ワークマンの『イージス360°リフレクト』に脱帽!おすすめの防寒着はコレ!

人気爆発中のワークショップ、ワークマン。

アウトドア・スポーツやレインウェアの専門店ワークマンプラスを展開するなど留まるところを知りません。


火に強い綿かぶりヤッケなど、キャンパーさんに人気のあるオリジナルブランド『FieldCore(フィールドコア)』のほか、機能的でリーズナブルなアイテムが盛り沢山!

その中で、防水・防寒ウエアの『AEGIS(イージス)シリーズ』もまた大人気アイテムのひとつ。



先日、冬支度のためにそのイージスのジャケットをゲットしました!

進化し続けるイージス、その購入レビューです!

初代モデルからバカ売れしたイージス


2016年にブランド化され、今ではラインナップ豊富なイージス。

その初代モデルが発売されたのは2013年になります。



実は、一昨年までその2013モデルの初代イージスを所持していました。


通勤など普段の移動方法が車メインの生活スタイルからバイクメインになったのが2013年。

当時、安い防寒着を探しているときに

「コスパ最強!」

「全っ然寒くねえ!」


と、バイク乗りがネットでざわついていたアイテムこそが初代イージス!


その情報を得て、すぐさま最寄りのワークマンへ!

そこでは既に売り切れで、2店舗目で購入しました。


ゆとりを持ってアウターの上から着たかったのでサイズは3Lをチョイス。

記憶が曖昧ですが、確か上下セットで5000円前後だったと思います。


噂通りの防寒性能で、身体は寒さを全く感じなかったですね。

ゴワゴワしてかさばりましたが、かなり重宝しました。



そんな初代イージスですが、ジャケットがボロボロになって一昨年処分しちゃいました。

ちなみにパンツはまだイケそうなので残っています。

初代イージスのパンツ






その当時、バイク乗りの友達に「イージス最高!」という話をして、その友達は翌年に同じモデルを購入。

その数日後にワークマンに行ったら既に売り切れになっていたのを今でも憶えています。



初代モデル発売当初から話題沸騰!

バイク乗りから圧倒的な支持を得ていたのがイージスなんです!

2019モデルのイージスジャケットを買ってみた!


去年イージスなしの冬を1シーズン過ごしましたが、やっぱり防寒着と言えばイージス!

ということで購入を決意。



ブランド化されたことによってたくさんのラインナップがある中で選んだのは

『イ-ジス360゜リフレクト透湿防水防寒ジャケット』


しかも数量限定のDENIM(デニム)仕様!

イ-ジス360゜リフレクトDENIM(デニム)ジャケット





それまではとにかく寒くなければそれで全てOK、あくまでも防寒が最優先でそれ以外のことは特に気になりませんでした。(そもそも初代イージスにほかのラインナップはなかったので)

ですが、ブランド化によってラインナップも増え、せっかくの機会なので数量限定のジャケットを購入することに!



ジャケットのみで税込6800円。

財布に優しいアイテムが多いワークマンのなかでは高額商品です。


数量限定品ということもあってか、ほかのイージスシリーズよりも高めの金額設定。

しかもパンツは別売り。


パンツは初代イージスを所持しているので、『防寒』という観点では問題なしです。

上下のマッチングとしては分かりませんが・・・(^^;



初代のセットが5000円前後だったのを考えると若干高いと感じますが、その優れた防寒性能を体感しているので、僕的には許容範囲です。



残念ながら、オンラインショップではまだ取り扱っていないみたい。

パンツはすでに楽天市場店でも取り扱っているようですが。。。


オンラインショップでの取り扱いが開始されました!




数量限定のDENIM(デニム)仕様ではないイ-ジス360゜ジャケットは既に楽天市場店でも取り扱っています。



ただし、上下で揃えたい場合のパンツはイージスではなく『HEAT ASSIST(ヒートアシスト)シリーズ』のパンツになるみたいですね。

どうやら【360°(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャンパー】のパンツと兼用のようです。


イージスシリーズではないので、耐水・透湿性が少し劣っています。







個人的な意見ですが、大人気のイージスシリーズで数量限定品となると、気付けばすでに売り切れ状態・・・なんてことも考えられます。

少しでも気になる方は、その動向チェックを忘れずに!

DENIM(デニム)ジャケットの詳細はこちら!






イージスから透湿防水防寒仕様の『BIKERS(バイカーズ)』も出ました!

どうやら問い合わせ殺到中のようです!

関連記事

バイク乗りに朗報!ワークマンのイージスシリーズから防水防寒ジャケット・パンツの『BIKERS(バイカーズ)』がデビュー!今までも『BIKERS(バイカーズ)』という名のついたアイテムはありましたが、透湿レインスーツのみでした。そうです、防[…]

ワークマン店舗






ちなみに、去年からイージスのグローブも所持しています。

さすがにブーツまでは持っていませんが、防寒はほぼ全身イージスまみれです(笑)

イージスのグローブ
グローブのロゴ

イ-ジス360゜リフレクト透湿防水防寒ジャケット をレビュー!

外観

イ-ジス360゜リフレクトジャケット 前
イ-ジス360゜リフレクトジャケット 後ろ


防寒着ということをあまり感じさせないような外観に仕上がっている印象。


僕のイメージする『防水防寒着』は・・・

イージス透湿防水防寒スーツ2018モデル

出典:WORKMAN



シャリシャリとした質感の、こんな感じのやつ。


以前まで所持していた初代イージスも同じ質感でこれとよく似た外観でした。

それを数年間使用していたので、強く印象に残っているだけなのかもしれませんが。。。



なので、例え部分的とはいえシャリシャリとした質感ではないデニム仕様のジャケットにちょっとした『オシャレさ』、『新鮮さ』を感じてしまいます。


イメージに反した防寒着らしからぬ外観、おまけに数量限定品・・・これで購入決定です(笑)




リフレクト効果 正面
リフレクト効果 背面


もっとも特徴的なのは、商品名にもなっているリフレクト効果。


通常時では目立ちませんが、光が当たると反射します。

その名の通り360°どこから見ても隙がありません!


ちなみに画像は昼間に撮影したもの。

辺りが明るい昼間でこの状態です。


夜の暗闇の中ではかなり目立ちそうなので、なんか逆に怖そう・・・(^^;



反射する生地とプリント


反射する生地とプリントのアップ画像です。

光を当てると狂暴になります(笑)

ディテール

フードとフェイスガード

取り外し可能なフード


フードは4つのボタンで取り外し可能。

フードを取り外してみると・・・

収納されたフェイスガード
フェイスガード


襟の左側にフェイスガードが収納されています。

反対(右側)にはマジックテープ。



襟の内側はフリース素材


襟の内側はフリース素材。

肌ざわりが良いです。

襟の内側にもフェイスガード
襟内のフェイスガード


襟の内側にもフェイスガードが収納されています。

同じくフリース素材です。



口元もフリース素材
フェイスガード展開


口元にあたる部分もフリース素材になっています。


フェイスガードを装着すれば、首元からの冷気をかなり抑え込んでくれそうな予感。

期待が高まります!



ここでは分かりやすくするためフードを取り外していますが、取り外さなくても装着可能です。

ファスナーとマジックテープのWガード

ファスナーとマジックテープのWガード


フロントのファスナーは信頼のYKK製。

さらにその上からマジックテープで被せるWガード!


スノボウエアでもよく見かけるタイプで、これがまた結構な防風性があります。

止水ファスナーポケットと内ポケット

左胸の止水ファスナーポケットのプリント
左胸の止水ファスナーポケット


左胸部分にある止水ファスナーポケット。

『360° SECRET REFLECT』とプリントされています。


中はそこそこの深さがありますが、ファスナーが短いせいか入り口が狭く感じちゃうのが少し気になるところです。



外側にある胸ポケットって出し入れしやすいですよね。

スマホなど入れるのに良さそう。



両サイドの止水ファスナーポケット


両サイドにも止水ファスナーポケットがあります。


胸ポケットのような入り口の狭さは感じないので、出し入れしやすそうです。



右側の内ポケット
左側の内ポケット


両サイドには内ポケットもあります。


深さもあって大きめ。

ただしファスナーやマジックテープはありません。

アジャスターとスピンドル

バタつきを防止するアジャスター


腕と脇の下部分にはアジャスターが。

風によるバタつき防止に役立ちます。



スピンドル


両サイドの裾部分にはスピンドルがあり、裾周りを絞ることができます。

腕と脇の下部分にあるアジャスターとは違い、細かく微調整することが可能です。

背中が出にくいサイクルカット

サイクルカット
腰部分の反射プリント


裾は背中側だけ丸みを帯びたサイクルカットになっています。

バイクにまたがって前傾姿勢になったときに腰や背中が出にくい仕様です。


腰部分には『360° SECRET REFLECT』の反射プリントが。

サムホール付きのリストガード

マジックテープで絞れる袖口
サムホール付きのリストガード


袖部分もマジックテープで絞れるようになっています。

袖口はサムホールの付いたリストガードがある二重構造。


これもスノボウエアではお馴染み。

あると重宝します。

サイズ感

サイズは3L


LLを購入予定でしたが、結局今回も3Lを購入。


以前と同じようにアウターの上から着るつもりですが、初代イージスの感覚ではワンサイズ小さいLLでも問題ないと思っていました。

実際に試着をしてみると初代よりもタイトな感じで、手を上に伸ばすと脇の下辺りに突っ張り感が。


試着時はTシャツ1枚でしたが、真冬は中に着込むことになるので前回同様ワンサイズ大きい3Lで落ち着きました。



3L試着時


モデルは174cm、65kgの普通体系。

中はTシャツ1枚です。


やはりそこまでダボッとした感じはしません。

試着時は「裾周りはスピンドルで絞ったほうがいいかもな~」なんて思っていましたが、改めて着てみるとそんなこともなさそう。



フェイスガード装着時


フェイスガードを装着したところ。

鼻の頭部分まで覆われています。


フェイスガード無しの状態と比べてしまうと、やはり多少の息苦しさはあります。

ですが、口元とフェイスガードの間に隙間があるので、肌を密着させるマスクほどの息苦しさは感じません。



なにより、首元からしっかりと防寒されている感覚です。

バイクでの実走行はまだですが、これはかなり使えるかも。

サイズ表

サイズMLLL3L4L
肩幅4849.55152.554
胸囲120124128132136
着丈7779818385
袖丈68.570717273
対応胸囲84~9290~9896~104102~110108~116
対応身長160~170170~180175~185175~185175~185

※ サイズ表は横にスライドします



ちなみに、耐水・透湿性も高いレベルで備えています。

  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿性:8,000g/m2/24h


そもそも僕は雨天時にバイクに乗ることがあまりありません。

もし雨天時に乗る場合には別のレインウエアを着用しています。

関連記事

普段使いや趣味など、その理由や目的はどうであれバイクに乗っている方は多いと思います。僕も日常生活での主な移動手段はバイクです。そんなバイク乗りに共通の悩みといえば・・・やはり雨ですよね?これはバイク乗りに限ったことではなく、例[…]

R600 レインスーツSTRETCH Perfect




なので、耐水・透湿性は特に気になりませんが、これはスノボウエアとしてもギリ通用するほどの数値だと思います。

価格帯を考えるとかなりハイスペックな印象です。




ちなみに、冬のアウトドアなどにも活躍する防水防寒ブーツもワークマンがオススメ!

関連記事

僕はウインターシーズンになると毎週のようにスノボを楽しんでいます。ゲレンデまでの主な移動手段は車で、その際には必ずサンダル履き。理由はいくつかあるんですが、なんだかんだで一番楽なことが最も大きな理由になるでしょうか。ただし、近くのコンビニ[…]

FC062 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

まとめ


久々に手にしたイージス。

2019モデルになってさらにすばらしい進化を遂げていることを実感!


釣りやウインタースポーツなど過酷な環境下でのアウトドアにもおすすめなんですが、やはりバイク乗りにこそ一番おすすめしたいアイテム!

とにかくバイク乗りに特化した機能が満載の防寒着なんです。


加えて防寒性能の高さ!

大人気商品なのも納得です!



少しでも気になる方は、売り切れてしまう前に公式オンラインショップで早めのチェックを!

イ-ジス360゜リフレクト透湿防水防寒ジャケット DENIM(デニム)仕様
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク