アウトドアテーブルはBBQでも大活躍!失敗しないメインテーブル選びのコツ!

バーベキューをするときに、スタイルを問わず、必需品であるコンロと一緒にぜひ用意しておきたいものといえばアウトドアテーブルですよね!

キャンプやピクニックに海水浴など、他のアウトドアにも使いまわすことができる汎用性のあるアイテムです。


アウトドアテーブルをひとつ持っていれば、バーベキューにおいても食事をするだけではなく、食材の下ごしらえやちょっとした作業台など、さまざまな場面で役に立つので大活躍すること間違いなしです!



そこで、バーベキューやデイキャンプなどの日帰りアウトドアで実用性の高いメインテーブルをご紹介します。 

シチュエーションを考えよう

アウトドアテーブルとアウトドアチェア


例えばキャンプでの使用も考えているのであれば、チェアも含めて使用時間の長いキャンプのことを中心にテーブルを選ぶと思います。


一概には言えませんが、バーベキューやデイキャンプなどの日帰りでのアウトドアがメインであれば持ち運びや収納面を一番に考える方もいるかもしれません。

 テーブルもチェアと同じように、ご自身のシチュエーションに合った選び方をしないと宝の持ち腐れになってしまいます。

 

あなたはどんなスタイル?


アウトドアテーブルは天板が高さのあるハイスタイル、低いロースタイルの二つに分類されます。


そもそもメインテーブルに合わせてチェアを選ぶことはしないですよね?

一般的には選ぶチェアに合わせてハイスタイルのテーブルなのかロースタイルのテーブルなのかが決まると思います。



食事をするとき以外での使用で考えてみましょう。

食材の下ごしらえやちょっとした作業をするときに、それ専用のテーブルを使用せずにメインテーブルを兼用で使用する場合は足腰への負担が少ないハイスタイルのテーブルのほうが作業がしやすいです。


また、チェアを使用しない立ち食いのバーベキューでも同じように、ハイスタイルのテーブルのほうが適しています。

ロースタイルのメインテーブルで兼用できないわけではありませんがハイスタイルのほうが使い道の幅がありますね。



とりあえずチェアのことは置いておいてメインテーブルだけを考えるならハイスタイルがより汎用性も高いので無難な選択になるのではないでしょうか?

 

テーブルの収納性


天板を折りたたむタイプのものと、

ナチュラルモザイクTMリビングテーブル120プラス
ナチュラルモザイクTMリビングテーブル120プラス 収納



出典:コールマン



天板がロールトップのものがあります。

天板の素材はアルミや木、布などがありあす。

ナチュラルウッドロールテーブル120
ナチュラルウッドロールテーブル120 収納



出典:コールマン



収納面だけで比較すれば圧倒的にロールトップに分があります。

 

あなたにとって実用的なのは?


折りたたみタイプは天板がフラットになっていて、中心にバーベキューコンロを落とし込めるものもあります。

ナチュラルモザイクBBQテーブル110プラス
ナチュラルモザイクBBQテーブル110プラス コンロ専用の穴



出典:コールマン



ロールトップはその特性上、天板に隙間があります。

しかし、種類も多いのでデザイン性の幅もあります。


天板の素材によりますが物がこすれる音だったり、隙間が気になってしまう方もいるかもしれませんね。



どちらのタイプもハイスタイルのテーブルは脚の長さ調節ができてロースタイルにも対応した2ウェイのものがあります。

最近では対応しているもののほうが多いんじゃないでしょうか?


また、耐荷重や安定感も大切な要素になります。

耐荷重が極端にないものや不安定なテーブルはないとは思いますが、もしものために一通り目を通すことをおすすめします。

 

おすすめのメインテーブル6選


おすすめをタイプ別にご紹介します。

参考にしてみて下さいね!

 

折りたたみタイプ

コールマン
ナチュラルモザイクTM リビングテーブル

ナチュラルモザイクTMリビングテーブル120プラス


出典:コールマン
 


コールマンのナチュラルモザイクTMリビングテーブルです!


使用時のサイズは約120cm×60cm×40cm/70cm(h)になります。

2段階の高さ調節機能付きでローで40cm、ハイで70cmです。


耐荷重は30kgです。

 

ナチュラルモザイクTMリビングテーブル 各サイズ


出典:コールマン
 



天板のサイズ展開は120cmのほか、

  • 60cm
  • 90cm
  • 140cm
  • 180cm

があります。


幅と高さは全サイズ同じです。

 

ナチュラルモザイクTMリビングテーブル120プラス パラソルを立てる穴


出典:コールマン
 


120サイズに限り、中心にパラソルを立てる穴が開いているようです。

折りたたみタイプは地味なイメージなんですが、これはデザイン性もありますね。
 

DOD
ストレージアウトドアテーブル

ストレージアウトドアテーブル


出典:DOD
 


ディーオーディーのストレージアウトドアテーブルです!


使用時のサイズは約120cm×60cm×40cm~73cm(h)になります。

他のサイズ展開はないですね。


カラーバリエーションはブラック、ブラウンの2色展開です。



ほとんどのテーブルが2段階のなか、こちらは4段階の高さ調節機能付きです。

40cm、55.5cm、63.5cm、73cmに調節できます。


脚の調節は振り幅があって良いですね。

耐荷重は30kgです。


天板の下に収納スペースがあります。

その分、他のテーブルと比べて重いですが、手狭に感じることが少なさそうですね!



収納スペースのおかげで天板がスッキリ片付くので、非常に便利なのではないでしょうか。
 

DesertFox
アウトドア 折りたたみテーブル

DesertFox アウトドア 折りたたみ テーブル


出典:Amazon
 


デザートフォックスのアウトドア 折りたたみテーブルです!


使用時のサイズは約120cm×60cm×55cm~70cm(h)になります。

カラーバリエーションはウッド調、シルバーのほか、ブルーやグリーンもあります。


3段階の高さ調節機能付きでローで55cm、ミドルで62cm、ハイで70cmです。

耐荷重は30kgです。
 

DesertFox アウトドア 折りたたみ テーブル ライトポール付き


出典:Amazon
 


4脚のチェア付きやパラソル穴のあるタイプがありますが、特に特徴的なのはランタンなどを吊るせるライトポール付きのタイプになるでしょうか。

それ以外にもアイデア次第で色々な使い方ができそうですね!

 

※ 楽天では取り扱っていないようです・・・
 (2019年5月時点)

 

ロールトップタイプ

コールマン
ナチュラルウッドロールテーブル

ナチュラルウッドロールテーブル120


出典:コールマン
 


コールマンのナチュラルウッドロールテーブルです!


使用時のサイズは約125cm×70cm×40cm/70cm(h)になります。

2段階の高さ調節機能付きでローで40cm、ハイで70cmです。


耐荷重は30kgです。
 

ナチュラルウッドロールテーブル 各サイズ


出典:コールマン
 


天板のサイズ展開は120cmのほか、

  • 65cm
  • 90cm

があります。


幅と高さは全サイズ同じです。


スペック的には折り畳みのテーブルと同じですね。

こちらはロールトップなので、収納ケースも付属しています。


天板がウッド素材なので自然に溶け込んで良い感じになりそうですね!

折りたたみテーブルの無機質な感じとは違い、暖かみもあってgoodです!

 



ナチュラルウッドロールよりもちょっと濃いめの天然木を使用したかのような風合いの「ナチュラルウッドロールテーブルクラシック」もあります。


110、60サイズの展開です。

フレームが天板と同じカラーリングになっています。

 

Hilander
ウッドロールトップテーブル2

Hilander(ハイランダー) ウッドロールトップテーブル


出典:Amazon
 


ハイランダーのウッドロールトップテーブル2です!


使用時のサイズは約90cm×60cm×43cm(h)になります。


こちらは高さ調節機能はありません。

耐荷重は30kgです。


サイズ展開は他に50cm、120cmがあります。

ただし、120サイズはほぼ完売しているようです。



フレーム部分も天板と同じ木材を使用しています。

アルミなどのフレームと比べて、見栄えが良いというか・・・やはりオシャレですね!
 

Hilander
エックスロールトップテーブルブラック

Hilander(ハイランダー) エックスロールトップテーブルブラック


出典:Amazon
 


ハイランダーのエックスロールトップテーブルブラックです!


使用時のサイズは約90cm×57cm×45cm/70cm(h)になります。

2段階の高さ調節機能付きでローで45cm、ハイで70cmです。


耐荷重の記載はないようです。(2019年5月時点)



天板の素材はアルミニウム製。

商品名にあるように、フレームがクロスしてX形状になっていて強度が増しています。


天板、フレームともにブラックなので引き締まってる感じですね。

ハイランダーのブラックチェアと組み合わせればより引き締まるのではないでしょうか。

 

まとめ


チェアに合わせたメインテーブルもアウトドアには必須ですよね!

あれば必ず役に立つので、ぜひ用意しておきたいアイテムです!


そして必要に応じてサイドテーブルやキッチンテーブルを用意していけばいいんです。



それぞれのタイプや特徴を理解してあなたにピッタリのメインテーブルを見つけてくださいね!
 



スポンサーリンク
アウトドアテーブルとアウトドアチェア
最新情報をチェックしよう!