シーズン中盤~終盤でもスノボを楽しむためのワックスがけなどのメンテナンス方法

スノーシーズンも中盤を過ぎると
段々と
ボードが「走らなく」なっていきます。

 

「走らない」ボードは操作性が
落ちるだけでなく、
突然失速したりして
バランスを崩してコケてしまうことも。

打ち所が悪ければ
ケガしてしまうリスクもあります。
 

滑っているときに自分の思い通りに
上手く操作ができず、
ただボードに
乗っているだけだと楽しくないですよね?
 

そこで重要になってくるのが
ボードのワックスがけなんです。

決してハイシーズン時と同等の
滑走性能が得られるわけでは
ありませんが、
シーズンが終盤に
進むにつれてコンディションが
悪くなっていけばいくほど

その差は大きく現れます。
 

ここでは、スノーシーズンを目一杯
楽しむために
ワックスの重要性を
解説していきます。
 

なぜボードが走らなくなるの?

 

ボード ソール面
 

「ボードが走らなくなる」とは
具体的にどういうことなんでしょう?
 

「シーズンに入る前にしっかりと
ワクシングをすれば大丈夫じゃね?」

そう思う方もいるかもしれませんね。
 

答えは

「大丈夫じゃない」

です。
 

オフシーズンにボードワックスを
かけるなどの
メンテナンスをしている方は
よくご存知だと思いますが、
ボードの
ソール面はワンシーズン滑ればかなり
汚れます。
 

泥汚れや大気中の埃はもちろんのこと、

3月になり春が近づいてくれば花粉や
黄砂も飛び始めます。

それらがソール面に付着して摩擦抵抗を
生み、ボードが走らなくなるんです。
 

また、シーズンも中盤を過ぎて
暖かくなって気温も上がってくると

雪質も水分を多く含んだ湿雪に
変化していきます。

それもまたボードが走らなくなる
大きな要因になります。
 

シーズン中盤~終盤まで楽しむには

 

圧雪車
 

オフシーズンにやるような、
アイロンを使用した
ホットワックスを
雪山に行くたびにかけるのが一番の
理想なんですが、
ぶっちゃけそこまで
やってられませんよね・・・(^^;

ということで、

ボードをなるべく良い状態に保つための

簡単にできるメンテナンス方法です。
 

ソール面をきれいにする

 

ワックスをかけるということにばかり
フォーカスされがちですが、

ソール面の汚れを除去してあげることも
かなり重要です。
 

車にワックスがけをする前には必ず

洗車をしてきれいにしてからワックスを
かけますよね。

それと同じです。
 

ゲレンデでの後片付け時や
家に帰ってきてからの片付けついでに

ササッとやってしまいましょう!
 

ソール面に付着したゴミを取る

 

ホットワクシングで使用する
ナイロンブラシで
目には見えない
細かい溝(ボードのソール面は
実際には
平らではなくデコボコした
凹凸になっています)に
入り込んだ
ゴミを掻き出します。
 

エッジのサビ防止

 

濡れた雑巾などでエッジ部分を
ぐる~っと拭きます。

水拭きするだけでサビをかなり
防止することができて効果抜群です。
 

面倒くさがりの僕はナイロンブラシを
使用する代わりに
エッジを拭いた
濡れ雑巾でソール面も一緒に拭いて

済ませてしまうことが多々あります。
(とうぜん、おすすめはしませんが)
 

ワックスをかける

 

ワックスといっても、手間のかかる
ホットワックスのことではありません。

スプレーやペースト状になっている
持ち運びに便利な簡易的なワックスの
ことです。
 

個人的には簡易ワックスは
どのメーカーでもあまり差が
ないように感じます。

『ガリウム』や『マツモトワックス』、
もし行きつけのショップなどがあれば

店員にすすめられたワックスなどを
選んでおけば間違いないでしょう。
 

スプレータイプでもペーストタイプでも、
ワックスを塗ったあとに
コルクなどで
擦って塗り込む作業が必要になるものが
多いですね。

より気軽にワクシングするなら
液体タイプや
吹き付けるだけの
スプレータイプがおすすめです。
 

「ガリウム スプレーワックス」

 

「マツモトワックス 液体ワックス」

 

たいした手間もかからず簡単に
ワクシングできるのでたいへん
便利なんですが、
耐久性がなく
すぐに効き目がなくなって
しまうんですよね。

ゲレンデに着いて滑り出す前、
そして昼休みなどのちょっとした
休憩時などに
パパッとワクシング
するのがおすすめです。
 

オフシーズンにご自分でワクシングなどの
メンテナンスをされる方は
アイロンや
固形ワックスを既にお持ちの方も
多いのではないでしょうか?

簡易的なワックスだけではなく、
固形ワックスで生塗りをした上で

スプレーワックスをすれば、
さらに効果が高まります。

 


 

ワックスやナイロンブラシ、

リムーバーなどがまとまった
セットもあります。

オフシーズンにも使用できます。
 

「時間がない」

「面倒」

「家じゃムリ!」など、

様々な理由でホットワックスを
使用できない方もいると思います。

ホットワックスは無理でも液体タイプや
スプレータイプのワックスであれば

たいした手間もかからずにメンテナンスが
できちゃいます。
 

「ガリウム スプレーワックスセット」

 

マツモトワックスはペーストタイプの
ワックスセットになります。

「マツモトワックス ペーストワックスセット」

 

まとめ

 

あくまでも、

『スノーシーズンを目一杯楽しむために
シーズン中に簡単にできるメンテナンス』

としてご紹介しました。
 

オフシーズンのしっかりとした
メンテナンスは
ホットワックスを
使用したワクシングには敵いません。

経済的な余裕があるならショップに
頼むのもいいと思います。
 

ただでさえ短いスノーシーズン、

より「走る」ボードで目一杯
楽しんじゃいましょう!
 

ボード ソール面
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク