Haven Tent(ヘブンテント)|何処でも設営可能?ハンモックのいいとこ取りテント!

以前から興味のあったハンモック泊。


ゆらゆらしながら快適なひと時をマッタリと過ごせるハンモックですが・・・

「寝泊まりするのってどうなんだろう?」



もともと腰痛持ちの上、過去に何度かギックリ腰まで経験している僕にとってはイマイチ踏ん切りがつきませんでした。。。(^^;



そんなときに知ったのが「Haven Tent(ヘブンテント)」。

ザックリ言うと、寝床がフラットになるハンモックみたいなテント・・・という感じ?


腰痛のことを含め諸々の諸事情で購入こそ見送りましたが、個人的にずっと興味を持っていたキャンプギアなんです。


そのHaven Tent(ヘブンテント)に新色、新モデルが追加されたということで・・・

こ、これは気になる~っ!!

Haven Tent(ヘブンテント)とは

Haven Tent(ブランドロゴ)

出典:NaFro


アメリカ発のブランドで、クラウドファンディングサイト『Makuake』では多くの支援者を獲得。

「テントとハンモックのいいとこ取り」という謳い文句で人気を博しているテントなんです!




今一度、軽くおさらいしていきます。

ありそうでなかった斬新なデザイン

腰にやさしいフラット構造


もっとも特徴的なのは、座ったり寝転んだりしている時でも腰が沈まずにフラットになるというそのデザイン。


ゆらゆらと心地よいハンモックですが・・・、

一般的なハンモック

出典:NaFro


一般的にはどうしても腰の辺りが沈んでしまいます。


なので、睡眠など長時間の使用では特に腰に負担がかかります。

これがまた腰痛持ちにはツライ。。。(^^;




一方で、ヘブンテントは使用中でも常にフラットな状態を保ってくれるんです!

フラットになるヘブンテント

出典:NaFro


これなら、腰への負担も最小限で済みそう!

普通のテント泊と大差ないのではないでしょうか。

寝返りしやすい


一般的なハンモックでは生地が体全体を覆うような状態になっていますよね。

生地との間にゆとりがないので、寝返りや体勢を変えるのが少し大変です。

寝返りしやすい

出典:NaFro


その点、ヘブンテントは寝床がしっかりと確保されています!

寝返りや体勢を変えるときでも一般的なハンモックよりはストレスもなさげな感じ。

設営可能な場所が多い


言わずもがな、ヘブンテントはハンモックのように設営します。

これは空中に浮いている状態・・・



そうなんです!

つまり、設営するのに接地面(地面)の影響を全く受けないということ。


山の斜面だったり・・・

山の斜面に設営

出典:Amazon



川の真上に設営することも出来ちゃうんです!

川の真上に設営

出典:Amazon




わざわざ整地する手間もなく、普通のテント泊では設営不可能なところでも設営可能に!

場所によっては長めのツリーストラップを別途用意する必要がありますが、これならどんな場所にでも設営できちゃいますね!



地面からの熱気や冷気の影響を受けないことも大きなメリットです。

普通のテント泊にも!


いつもとは違う新鮮なキャンプを楽しめそうなヘブンテント。

実は、普通にソロテントとしても使用可能なんです!

木がなくても設置可能

出典:NaFro


別途トレッキングポールや適度な長さのポール等が必要になりますが、周りに木が生えてない状況下でも設営できます。


「木がなくて設営できなかった」ということがないわけです。

なので、保険で別のテントを持っていく必要もありません。

オールインワンだからコレひとつでOK

キャンプに必要な機能が標準装備

出典:Amazon


フライシートや蚊帳、マットレスなど、キャンプに必要な機能が標準装備されています。

もちろん、収納スペースとして内部に4か所のポケットもあります。

収納ポケット

出典:NaFro



そして、付属のマットレスは収納ポーチが簡易的なエアーポンプに。

口で膨らまさないので衛生的です。

付属のマットレス

出典:NaFro


別途エアーポンプがあったほうが便利と言えば便利。

ですが、収納ポーチでも比較的簡単にイケるかと。

関連記事

海水浴やプールなど水辺のレジャーで、汗水たらして浮き輪やゴムボートにエアーを入れている光景を見かけたことはありませんか?浮き輪やゴムボートは水辺のレジャーをより楽しくしてくれるアイテムですが、その準備はとても大変。使用後に空気を抜いて萎([…]

インフレータブル玩具




ソロキャンならコレひとつでokな感じ!

軽量・コンパクトになるのでキャンツーにもピッタリですね!

軽量コンパクトなヘブンテント

出典:NaFro

新色、新モデル追加!


大人気なのも納得のヘブンテント。

新たに新色、新モデルが加わりました!


新色のForest Camo(フォレストカモ)
Forest Camoアップ画像

出典:NaFro


現行モデルはFrorest Green(フォレストグリーン)とSky Blue(スカイブルー)の2色展開。

そこへ新たにForest Camo(フォレストカモ)柄を追加。


どうやらカモ柄はユーザーからの要望も多かったようです。

なんとなく想像できますね。



個人的にはデジタルカモじゃなければ、なおgoodだったんですが。。。

でも、この柄もアリかな?








そして、新モデルとなるXLサイズが登場!

今のところカラー展開はFrorest Green(フォレストグリーン)だけのようです。


現在、クラファンサイト『GREEN FUNDING』でXLサイズのカモ柄が支援者募集中のようです!

期間は21/08/15までなので間もなく終了しちゃうんですけど。。。


目標金額20万円のところ、なんと1300万以上の支援金を獲得!

支援者には10月に配送予定とのことです。

ヘブンテント XL
通常サイズとの違い

出典:NaFro


かなりゆったりとしたサイズ感。

大柄な方や、小さなお子さんと一緒に使うこともできそう!


あえてXLサイズをチョイスして、荷物置きとしてのスペース確保するのも良さげな感じ。



強いて言うならカラー展開が欲しいところですね。

それにしても、同じフォレストグリーンなのにXLサイズはやたら明るく見えるな~(^^;

スペック表


現時点でのスペック情報です。(21.7.29時点)


新モデルのXLサイズはHPに記載がなく、『Makuake』からの引用です。

モデルHaven Tent StandardHaven Tent XL
サイズ(展開時)L198cm×W58cm×H86cmL203cm×W76cm×H88cm(概寸)
重量(パッケージ総重量)2.78kg約1.5kg(本体のみ)
カラーフォレストグリーン
スカイブルー
フォレストカモ
フォレストグリーン
耐荷重129kg127kg(?)
耐水圧4000mm4000mm(?)

パッケージ内容は共通で・・・、

  • 本体
  • フライシート
  • 蚊帳
  • エアマットレス
  • ツリーストラップ
  • ガイライン&ペグ
  • 収納袋

だと思われます。

まとめ


いやぁ~やっぱり良いですね、ヘブンテント。


XLサイズでも総重量3kg程度ってとこでしょうか。

僕の持っている「スコーピオン3」が3.4kgなので同程度かそれ以下か・・・


軽量・コンパクトになるのでスペース確保でXLをチョイスするのもアリですね!

どちらにしても、ソロキャンやキャンツーにもピッタリ!



個人的には、いずれゲットしたいキャンプギアです!

とはいえ、いつになることやら。。。(^^;

アイキャッチ画像:Amazon

スポンサーリンク
Haven Tent(アイキャッチ)
最新情報をチェックしよう!