オフトレ?いや、スノボ感覚を楽しめる遊びです!考え方で変わるオフの楽しみ方!

スノボのオフトレって色々とありますよね。

自宅で簡単にできる筋トレはもちろんのこと、トランポリンやSK8のほか実際にスノーボードを使用したトレーニングもあります。


しっかりとした目的意識をもってそれらに取り組む人もいますが、基本的に僕の中では「オフシーズンでもスノボのような感覚を楽しめるアクティビティ」と考えるようにしています。


色々な考え方がありますが、「オフトレ」ということを意識しなければ自分のボードスタイルに関係なく幅広く楽しむことができるからです。

なので、単純にアクティビティのひとつとして楽しめればOK!・・・という考えです。



ということで!

オフトレ(スノボのような感覚を楽しめるアクティビティ)をいくつかピックアップしてみました!

オフに楽しめるアクティビティ

サマーゲレンデ

サマーゲレンデ

出典:SURF&SNOW



ブラシの付いたマットが敷き詰めてある人工ゲレンデでスノボやスキーを楽しむことができるサマーゲレンデ。

白銀の世界で滑るシーズン中とはまた違った爽快感を得られます。



所持しているボードやブーツなど、そのまま使用することが可能。

ただし、スノーマットでボードのソールが傷ついてしまうので、それ専用ボードを用意するかレンタルするのが手っ取り早いです。


スノーマットはシーズン中の雪面よりも摩擦抵抗があるため、ゲレンデによっては散水している場合もあります。

動きやすく濡れても良い恰好で、そして万が一転倒したときのためにプロテクターを忘れずに!

マウンテンボード

マウンテンボード

出典:SURF&SNOW



スノーボードにゴムタイヤが付いたようなアクティビティ。

スキーで言うところのグラススキーのような感じ?


スノボのように足をガチガチに固定するわけではありませんが、ボードからズレないようにストラップが付いていますね。

見てくれ的にはSK8に近いようにも感じます。



実際にどれほどの速度が出るのか(まったり楽しめそう?)は分かりませんが、どちらかと言えばレジャー感が強い印象。

これはこれで面白そうです!

ウォータージャンプ

ウォータージャンプ

出典:アソビュー!



スノボやスキーでブッ飛べるウォータージャンプ。

着地点がプールなので安心です。


キッカーの練習用としてだけでなく、誰でも気軽に楽しむことができます。

実際のゲレンデでろくに飛ぶことができなくても、フロントフリップやバックフリップに挑戦するなど、多少の無茶ができます(笑)



注意点としては、飛ぶ前のアプローチ。

雪面とブラシでは少し状況が異なるので、実際のゲレンデにあるキッカーのアプローチと同じように下手にターンして調節しようとすると、転倒する恐れがあります。


もう何年も前の話ですが、僕の友達はアプローチで転倒して手首を骨折しちゃいました・・・(^^;

なので、スピードを恐れずそのままブッ飛びましょう!


何本かストレートで抜けて慣れてくると、とても楽しいです!




ウォータージャポン

出典:S-AIR



ウォータースライダーのように体ひとつで飛べる滑り台が併設されている施設もあるようです。

元々はキッカーの練習用ということもあり、通常のウォータースライダーよりも飛び出す角度が上がっているのでとても楽しそう!

オフトレ感の強い(?)施設も


トリック、ジブ系を楽しめるような施設もあります。

個人的にはオフトレ感が強い印象なんですが。。。



具体的には、パークのような「BRUSH?」という施設。

これは湘南、埼玉、長野にあります。(2020.07時点)

埼玉BRUSH?

出典:埼玉BRUSH?




その他にマットジャンプの施設もありますね。

「KINGS」や「QUEST」は有名です。

KINGSは、

  • 札幌
  • 神戸
  • 千葉
  • 富山
  • 東海
  • 福岡
  • 大阪

のほか、韓国にもあるみたい。(2020.07時点)

大阪KINGS

出典:大阪KINGS

QUESTは、

  • 埼玉
  • 小布施
  • 東北
  • 愛知
  • 広島

にあります。(2020.07時点)

東北QUEST

出典:東北QUEST



「KINGS」、「QUEST」ともに着地点にはエアーマットがあります。

また、場所によってはジブアイテムが併設されているところも。


ウォータージャンプと同じワンメイク系の施設ですが、ウォータージャンプほどのレジャー感はなく、個人的には玄人好みといった印象です。



「BRUSH?」も含め、いずれも初心者大歓迎の施設。

興味があるなら、気軽な気持ちで試してみるのもアリなのではないでしょうか。

夏のスキー場も結構遊べます!

スキー場によって差はありますが、上述のアクティビティのほかにも・・・

  • マウンテンバイク
  • トレッキング
  • キャンプ
  • BBQ
  • サバゲー

など、実は色々と遊ぶことができるんです!



ウインターシーズンのスノボやスキー以外でも、スキー場に足を運んでみれば楽しく過ごせそうですね!

気軽に楽しむならロンスケ


気軽に楽しめるロンスケもアリなのではないでしょうか。

特にスイング系ではなく、クルージングを楽しむようなボードなら比較的操作も簡単です。


デッキが短い、いわゆるただのスケートボードは難易度が上がります。

どちらかと言えばトリック系なので、まったりとクルージングを楽しむならロンスケを選びましょう。



ひと口にロンスケと言ってもかなりの種類があります。

ここでは、純粋に楽しめつつもスノボの基礎動作が身に付きそうなロンスケをピックアップしてみました!

YOROI

YOROI SKATE

出典:YOROI SKATE



スノボやスキーのプロテクターで有名なブランド「YOROI」からリリースされているのがスノボのオフトレ専用ロンスケ!


よりスノボのライディングに近い乗り心地になっているようなので、楽しめそう!

長いホイルベース(前後のタイヤ間の距離)に加えてデッキの「しなり」が特徴的なロンスケは他にないのではないでしょうか。



「スノボのオフトレ専用」と謳っていますが、もちろんオフトレではなく純粋にロンスケとして楽しむこともできます。



YOROI について詳しくはコチラ↓

関連記事

オールシーズン楽しむことができる横乗り系スポーツのひとつ、SK8。スノボやサーフィンのオフトレとしても真っ先に頭に浮かびます。ただ、ひと口にSK8と言っても実際には色々な種類があるわけで・・・ 少しかじった程度の経験しかない僕にとっては、[…]

ペニーボード

CARVER(カーバー)

CARVER(カーバー)

出典:CARVER SKATEBOARDS JAPAN



スノボのオフトレというよりは、サーフィンのオフトレとしての地位を確立しているカーバー。

サーフィンのような乗り心地を体感できるサーフスケートボードです。


可動式のトラックが特徴で、元祖スイング系サーフスケートなんだとか。

GRAVITY(グラビティ)などロンスケのスイング系ブランドは数多くありますが、カーバーは一線を画している印象。



僕は乗ったことないんですが、やっぱり全然違うものなんでしょうかね?

興味はありますが、なかなか機会がありません。。。(^^;

まとめ


「スノボのような感覚を楽しめるアクティビティ」ということでまとめてみました!

「スノーヴァ」などの室内ゲレンデもありますが、施設の場所がかなり限定的であることと、個人的にオフトレ感が強いと思っているのでここではパスしました。



「オフトレ」ということを意識しなければ、楽しみ方の幅もグンと広がると思います。

あまり構えずに、気楽な気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。




x
x
スポンサーリンク
off-training
最新情報をチェックしよう!