オフシーズンのボードメンテナンス!ホットワックスのかけ方やその重要性とは?

スノーシーズンが終わったら、
保管前に済ませておきたいのが

ボードのメンテナンス。

 

また来シーズンに楽しく滑れる
ように、ワクシングなどのメンテを

しっかりと済ませたうえで保管して
おきたいところですよね。

愛着のあるマイボード、どうせなら
少しでも長く大切に
使いたい。。。
本気でそう思います!
 

ですが・・・ボードのワクシングって
意外に面倒なんですよね~。

おまけにシーズンも終わっている
ので、来シーズンに向けて
すぐに
メンテっていうのも、なんだか
テンションも上がらない・・・
 

毎年、そう感じながらもなんとか
スイッチを入れて
ワクシングを
しています。(^^;

 

ということで!
 

ここでは、オフシーズン(保管前)の
ワクシングについて
フォーカスして
みました!

 

オフシーズンにこそホットワックスを!

 

ベースワックスかけた状態のボード
 

色々なメーカー、そして数多くの
種類があるボードワックス。
 

タイプによってその特徴も様々。

大きく分けてスプレータイプや
ペースト状、固形タイプなどに
分類されます。
 

スプレータイプやペースト状の
ワックスはたいした手間もなく

簡単にワクシング出来るというのが
魅力ですが、持続力もそれなり、

あくまでも簡易的なワックスです。

使用用途を考えると、保管前の
メンテとしては適していません。
 

通常だと半年間近くは保管して
おくことになるので、
メンテには
ホットワックスを使用しましょう!
 

なぜホットワックス?

 

ホットワックス一式
 

「走る」ボードにする

 

ボードをより「走らせる」ために
ワクシングは必須です。

要は、どれだけボードにワックスを
浸透させるかってこと。
 

ゲレンデに行くたびに、その都度
ホットワックスをするのが
理想的
なんですが・・・

ぶっちゃけ、冬のクソ寒い時期に
そこまでやってられません。。。(^^;
 

なので、暖かいオフシーズンのうちに
ホットワックスをぶち込んで、
少しでも
「走る」ボードにするんです!
 

ソールの保護

 

ご存じの方も多いと思いますが、
1シーズン使用したボードは
かなり
汚れています。

このまま放置しておくと、エッジは
錆びてソールの劣化も
どんどん進行
してしまうんです。
 

ボードを少しでも良い状態に保つ
ためには、汚れをしっかりと
落として
ソールを保護する必要があります。
 

ロウソクのように固まるホット
ワックスでソール面を覆って、

それを剥がさずに保管しておけば
酸化を防ぐこともできます。
 

手間だけど恩恵はデカイ!

 

ホットワックスはスプレーや
ペースト状の簡易ワックスと

比べると、結構な手間です。

しかし、その恩恵は大きいです。
 

それを特に感じることができるのは、
緩斜面や隣の別コースへ
移動するとき
なのではないでしょうか?
 

通常、勢いがないと失速して途中で
止まったりしてしまうところでも、

「走る」ボードであれば止まらずに
そのまま滑れることもあります。

もちろん時と場合によりますし、
ほんとに些細なことなんですが、

感じるストレスは大きな差になります。

 

「怖いから慣れるまでは走らなくても
いんじゃね?」

思いがちな初心者の
持つボードも例外ではありません。
 

滑走時のソール面の保護、そして
転倒時など「止まる」ことが多いので。

「走る」といっても、体感で
劇的に変わるわけでもないので、

そういう心配は無用です。
 

どのワックスを選ぶ?

 

アイロンで使用する固形ワックスは、
メーカーによって差は
ありますが
数種類展開していて、たいていは
気温別になっています。

そして、フッ素が配合されたものと
配合されていない
『パラフィン
ワックス』があります。
 

撥水性のあるフッ素が配合された
ワックスのほうが高価で、

HF(高フッ素)とLF(低フッ素)が
あります。

HF(高フッ素)は特に高価で、
競技者でもない限り必要としません。 

LF(低フッ素)は気温が高くなる
春スキーで威力を発揮すると
言われています。
 

それぞれ特徴がありますが、
個人的にはフッ素が配合されて
いない
安価なパラフィンワックスで
十分だと思います。

フッ素を含んだ滑走ワックスであっても、
まずは安価なものが無難です。

 

また、よく行くゲレンデやその地域の
気温を踏まえた上で
チョイスする
ようにしましょう!

ひとつの目安なので、そこまで
ガチガチに考えなくても大丈夫です。

 

これからホットワックス一式を
揃えるのなら、
まずはトライアル
セットがオススメです。

一つにまとまっているのであれこれ
揃える必要もなく、
これだけ用意
すればOKなので!
 

 

ガリウムだけでなく、
マツモトワックスからも
リリースされていますね。

解説DVDが付属されているので
初心者でも安心です。
 

 

ガリウムやマツモトワックス以外にも、

  • TOKO(トコ)
  • SWIX(スウィックス)
  • DOMINATOR(ドミネーター)
  • HOLMENKOL(ホルメンコール)

などのメーカーがあります。
 

メーカー選びに迷ったら、まずは
一般的にも知名度のある
ガリウムや
マツモトワックスが無難なのでは
ないでしょうか?

価格も手頃で、個人的には取り扱い
店も多く手に入れやすいと思います。

 

ラインナップの多いボードワックス
ですが、色々と試してみて
あなたに
ピッタリのワックスを見つけてみて
下さいね!
 

ワクシングの手順

 

一般的なホットワックスのかけ方を
簡単に説明すると・・・、

  1. ソールの汚れを落とす
  2. ワックスを塗り伸ばす
  3. ワックスを落とす、またはそのままで保管

という流れになります。

 

どの程度参考になるのかは
分かりませんが、
僕のワクシング
手順(あくまでも自己流)です。

ソールのクリーニング

 

作業開始前にバインディングは
外しておきます。

アイロンの熱による変形防止や
作業効率を上げるためです。
 

ソールにワックスを垂らす
 

まずはソール面にクリーニング
ワックスをアイロンで
溶かしながら
垂らしまくります。
 

「見た目にも分かりやすく」という
ことを意識してたら、
ワックスを
垂らし過ぎちゃってデロデロに・・・(^^;

まぁ、自己流なんで!
 

アイロンでワックスを伸ばす
 

アイロンでワックスを塗り伸ばして
いきます。

このときに、煙が出ないようにします。

煙が出るほどの高い温度になると、
ソールを傷めてしまいます。
 

ワクシングペーパー
出典:Amazon
 

画像ではアイロンで直接ワックスを
塗り伸ばしていますが、
本来は
ワクシングペーパーをソールに
乗せてからペーパーごと
移動させて
塗り伸ばします。
 

 

スクレイピング
 

しばらく放置して少し冷ました
ところで、スクレーパーで
ワックスを
剥がしていきます。

クリーニング目的なので完全に
冷める前に剥がします。
 

削りカスが出なくなってきたところで、
ボアブラシで
ノーズからテールに
向かってブラッシングします。

少し強めにブラッシングして
ストラクチャーの細かい

ワックスを掻き出します。
 

ストラクチャーについて詳しくは、
こちらを
参考にしてみて下さい。

関連記事

スノーボードのチューンナップの一環として『ストラクチャー』というものがあります。  とはいっても、チューンナップの必須工程というわけではなく、ストラクチャーを入れるのも入れないのもチューンナップを依頼する人、つまり[…]

ストラクチャー
 

最後にナイロンブラシでノーズから
テールに向かって
ブラッシングして
クリーニング完了です。

ナイロンブラシはそこまで力を
入れていません。

 

ちなみに、リムーバーはスプレー
タイプのものを所持していますが、

ソール面をよく見て目立つ汚れが
ある場合以外は、なるべく使わない

ようにしています。
 

ワクシング

 

基本的にはクリーニングと同じ
工程を繰り返します。

ただし、ワックスを剥がすときには
完全に冷え固まってからです。

ワックスを塗ってから時間にして
約30分ほど放置してからになります。
 

ファイバーテックス 細目
出典:Amazon
 

仕上げのブラッシングをした後に、
ファイバーテックスで
ソール表面の
カスを拭き取って完了です。

使用するのは仕上げ用の細目です。
 

僕は雑巾で済ませていますが・・・(^^;
 

 

ワックスをアイロンで塗り伸ばし、
冷え固まったワックスを削ぎ落す
までの
工程を1回として、
この「ワックスをかける」という
回数にかなりの個人差が
あります。
 

例えば・・・、

  • ベースワックスを1回
  • ベースワックスを2回
  • ベース、滑走ワックスを1回ずつ
  • ベース2回、滑走1回などなど

要は「どこまで拘るか」ということに
よりますね。

すぐにでも滑りに行ける状態に
仕上げて保管する人もいます。
 

ちなみに僕の場合はベース1回、滑走
1回ブチ込んでからもう一度
ベースを
塗り伸ばして、冷え固まった状態で
保管しています。

これだけでもうお腹いっぱいです。

腕や腰が悲鳴上げてます。。。(^^;
 

ワックススタンド
出典:Amazon
 

回数が増えていくほど、作業環境が
大事になります。

専用の作業台などもあるので、
それを利用すれば腰への負担なども

ある程度は和らぐはずです。
 

 

回数や頻度は人によってまちまち
ですが、唯一言えることは
『かければ
かけるほど良い』
ということです。

1回よりは2回、2回よりは3回・・・
とにかく回数を重ねるほど良いです。
 

かかる手間を考えると、10数回も
こなすのは骨の折れる作業で
かなり
大変ですが、頑張って可能な限り
回数を重ねましょう!
 

まとめ

 

ボードの状態は、オフシーズンに
しっかりとメンテナンスをするかが

大きな差になります。

さらに言えば、滑りの上達速度にも
少なからず影響するはず。
 

ホットワックスを面倒に感じちゃう
気持ちはよく分かりますが、
また
来シーズンに滑りを楽しむためにも
しっかりと手を入れて
あげることが
重要です!
 

ベースワックスかけた状態のボード
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク