ポップアップ式・ワンタッチ式の簡易テントは日帰りアウトドアにおすすめ!

アウトドアで快適な空間を作り出す
ことのできる
便利アイテムといえば
テントです。

 

テントといば設営が面倒だったり
荷物が多かったり・・・という

イメージがありそうですが、
ポップアップテント・ワンタッチテント

なら初心者の方でもハマることなく
設営することができて、
コンパクトに
収納することができます。

これらの設営が簡単なテントは
「簡易テント」と
呼ばれることも
あります。
 

ここでは、ポップアップ式・
ワンタッチ式の
簡易テントの
種類や特徴を
まとめてみました!

また、おすすめのテントも
ご紹介しています!

日帰りアウトドアに最適

 

その場で1日以上過ごすキャンプと
比べて、日帰りのアウトドアでは

時間に制限がある場合が多いのでは
ないでしょうか?

その限られた時間の中で、出来る限り
長い時間を楽しむためには
サクッと
準備を済ませたいところです。
 

それと同時に、アウトドアで快適に
過ごしたいと思ったら
準備を怠る
わけにもいきませんよね?

そんなときには簡易テントが
大活躍です!
 

設営に不馴れな初心者の方、そして
女性の方でも時間をかけずに
簡単に
設営することができます。
 

1分もかからずに自分たちだけの
快適空間を作り出すことができるので、

日帰りのアウトドアに是非とも
用意しておきたいアイテムです!
 

設営方法の違い

 

簡易テントの設営方法は
主に2通りです。
 

ポップアップテント

 

FIELDOOR フルクローズサンシェードテント
出典:Amazon
 

収納ケースから出せば「ボンッ!」と
テントの形に広がるので、
ペグなどで
固定すれば設置完了です。

形状記憶のようなイメージでしょうか、
何の力も加わっていなければ
テントの
形を維持します。
 

逆に撤収時には広がろうとするのを
抑えて収納するので、
慣れていないと
手間取るかもしれません。
 

ワンタッチテント

 

DOD(ディーオーディー) ワンタッチレジャーシェード
出典:Amazon
 

傘を開くようにサッと設営できる
テントです。

ロープを引いて設営できる
テントもあります。
 

どちらにしても、ワンタッチで
簡単に
設営することができるのが
特徴になります。
 

フレームもあって、ポップアップ
テントよりは耐久性もあります。
 

タイプは2つ

 

サンシェードタイプと
フルクローズタイプがあります。
 

サンシェードタイプはポップアップ
テントで、
フルクローズタイプは
ワンタッチテントという
イメージが
強いかもしれませんが、設営方法に

関係なくそれぞれのタイプがあります。
 

サンシェードタイプ

 

Dreamegg ポップアップ サンシェードテント
出典:Amazon
 

開放感のあるサンシェードタイプです。

ポップアップテントの
サンシェードタイプは
海水浴で
見かけることが多いですよね。
 

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) リオーネ UVワンタッチシェルター
出典:Amazon
 

もちろん、ワンタッチテントにも

サンシェードタイプはあります。
 

フルクローズタイプ

 

ポップアップテント フルクローズタイプ
出典:Amazon
 

プライベート空間を作ることが
できるのがフルクローズタイプです。

着替えることもできますし、突然の
雨に降られた時などにも便利です。
 

生地の撥水性や耐水圧によって
浸水度合いに差がありますが、

たとえ一時的であっても閉め切って
いるのといないのとでは
大きな
差になりますよね。
 

DOD(ディーオーディー) ワンタッチレジャーシェード フルクローズ対応
出典:DOD
 

ポップアップテントと比べると、
ワンタッチテントは
よりキャンプ
向けになるでしょうか、フル
クローズに
対応しているものが
多いですね。

 

ポップアップでもワンタッチでも、
テントに付いている
ジッパーや
マジックテープでフルクローズに
するものが
多いんですが、開いて
いるときにはエントランス部分の

シートとして利用できるものや
カーテンのように
片側もしくは
両側にロール状に巻いてある
ものなど様々です。
 

設営だけでなく撤収も簡単

 

簡易テントは設営にいくつもの
手順があるわけではないので、

撤収時の後片付けも難しいと
いうことはありません。

また、色々な機能が付いている
わけでもないので、
軽くて持ち運び
しやすいのも特徴です。
 

ただし、「慣れ」は必要なのかも
しれません。

特にポップアップテントはある程度
慣れてないと
手こずるかもしれませんね。
 

参考画像として紹介している
フィールドア製品の

ポップアップテントの撤収方法が
動画で紹介されています。
 

FIELDOOR(フィールドア) フルクローズサンシェードテントの畳み方

 

ブランドや種類によって多少の差が
あるのかもしれませんが、
大まかな
構造は一緒なので参考になるのでは
ないでしょうか?
 

デメリット

 

簡単で便利な簡易テントですが、
デメリットもあります。
 

パーツが一体化されている

 

設営や撤収、持ち運びを簡単に
するため、ひとつひとつのパーツを

組み合わせる構造になっている
わけではなく、すべてが一体化
されています。

つまり、ポールひとつ壊れたとしても
部分的に修理することができないんです。
 

壊れたときに修理にかかる日数や
コストを考えれば、
買い換えたほうが
いい場合もありそうですね。
 

やはり「簡易」テント

 

軽量で持ち運びしやすい簡易テントは
「シングルウォール(1枚の生地)」

ものが多く、キャンプで使用される
通常のテントと比較すると雨天時や

気温の高い真夏の快適性は落ちます。
 

また、耐久性の面においても、
ある程度は値段に
比例するのでは
ないでしょうか?
 

通常のキャンプでは使用できない
わけではありません・・・が、

あくまでも「簡易」テントです。

そうは言っても、日帰りでの
アウトドアでは十分快適に

過ごすことのできるアイテムですが。
 

おすすめの簡易テント

 

プライベート空間を作れる
フルクローズタイプがおすすめです。

ご紹介しているのは、どれも人気の
ある簡易テントになります。
 

FIELDOOR(フィールドア)
フルクローズサンシェードテント

 

FIELDOOR フルクローズサンシェードテント
出典:Amazon

展開サイズ(約)
幅×奥×高(cm)
(160)160×145×125
(200)200×180×135
(240)240×190×140
収納サイズ(約)
直径×厚さ
(160)57×5.5
(200)63×5.5
(240)66×11
重量(約)(160)1.8kg
(200)2.5kg
(240)3kg
カラーターコイズ
オレンジ
ダークブラウン
ライム
ピンク
グリーン
ブルー
カモフラージュ/グリーン
カモフラージュ/サンド
キノコ
耐水圧1,500mm以上
材質ポリエステル 他

 

フィールドアの
フルクローズサンシェードテントです。
 

3つのサイズ展開があります。

あくまでも目安ですが、160cmは2人用、
200cmは 3人用、
240cmは 4人用といった
ところでしょうか。
 

前面と後面にはメッシュスクリーンが
あって、風が抜けるようになっています。

また、メッシュスクリーンは
ファスナーで閉じることも可能なので

虫の苦手な方でも安心です。
 

生地は裏側に施されたシルバー
コーティングによる遮熱性のほか、

UVカットや1500mm以上の耐水圧が
ある高品質のポリエステル

「SUNSHIELD(サンシールド)」を使用。
 

日本の検査機関による品質テストが
行われているのも大きな魅力です。

安心感がありますね。
 

ベンチレーションとタオルを掛けられるような工夫
出典:Amazon
 

サイズが大きい240cmタイプは
テント上部にベンチレーションを

搭載することで、風の影響を
受けにくくしています。

そして、テント内にはタオルを
掛けられるような工夫がされた

ポケットが左右に設置されている
特別仕様です。

 

3つのサイズ展開と豊富なカラー
バリエーションで
選ぶのにも
迷ってしまいそうですね!
 

 

Campers Collection(キャンパーズコレクション)

ワンタッチキャビンシェードフルクローズ

 

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェードフルクローズ
出典:Amazon

展開サイズ(約)
幅×奥×高(cm)
200×150×130
収納サイズ(約)
直径×厚さ
57×4.4
重量(約)2kg
カラーブルーダイダイ
ネイビーピンク
グレー
ダイダイ
耐水圧不明
材質ポリエステル 他

 

キャンパーズコレクションの

ワンタッチキャビンシェード
フルクローズです。
 

新形状のワイヤーを採用したことで
従来のものより
日よけ面積が50%アップ。

さらに居住面積も30%アップして
頭上が広くなっています。
 

部屋の中や車内と同じように、
天井が高くなるだけで視覚的な

圧迫感もなくなり快適に過ごせる
のではないでしょうか?
 

メッシュ棚とサンドプロテクト
出典:Amazon
 

テント内には取り外しができて
使い勝手の良いメッシュ棚があります。

砂の侵入を防ぐサンドプロテクトが
あるのも大きな特徴です。
 

生地はシルバーコーティングされた
遮熱性の高い
「COOL TOP(クールトップ)」
で紫外線から守ります。
 

 

Villimetsa(ヴィリメッツァ)
テント ワンタッチ ポップアップ

 

Villimetsa(ヴィリメッツァ) テント ワンタッチ ポップアップ
出典:Amazon

展開サイズ(約)
幅×奥×高(cm)
(160)160×145×125
(200)200×180×125
(240)240×180×140
収納サイズ(約)
直径×厚さ
(160)5.5×6
(200)6×6
(240)6.5×6
重量(約)(160)1.75kg
(200)2.6kg
(240)2.75kg
カラーネイビー
グリーン
ピンク/グレー(フチ)
レッド(200cmのみ)
グレー(200cmのみ)
ブルー(200cmのみ)
フォークロアー
(200cm/240cm)
耐水圧不明
材質ポリエステル 他

 

ヴィリメッツァのテント
ワンタッチ ポップアップです。
 

こちらのテントも
3サイズ展開されています。

ただし、すべてのカラーが統一
されているわけではないみたいですね。
 

前面、後面がフルオープンになり、
メッシュスクリーンにもなります。

さらに入り口を留めることのできる
タッセルが左右に付いていて
片開きも
可能なので、シーンによって色々な
使い方ができます。
 

サイドメッシュ
出典:Amazon
 

側面にもメッシュがあり、テント内に
熱がこもらない工夫がされています。

テント内の風通しを良くして循環
させることで、
より快適に過ごす
ことができそうですね!
 

色々と役立ちそうなエントランス部分の
シートもポイント高いです。
 

他のテントと同様にUVカットや
シルバーコーティング、
小雨程度なら
問題のない耐水性なども備えている上、

テント内にはランタンフックや収納
ポケットも付いています。

テントに付いているジッパーを
外側からタッセルで固定する

簡易的なカギもあったり、装備が
充実しています。
 

フィールドアのテントと同じく、

遮熱性の品質テストは日本で行われて
いるようですね。
 

 

DOD(ディーオーディー)
ワンタッチレジャーシェード

 

DOD(ディーオーディー) ワンタッチレジャーシェード
出典:Amazon

展開サイズ(約)
幅×奥×高(cm)
245×135×143
収納サイズ(約)
直径×厚さ
15×92
重量(約)3.6kg
カラーライムグリーン
耐水圧1,500mm
材質ポリエステル 他

 

DODのワンタッチ
レジャーシェードです。

フレームを伸ばしてから、シェードの
上部にあるロープを引いて
設営する
ワンタッチ式になります。
 

大人3人が休めるゆったりサイズで、

入り口以外の側面3面にはメッシュが
あります。

エントランス部分はWジッパーに
なっていて、
フルクローズにも
対応しています。
 

生地にはUVカット加工、そして
1500mmの耐水圧を備えています。
 

インナーポケットとサンドポケット
出典:DOD
 

エントランス内側の上部にある
収納スペースは、
外側からは見えにくい
場所になっていますね。

また、ペグで固定しにくいビーチなどで
砂を入れて
重しとなるサンドポケットも
付いています。
 

色々な機能が備わっているので、
日帰りアウトドアでの使い勝手は
良さそうです。

ただし、シルバーコーティング処理を
していない
シングルウォール構造なので
遮熱性が気になるところです。
 

商品名も「テント」ではなく「レジャー
シェード」なので、
サンシェードという
認識のほうがいいのかもしれません。
 

 

QUICKCAMP(クイックキャンプ)
ワンタッチテント

 

QUICKCAMP(クイックキャンプ) ワンタッチテント
出典:Amazon

展開サイズ(約)
幅×奥×高(cm)
210×190×110
収納サイズ(約)
直径×厚さ
17×102
重量(約)2.8kg
カラーイエロー
グリーン
ネイビー
レッド
耐水圧1,500mm
材質ポリエステル 他

 

クイックキャンプの
ワンタッチテントです。

DODのレジャーシェードと同様に、
フレームを伸ばしてから
ロープを引く
ワンタッチ式です。
 

こちらも大人3人が休めるサイズに
なっていますね。
 

後面はジッパー式の大きなメッシュに
なっています。

もちろん、フルクローズ対応です。
 

耐水とUVカット
出典:Amazon
 

UVカット加工や1500mmの耐水圧に
加えて、生地の縫い目には
シームテープ
(防水テープ)加工が施されています。
 

フライシートが付いているので、
シングルウォールのものよりは

遮熱性にも期待が持てそうです。
 

ランタンフックも付いていますね。

収納ポケットも付いていればさらに
良かったんですが・・・(^^;
 

1シーズン(180日)の製品保証付き
なので、もしも不備があったときには

しっかりとしたサポートを受けることが
できるのではないでしょうか?

品質面でも心配はなさそうですね!
 

 


 

ここではご紹介していませんが、

ハイスペックなケシュアの
ポップアップテントもおすすめです!
 

ケシュアのポップアップテントに
ついて、
詳しくはこちらを
参考にしてみて下さい。
 

関連記事

ポップアップ式やワンタッチ式の簡易テントは設営も簡単でBBQなどの日帰りアウトドアでは重宝するテントです。 しかし、キャンプで使用する通常のテントと比べると、快適性は劣るものが多いんですよね。 […]

ケシュアポップアップテント
 

まとめ

 

キャンプのみに限らずバーベキューや
海水浴などの
日帰りアウトドアでも、
あれば便利なのがテントです。
 

設営方法としてポップアップや
ワンタッチ式があり、
開放感のある
サンシェードやプライベートな
フルクローズタイプがあります。
 

日焼けや熱中症対策、そして荷物を
置くスペースだけでなく、
遊び疲れた
ときには日陰の下でゴロンと横になる
こともできますよね。

楽しみ方の幅も広がるのでは
ないでしょうか?
 

誰でも簡単に快適な空間を作ることの
できる簡易テントで、
アウトドアを
より満喫しちゃいましょう!
 

簡易テント
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク