アウトドアに役立つLEDヘッドライトの選び方!おすすめのスタンダードモデルも!

ヘッドライトはキャンプや登山、
夜釣りなどで
重宝するアイテムです。

 

特にアウトドアでは、光源として
ランタンを使用するのは
一般的ですが、
ちょっとした作業をするときなど、
ランタンでは
不便さを感じることも
あるんですよね。
 

そんなときにあると便利なのが
ヘッドライト。

バンドで額の位置に取り付けられる
ヘッドライトは
邪魔にならず両手が
空くので、しっかりと手元を
照らし
ながら作業をすることができます。
 

突然の故障に見舞われて車やバイクを
確認、修理するときや、
もしものときの
防災グッズとしても役立ちますよね!
 

汎用性が高いヘッドライトですが、
実は機能や用途によって
様々な種類が
あるんです。
 

間違ったチョイスをしてしまうと、
いざ使用したときに
あんまり役に
立たなかった、なんてことも。

もちろん、光源が無いよりはマシ
なんでしょうけど。。。(^^;
 

そうならないために、しっかりと
候補を絞っていく必要があります。
 

ここでは、選び方のポイント、
そしておススメのスタンダードな

LEDヘッドライト
をご紹介して
いきます!
 

選び方のポイント

 

ヘッドランプ
 

明るさと照射範囲

 

LEDの明るさは「lm(ルーメン)」で
表します。
 

白熱電球の60W形は約「810lm」に
なります。

単純に数値が大きいほど明るくなります。
 

「それなら、光量の大きいものを
選べば良んじゃね?」

 

そう思いがちですが、実はそんなに
簡単じゃないんです。
 

もうひとつ、明るさと深く関わって
くるのが「照射範囲」です。

照射範囲は「光の種類(ビームタイプ)」と
置き換えて
考えることもできます。
 

例えば、手元で作業するときに近くを
照らす光と、
走ったりするときの遠くを
照らす光とでは照射する
ポイントは
違います。
 

照射範囲の狭いスポット的な強い光では、

手元で作業するには眩しすぎます。

逆に、照射範囲が広いワイドな光では、
遠くまで光が
届かないので走ったり
するのには危険です。
 

分かりやすくするため極端な説明に
なりましたが、
使用用途によって
最適な照射範囲があるので、

ただ明るいだけのヘッドライトを
チョイスすると
失敗するリスクも
ある、ということですね!
 

照射距離

 

スポットライトの照射距離
 

文字通り、光の届く距離のこと。

「ヘッドライトの明るさ」を判断
するうえで
欠かすことのできない
重要な要素になります。
 

照射距離は、明るさ(ルーメンの数値)に
比例して
長くなるわけではありません。

つまり、光量の小さいヘッドライトの
ほうが照射距離が
長い場合もあれば、
まったく同じ光量でも照射距離に

倍近いほどの差があるということも
あり得えちゃうんです!
 

これはレンズのフォーカス性能の
差によるもの。

光量が大きくても照射距離が短ければ、
光源から
少し離れてしまうと視覚的には
「暗い」んです。
 

失敗しないためには、

『光量・範囲・距離』

の3つを総合的に判断して
選ぶ必要があります。
 

とは言っても、売り物の商品を
開封して明るさを
確認するわけにも
いかないので、見極めるのも
なかなか
難しいんですが。。。(^^;
 

見落としがちなバンド

 

意外に見落としがちなのがバンド。
 

額に固定するバンドはゴムなので、
使用しているうちに
伸びてヨレて
くるんですよね。

幅が細いものほど耐久性は劣ります。
 

なので、ある程度の幅はあったほうが
良いです。
 

また、本体とのバランスが取れて
いれば問題ないですが、
ただの
軽量化として細くなっているだけだと
安定性にも欠けます。
 

「ズレ落ちる→きつく締める」となり、
ゴムの劣化を早めるだけです。

きつく締めすぎるのは頭痛の原因にも
なっちゃいます。
 

ジェントス GD-002D
出典:Amazon
 

頭頂部にもバンドがあり3点で固定する
タイプもあります。

こちらは激しく動いてもズレ落ちる
心配はなさそうです。
 

ただし、バンドが3本あるので暗闇の
なかでの着脱に
ストレスを感じる
のではないでしょうか。

夜の山を走るナイトトレイルや
夜釣りをガッツリと楽しむ
ヘビー
ユーザーの方などにオススメです。
 

防水・防滴性能

 

最低限の防水性能はあったほうが
良いです。
 

使用中に雨に降られたからといって、
消灯してカバンなどに
しまい込む
ことはありませんよね?
 

突然の雨や、水しぶきがかかっても
問題なく
使用したいところです。

 

防水・防滴性能を表す指標は「IPX●」。

これは防水の保護等級を表す国際基準で

「●」には『1~8』の数字が入ります。
 

大きい数字ほど優れた防水性能を
持っています。

ヘッドライトとしては
「IPX4」以上が望ましいでしょう。
 

PETZL(ペツル)HPに保護等級に
ついての資料があるので参考に
してみて下さい。
 

使用電源

 

電源は乾電池式とバッテリー式に
分類されます。

両方に対応したハイブリッドタイプも
ありますね。
 

ジェントス ヘッドウォーズ HW-000X
出典:Amazon
 
 

電源部分はヘッドライト本体と
一体となっているタイプが
多い
ですが、なかには分離している
タイプもあります。
 

ハイスペックなヘッドライトに
多い印象です。
 

バンド部分に沿うように配線して
あるので断線のリスクが
あること
など、取り扱いがよりシビアに
なります。
 

その他の機能

 

照射範囲の切り替えが出来たり、
手をかざして電源のオン/オフが

操作できるモーションセンサーや
誤点灯を防ぐロックなどの機能も
あります。
 

魅力的な機能が多いですが、とうぜん
価格も高くなります。

使用頻度を考慮してオーバースペックに
ならないようにしましょう!
 

おすすめのスタンダードモデル

 

使用目的に特化したハイスペック
モデルではなく、
キャンプや釣り、
ちょっとした作業などで幅広く使える

汎用性の高いスタンダードモデルの
オススメをご紹介します!
 

GENTOS(ジェントス)
LED小型ヘッドライト CP-095D

 

ジェントス CP-095D
出典:Amazon

サイズ(約)
(幅x奥x高mm)
60x41x31
重量(約)65g
明るさ(約)High:95lm
Eco:20lm
RED LED:1lm
点灯時間(約)High:7.5時間
Eco:20時間
RED LED:65時間
照射距離(約)55m(最大時)
照射特性ワイドビーム
使用電池単3形アルカリ電池×1本
防水・防滴性能IP64準拠

 

LED製品で日本トップシェアを誇る
ジェントス。

ヘッドライトにおいてもその豊富な
ラインナップと
クオリティで高い
評価を得ています。

 

「CP-095D」は軽量、コンパクトな
ヘッドライト。

高さ1mからの落下でも壊れない
耐衝撃性も備えています。
 

単3乾電池ひとつで使用できるのが
魅力ですね!

乾電池のなかでも単3形は汎用性の
高い
サイズなのではないでしょうか。
 

ヘッド部分は90度可動式でリフレクタータイプ
出典:Amazon
 

ヘッド部分は90度可動式になって
いて、LEDの周りに
反射板がある
リフレクタータイプ。

リフレクターは広範囲をカバー
するのと同時に光が中央に
集光され、
長距離照射も可能になります。
 

視界を確保する赤色LED
上部の電源スイッチ
出典:Amazon
 

搭載されていてる赤色のLEDは、
暗闇に慣れた目を
刺激せずに
ある程度の視界を確保できます。

ヘッド上部にある電源ボタンで
全ての操作を行うタイプです。

 

電池カバーが本体にくっついておらず
完全に分離する
タイプなので、
電池交換時に失くさないよう注意が
必要です。
 

個体差があるようで接触不良などの
レビューも
多少ありますが、
概ね評価の高いヘッドライトです。
 

 

PETZL(ペツル)
ティカ

 

PETZL(ペツル) ティカ
出典:Amazon

重量(約)86g
明るさ(約)High:200lm
Mid:100lm
Low:5lm
点灯時間(約)High:60時間
Mid:60時間
Low:240時間
照射距離(約)60m(最大時)
照射特性ワイドビーム
使用電池単4形アルカリ電池×3本
バッテリー(別売り)
防水・防滴性能IPX4

 

シンプルなベーシックモデルのティカ。
 

コンパクトながらも200lmの光量を
誇ります。

3段階の調光機能は、連続点灯のほか
点滅モードにも対応。
 

緊急時に使用できるホイッスルが
バンドに付いています。
 

備光タイプのリフレクター
出典:Amazon
 

リフレクター部分が暗闇でほんのり
光る備光素材になっているので、

本体を探す苦労は無さそうです。
 

目を刺激させない赤色LEDも
備わっていますね!

赤色LEDも連続点灯だけでなく
点滅モードにも対応しています。
 

本体上部にあるボタンひとつで
操作するタイプ。

突起しているのではなく窪んでいる
大きなボタンは、
グローブを
したままでも押しやすそうですね!
 

ハイブリッドタイプの電源
出典:Amazon
 

乾電池とバッテリーに対応した
ハイブリッドタイプ。

バッテリーはオプションになります。
 

 

Petzl ペツル CORE コア ハイブリッドモデル専用バッテリー
出典:Amazon
 

オプションのバッテリーです。
 

バッテリー本体にあるUSBポートから
直接充電するタイプです。

充電時間は3時間。
 

繰り返し使えるので経済的です。
 

 

Litom(リットン)
LEDヘッドライト

 

Litom LEDヘッドライト
出典:Amazon

サイズ(約)
(幅x奥x高mm)
62x37x48
重量(約)74g
明るさ(約)High:168lm
Mid:75lm
Low:10lm
点灯時間(約)High:30時間
Mid:55時間
Low:120時間
照射距離(約)110m(最大時)
照射特性記載なし
使用電池単4形アルカリ電池×3本
防水・防滴性能IPX6

 

Amazonランキングで
1位にもなっているヘッドライト。

機能性に優れています。
 

照射範囲(光のタイプ)の記載がなく
不明ですが、
リフレクタータイプ
なので照射範囲もある程度
広いのでは
ないでしょうか。
 

本体は5段階の角度調整が可能。
 

3段階の調光機能のほか、点滅する
「SOSモード」があります。

赤色LEDも備わっていて、点灯と
点滅どちらにも対応しています。
 

モーションセンサー
出典:Amazon
 

ジェスチャーセンサーが内蔵されて
おり、光にかざした
手の動きで
オン/オフの操作が可能。
 

すべてのモードに対応しています。

あると非常に重宝する機能です!
 

18か月保証
出典:Amazon
 

18ヶ月の製品保証と30日間返金保証
が付いているのも大きな特徴です。
 

メーカーの自信の表れなのでは
ないでしょうか。

これくらい強気の保証が付いていると
ユーザーとしては安心です!
 

 

milestone(マイルストーン)
MS-B5

 

マイルストーン MS-B2
出典:Amazon

サイズ(約)
(幅x奥x高mm)
60x35x45
重量(約)97g
明るさ(約)220lm
電池寿命
点灯時間(約)
メインLED:(最大)3.5時間/
(最小)45時間
サブLED:20時間
照射距離(約)70m(最大時)
照射特性ワイドビーム
使用電池単4形アルカリ電池×3本
防水・防滴性能IPX5

 

メイン(真ん中)に電球色のLED、
サブ(両脇)に白色のLEDを
搭載した
ヘッドライト。
 

メインの光が電球色なのは
珍しいのではないでしょうか?

ガスっている(霧が出てる)ときの
視界確保に有効です。
 

車も同じなんですよね、霧の中で
走っているときには白よりも
黄色い
フォグランプのほうが、より視認性が
上がります。
 

「スマートコントロール機能」
という無段階調光が付いていて、

照度10%~100%間で調節可能。

さらにメモリー機能が付いており、
調節した明るさが記憶されます。
 

消灯しても次に再点灯させたときに
調節した明るさで点灯する優れモノ!

すべての電池を外してスイッチを
押せば初期設定に戻ります。

 

このモデルも、光に手をかざして
操作できる
モーションセンサーを
搭載しています。

モーションセンサーを使用中に
調光すると、
調節した明るさで
センサーによるオン/オフも可能!

 

本体は耐衝撃性に優れた
硬質ラバーボディー。

誤点灯を防ぐロック機能も
付いています。

 

夜釣りライトで有名な「ZEXUS
(ゼクサス)」を取り扱っている

『冨士灯器』のオリジナル
ブランド、マイルストーン。
 

資料画像も少なく文字だらけに
なってしまいましたが、
安心の
国産ブランドになります!
 

 

まとめ

 

アウトドアに限らず、ちょっとした
夜間作業や防災グッズとしても
役に立つLEDヘッドライト。
 

選ぶ際にはいくつかのポイントが
あり、明るさ(ルーメン)だけで
選んでしまうと視覚的に暗いと感じて
役に立たないこともあります。
 

ここでご紹介したのは汎用性の高い
スタンダードなモデルです。

ポイントをしっかり押さえて、
使用目的に合う最適なヘッドライトを
チョイスしましょう!
 

ヘッドランプ
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク