アウトドアチェアで変わる?BBQをより満喫できるチェアの選び方とは?

アウトドアチェアは汎用性が高く

バーベキューに限らずあらゆる場面で
活躍するアイテムです。

 

のんびりとした非日常の中で

長い時間使用する機会の多い
アウトドアチェア。

だからこそ、
座り心地の良いチェア選びが
重要になってきます。
 

ご自身のニーズに合うチェアを選べば、

より快適にアウトドアを
楽しむことができますよね!

 

チェア選びで見るべきポイント

 

アウトドアチェア
 

アウトドアチェアを選ぶ際の
大切なポイントをご紹介します!
よろしければ参考にしてみて下さい!
 

チェアは大きく分けて3種類

 

一般的に
高さが40cm以上のチェアをハイスタイル、

それ以下のチェアをロースタイル、

そして座椅子タイプの3種類があります。

 

ハイスタイル

 

リゾートチェアグリーンドット
出典:コールマン
 

ハイスタイルは食事をするときなどの
ダイニングチェアを
想像してもらえれば
いいと思います。

座面の位置が高いので
立ったり座ったりしやすいのが特徴です。

海水浴に行くとハイスタイルチェアを

使用しているのをよく見かけますよね。

まず頭に浮かぶのは
この形のチェアじゃないでしょうか?
 

ロースタイル

 

コンパクトフォールディングチェア
出典:コールマン
 

ロースタイルは深く腰をかけるため

目線も低くなり
とてもリラックスできますが、

立ったり座ったりがしにくいですね。
 

コンパクトに収納できる
メリットがありますが、

比較的ハイスタイルチェアよりも
価格が高めのものが多いです。
 

座椅子タイプ

 

コンパクトグランドチェア
出典:コールマン
 

座椅子タイプは
レジャーシートの上などで使用します。

寝そべったりして
くつろぐことができますが、
地面が硬いと不快であったり

雨で地面が濡れていると
浸水してきたりするのが
デメリットですね。

 

座面の高さはチェア選びで
一番重要なポイントです。

アウトドアテーブルとの
バランスも含めて

しっかり考えましょう。

 

スタイルごとにあるタイプ

 

ハイスタイルでは一般的なチェアの他に

背もたれが頭まである
ハイバックタイプ、

ハイバックリラックスチェア
出典:コールマン

 

さらにリクライニングもできるタイプ、

イージーリフトチェアST
出典:コールマン

 

また、ロースタイルにも対応した
2ウェイタイプのチェアなどもあります。

ツーウェイキャプテンチェア
出典:コールマン
 


 

ロースタイルでは
背もたれから座面まで繋がっていて

身体全体を包み込むようなタイプ、

ヒーリングチェア
出典:コールマン

 

背もたれのない
コンパクトなタイプ、

NEWトレッカー マイクロイージーチェア
出典:キャプテンスタッグ

 

座面の幅があり
2人座れるタイプ、

ファンチェアダブル
出典:コールマン

 

キャンプなどで使用する
簡易ベッド(コット)を

ベンチシートとして
使用するのもアリですね。

パックアウェイ コット
出典:コールマン
 

フレームの素材

 

チェアの主な素材はスチール製、
アルミニウム製、ウッド製とあります。
 

スチール製は他の素材と比べて
価格は安いですが
重くてサビやすいです。
 

アルミニウム製は最も軽く
持ち運びしやすい素材ですね。

軽いんですが、
もちろんそれなりに強度もあります。
 

ウッド製もスチール製と同様に
重くて持ち運びには難アリですが、

アウトドアテーブルも合わせて
ウッド製にすれば雰囲気はでますね。

使い込んでいくと味がでてくるのも
ウッドの魅力です。
 

収納方式は収束タイプと折りたたみタイプ

 

収納は脚をひとつにまとめる収束タイプと
折りたたみタイプがあります。

収束タイプは収納時に
コンパクトになり持ち運びが楽です。
 

ひとつ注意していただきたいのは、
画像のチェアのように座面を

線ではなく点で支えているものは
座ったときの沈み込みがあります。
 

リゾートチェアグリーンドット
リゾートチェアグリーンドット 点で支えている
出典:コールマン

 

しっかりした作りのものは
線で支えているものもあります。

少し分かりづらいかもしれませんが、
こちらは座面を線で支えていますね。
 

レイチェア

 

点と線、どちらであっても収束タイプは
収納時にはコンパクトになります。

レイチェア 収納
出典:コールマン
 


 

折りたたみタイプは
収納サイズが大きくなってしまいますが、

安定感のあるものが
多いのではないでしょうか?

ILコンパクトフォールディングチェア
出典:コールマン
 

耐過重も大切な要素

 

耐過重も見落とすことのできない
大切なポイントです。
 

高くて品質の良いチェアを手に入れても、

耐過重がなければほんの数回の使用で
壊れかねませんよね。

チェアが壊れるだけならまだしも、

打ち所が悪くて
ケガをしてしまう可能性もあるので

必ず目を通すようにしましょう。
 

まとめ

 

いかがでしたか?
 

値段の高いチェアは座り心地が
それなりに良いとは思います・・・が、
身長や体重、骨格などの
個人差があるので必ずしも

『値段が高い=座り心地が良い』
というわけではありませんよね?

 

大切なのは実際に手で触れて、
座って確認してみることです。
 

多くのアウトドアブランドから
様々なタイプのものが出ていますが、

ポイントをしっかり押さえて

お気に入りのチェアを
見つけてくださいね!
 

アウトドアチェア
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク