可愛いLEDランタン『ほおずき&たねほおずき』を比較!あなたはどっちを選ぶ?

辺り一帯を照らして、その場を
ムーディーに演出。

 

そんな雰囲気を重視したオシャレな
LEDランタンって
結構たくさん
ありますよね。
 

「ムーディーに演出」というのとは
またちょっと趣向が
違うのかも
しれませんが、同じ「オシャレ」でも

アンティークやレトロ調のよくある
モノとはひと味違った
オシャレな
LEDランタンがあります。
 

それがスノーピークの『ほおずき』、
『たねほおずき』です!
 

ここでは、スノーピークの数多くある
ヒット商品の
ひとつに挙げられる
『ほおずき』、『たねほおずき』を

比較しながらまとめてご紹介して
いきます!

 

雰囲気を重視したオシャレな
LEDランタンについて、
詳しくは
こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

安全性が高くエコなアイテム、LEDランタン。 ゲリラ豪雨のときにカミナリの影響で食らった停電をきっかけに、「非常用」として家に置いておこうと色々調べてみたんです。 個人的には光量不足などの理由[…]

オシャレなヴィンテージ風ランタン
 

ほおずきとたねほおずきを比較!

 

snow peak(スノーピーク) ほおずき
出典:Amazon
 

snow peak(スノーピーク) たねほおずき
出典:Amazon

ほおずき
snow peak(スノーピーク) ほおずき
たねほおずき
snow peak(スノーピーク) たねほおずき
サイズ(直径x高mm)107×8762×75
内寸
重量
165g67g
使用電源単三形アルカリ乾電池x3本
or
充電式(オプション)
単四形アルカリ乾電池x3本
内寸
明るさ(最大)
100lm60lm
連続点灯時間10時間High:40時間
Low:70時間
内寸
防水性能
IPX4(USBキャップを閉じた状態)IPX4
光源色Warm White電球色相当

 

コロンとしたカワイイ形状が特徴的な
LEDランタン。
 

カラーバリエーションは同じで、

「ゆき」、「もり」、「つち」の
3色展開です。

ほおずきのほうがサイズはひと回り、

いや、ふた回りほど大きいです。
 

そのほか細かい仕様に差がありますが、
実用面での
一番の違いは「点灯時間」に
なるのではないでしょうか。
 

ほおずきの連続点灯時間が10時間
しかないのは
やや不満ですね。。。(^^;

これは、使用電源が乾電池の場合でも
オプションの
専用バッテリーの場合でも
同じです。
 

旧モデルは8時間なので、これでも
点灯時間は増えているんですが。
 

ちなみに、専用バッテリーのフル
充電時間は5時間になります。
(充電バッテリーに対応していない
ほおずきは旧モデルです)
 

ほおずきの特長

 

自然との調和

 

自然とシンクロするランタン
出典:Amazon
 

ロウソクの炎のように、風が吹くと
光がゆらぐ「ゆらぎモード」。

ほおずきの一番の特徴になります。
 

一定の間隔で機械的にゆらめいて
炎を演出する
ランタンはありますが、
風に反応してゆらぐとは・・・

素直に「すげぇ!」と感心して
しまいます!
 

さらに、辺りが静かになると眠る
ように光量も小さくなる
「おやすみ
モード」が追加されています。

キャンプでは、ロマンチックな
ひと時を過ごせそうですね!
 

全ての操作はボタンひとつで

 

電源スイッチ
出典:Amazon
 

本体上部のカバーにある、ブランドの
ロゴが
刻印されたボタンが電源です。

点灯モードの切替や調光など、
全ての操作を
この電源ボタン
ひとつで行います。
 

点灯モードは「通常点灯」に加えて
上述の「ゆらぎモード」、

「おやすみモード」の3種類です。
 

調光は各モード共通で、ボタンを長押し
すると
光量が小さくなる無段階調光。

逆に、光量を大きくすることは
できません。
 

つまり、一度ボタンを長押しして
小さくなった光量は、
元に戻すことは
おろかそれ以上大きくすることが
できないんです。

まぁ、ボタンひとつの操作なので。
 

小さくした光量を元に戻したり大きく
したい場合には、
一度消灯させてから
再操作が必要になります。

 

コードの長さは調節可能

 

長さ調節可能なコード
出典:Amazon
 

サイズこそ違いますが、ほおずきは
風鈴のようなシルエットですよね。

吊るして使用する際にはコードの
長さを調節することが可能です。
 

また、フック部分をスタンド代わり
にして直置きランタンとして
使用
することもできます!

 

 

専用電池パック(オプション)

 

オプションの電池パック
出典:Amazon
 

繰り返し使用できるオプションの
専用電池パックです。

右の画像はほおずき本体に取り付けた
画像になります。
 

単三のアルカリ乾電池を入れる
場所に専用電池パックを
はめ込む
感じになります。
 

充電中のイメージ画像
出典:Amazon
 

電池パックの充電コネクタ形状は
「USB Micro-B」です。

充電に必要なUSBケーブルは
付属していません。
 

5V-500mA以上の容量を持つ電源
(モバイルバッテリー)で充電します。
 

スマホなどの充電に使用するモバイル
バッテリーや
車のシガーソケットから
充電可能です。

 

 

その他のオプション

 

フアロ

 

フアロ
出典:Amazon
 

ランタンの下を効率よく照らす
ことのできるフアロです。

レトロ感漂うフォルムデザインに
なっていますね。
 

フアロ使用時と使用しないときの比較
出典:Amazon
 

使用するのとしないのとでは、
その差は歴然!

ランタン下をパッと明るく照らす
ことができます。

 

 

グローシェード

 

グローシェード
出典:Amazon
 

消灯してからしばらくの間、
暗闇で光って
その存在を知らせる
グローシェードです。

太陽光やランタンの光で備光します。
 

これはこれで、あると意外に
便利なんです!

ほんのりと光るので、眩しく感じる
こともないです。

 

 

たねほおずきの特徴

 

コンパクトなたねほおずき

 

コンパクトなたねほおずき
出典:Amazon
 

独特のフォルムデザインや暖かみの
ある光を照らす
シリコンシェードは
そのままに、よりコンパクトで
手の
ひらに収まるサイズのたねほおずき。
 

持ち運びで邪魔に感じるほど大きく
ないので
キャンプツーリングやソロ
キャンプにもピッタリです。
 

使い勝手抜群のマグネットキャッチ

 

マグネットキャッチ
出典:Amazon
 

マグネットタイプのループになって
いるので、使い勝手抜群!

強力なマグネットなのでループが
外れて落ちる心配もなさそうです。
 

ヒモに通して吊り下げたりスタンド
などに引っ掛けたりはもちろん、

マグネット部分をポールなどの
スチール部分にくっつけて、そのまま

ぶら下げて使用することも可能。
 

マグネット部分をスパッと切り
落としたかのような形状にして、

くっつく面積を広くしていますね。
 

テントやシャツの生地を挟んで
くっつけてもOK!

固定方法の幅がぐんと広がります!
 

たねほおずきの機能面

 

スイッチはレンズ部分
出典:Amazon
 

たねほおずきはレンズ部分そのものが
電源ボタンになっています。

ほおずきと同じく、全ての操作を
ボタンひとつで行います。
 

外側に電源ボタンが付いている
わけではないので、誤作動で
点灯
してしまうような心配はないですね。

 

ちなみに、本体上部のカバーにある
スノーピークの
ブランドロゴ部分は
電池のインジケーターになっていて、

電池残量が少なくなると赤く点滅します。

 

点灯モードは「通常点灯」、
「ゆらぎモード」、

「ストロボモード」の3種類。

たねほおずきのゆらぎモードは
プログラム上の機能で、
ほおずきの
ように風に反応するわけではありません。
 

たねほおずき 調光
出典:Amazon
 

調光はあらかじめ設定されている
2段階の明るさのほか、
無段階調光
にも対応しています。

無段階調光もほおずきと同じ仕様で、
光量を小さくするのみです。
 

再調光で大きくしたい場合には
一度消灯させてからの
再操作が
必要になります。

 

 

グローシェード(オプション)

 

たねほおずき グローシェード
出典:Amazon
 

たねほずきにもグローシェードが
あります。

ほおずきのグローシェードにも同じ
ことが言えますが、
もともとの
シリコンシェードに被せるのではなく

付け替えるので装着時の違和感は
ありません。

 

 

まとめ

 

風が吹くとロウソクのように光が
ゆらぎ静かになると
光量が小さくなる、
まさに自然とシンクロするほおずき。

コンパクトで融通が利くマグネット
キャッチで
使い勝手抜群のたねほおずき。
 

それぞれに一長一短がありますが、
いずれも可愛らしい
独特のフォルムで
人気のLEDランタンです。
 

オシャレで雰囲気も良いので、
キャンプはもちろんインテリアとして

間接照明で使用したり、ベランピング
にも最適なのではないでしょうか?
 

ひとつは持っておきたい
LEDランタンですね!
 

ほおずき
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク