに来ているのに

風が強いと滑る心が折れます(笑)
 

・・・話を戻しましょう。(^^;

『メンブレン』という水蒸気を通して
水は通さない性質を持った素材が

ゴアテックスの肝となるそうです。

この『メンブレン』は
薄い膜のようなもので、
生地として
そのまま使用することができないため、

ナイロンなどの生地で挟み込んで
3レイヤー(3層構造)に

なっているみたいですね。
品質基準も厳しいみたいで、
防水性と透湿性の数値も高いです。
 

スノーウェアに限らず
ゴアテックスの生地が
使用されているものには

黒いタグが付いているので
すぐ分かります。

値段も高くなりますが
防水性と透湿性は
スノボを快適に楽しむための

重要な要素になってくるので
ゴアテックスを使用したウェアが
おすすめですね。
 

その他の機能

 

必要不可欠な機能ではないですが、

あればより快適に
楽しむことができる機能です。
 

パウダーガード

 

コケたときなどにウェアの中に
雪が入ってこないようにするものです。

ウェアには
つなぎタイプのものもありますが、

ジャケットとパンツで
分かれているのが主流です。
 

ジャケット パウダーガード
 

スノーウェアと謳っているジャケットは
裾周り(腰部分)には
必ず
パウダーガードが付いていると思います。
 

袖口部分はジャケットによって
付いているものと付いていないものが
ありますね。

個人的には必要だと思っています。

滑っている最中に
バランスを崩したりしたときには、

まず雪面に手をつきますよね?
座ってバインディングの
着脱をしているときも

立ち上がる時には
雪面に手をつくはずです。

 

裾を絞る紐
 

外側の両ポケット内に
裾を絞れる紐がある
ジャケットもあります。
 

BURTON Gore-Tex Glove
出典:BURTON
 

袖口の長いグローブがあれば、
ウェアの袖口を被せるようにすれば

雪が入ってくるのを
防ぐことは出来ますが、
袖口の短い普通のグローブだと、

気が付くと手首の辺りが濡れている
・・・なんてこともありますね。

グローブと手の間に
入り込んだ雪が体温で解けて

グローブ内が濡れてしまうことも
あります。

指先など末端部分は温まりにくいので

グローブ内が濡れてしまうと
嫌なんですよね~。
 

パンツ パウダーガード
 

パンツの裾部分もスノーウェアなら
必ず付いているはずです。

ブーツに被せるようにすれば
足元はガードできますね。
裾部分にフックが付いている場合は

ブーツの紐に引っ掛けるようにすれば

何らかの拍子でまくれ上がる
心配もないです。
 

ジャケットと同じように、
腰部分のパウダーガードの有り無しは
パンツによります。

コケたときなどに雪が入り込むので
付いていたほうがいいんですよね。
何で付いていないものが
あるんでしょう・・・?(^^;
 

ジャケットとパンツを繋ぐ
 

ジャケットがまくれ上がらないように

ジャケットとパンツで
繋げられるウェアもあります。

休憩などでジャケットを脱ぐときには
多少の手間になりますが、

コケたときに雪が入ってくる確率は
減らすことができます。
 

ベンチレーション

 

ベンチレーション
 

ウェア内の温度調節機能のことです。
 

この機能が付いているウェアには
ジャケットにもパンツにも

開閉させるファスナーがあり、
開けると中はメッシュ状になっています。

ジャケットであれば脇の下や背中、

パンツであれば腿(もも)の内側や外側に
付いていることが多いです。

画像では脇の下と内腿の部分になります。
 

動き回ったときや
外気温が高いときなどに使用します。
ウェア内にこもった湿気などを
循環させたいときにも有効ですね。

 

また、ベンチレーションが
付いている表面生地の色と

メッシュ生地の色が違うものが多く、
ファッション性の観点から

常に開けっぱなしのボーダーも
数多く見かけます。
 

袖口と裾の調節

 

袖と裾の調節
 

ほとんどのウェアには
付いていると思うんですが
・・・とりあえずご紹介します。
 

ジャケットの袖口は
マジックテープで絞ることができます。
絞ることによって
袖口から雪が入りにくくなります。

パンツの裾もファスナーやボタンなどで
調節することができます。
ブーツを履いたり脱いだりするときや

パンツの裾をブーツに被せるときなど、
必要に応じて調節します。

 

ウェアによっては
歩くときにかかと部分を
引きずらないように

マジックテープや
パンツのポケット内にある紐で
調節できるものもあります。
 

パスケース

 

パスケース
 

リフト券などを入れるパスケースが
付いているウェアもあります。

ジャケットでいえば袖口の辺りだったり
裾の辺りに付いていたり、
胸の辺りに
付いているものもありますね。

画像では
左袖と左ポケット部分にあります。
 

パンツではベルトループの辺りに
付いていたりします。
 

その他

 

イヤホンコードを通せる穴があったり

ゴーグルを収納できる大きな内ポケットが
付いているジャケットもあります。
 

サイズ

 

スノーウェアは普段着よりも
大きめに作られています。
膝の曲げ伸ばしや
手を広げてバランスを
とったりすることが
多いためです。

ウェアにゆとりが無いと
突っ張って滑りにくかったり

裾や袖が足りなくて
雪で濡れやすくなったりするので

やや大きめのほうが
都合がいいってことですね。
 

ひとつ注意しなければならないのは、
SESSIONS(セッションズ)や

VOLCOM(ボルコム)などの
海外ブランドはUSサイズになります。

通常、Lサイズのジャケットなら
Mサイズになるはずです。
 

購入する前に
スペック表やサイズ表で
必ず確認するようにしましょう。
 

まとめ

 

スノーウェアで
何よりも必要になってくるのは
防水性と透湿性です。

ウェア内で濡れたり蒸れたりすると
ストレスを感じるようになり

快適にスノボを楽しむことができません。
 

また、サイズ選びも重要です。

あまりにも窮屈なウェアは
滑りにくくなります。
中途半端なサイズで
どちらか迷うことがあれば

大きいほうを選んだほうが無難です。
 

スノーウェア
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク