キャンプ仕様になった? INNOの新たなルーフラックを従来モデルと比較してみた!

カーキャリアブランドのひとつであるINNOから、新たなルーフラックが発売。



そんな情報を耳にして、どんなモノなのかググってみたんですが・・・

「ん?これって前からなかったっけ?」


正直なところ、それが第一印象でした。

だってパッと見では既製品との違いがよく分からない。。。(^^;



その後すぐに理解したんですが、どうやら従来の既製品を仕様変更したモデルのようです・・・たぶんですけど。

車で言うところのマイナーチェンジみたいな感じなのかな?



とにかく見るだけではその違いがよく分からないので、従来モデルと比較してみることにしました!

同シリーズがあるっぽい


今回(22/03/01)発売されたのは「INT577BK エアロラックシェイパー 50」。

こんな感じ(↓)のスリムなルーフラックです。

INT577BK エアロラックシェイパー 50

出典:INNO





そして、ちょうど一年前に発売されているのが

  • INT578BK エアロラックシェイパー 80
  • INT579BK エアロラックシェイパー 110



商品番号から察するに同シリーズみたいですね。

ということで、せっかくなのでまとめて従来モデルと比較してみます!



INNOのルーフラック(従来モデル)に関してはこちら ↓

関連記事

アウトドアを楽しむ際の移動手段として、車を利用している方は多いのではないでしょうか?バーベキューや海水浴などはもちろんですが、特にキャンプはたくさんの荷物が必要になるので車移動の方は多いと思います。キャンプにも色々な楽しみ方があり、1人で[…]

ルーフラック

従来モデルとの比較

INT577BK エアロラックシェイパー 50

INT577BK エアロラックシェイパー 50
50 取り付けイメージ

出典:INNO



まずはキッカケとなったエアロラックシェイパー 50から。

ルーフに対してちょうどハーフサイズといった感じで、スノーキャリアやルーフボックスと併用して積載することも可能です。




従来モデルでは「IN503 エアロラックシェイパー 50」、

IN503 エアロラックシェイパー 50

出典:INNO





そして「XA503 シェイパー 50 フォーエアロベース」になります。

XA503 シェイパー 50 フォーエアロベース

出典:INNO






これらの従来モデルでは、ベースとなるキャリアがスクエアベースなのかエアロベースなのかで選択肢が変わります。

ちなみにスクエアベースがIN503、エアロベースがXA503対応です。


一方で新たなINT577BKでは両方のベースキャリアに対応。

これに関してはありがたい仕様変更ですね、紛らわしさもないので。



そして本体カラーがシルバーからマットブラックになっています。


意外なことに、このサイズでは今までブラックがなかったんです。

いずれのベースキャリアも主流はブラックなので、個人的にはラックもブラックにして統一させたほうがいいかな~。



その他の細かい比較はこちら(↓)

品番INT577BK
(新モデル)
IN503XA503
最大積載量(kg)7550
外寸サイズ(mm)H75×W505×D1265H75×W505×D1185
内寸サイズ(mm)H55×W435×D1130H55×W435×D1050
製品重量(kg)65.3
パッケージ重量(kg)7.57.3
パッケージサイズ(mm)H1220×W155×D206H1190×W275×D170H1190×W265×D165
カートン重量(kg)7.87.7
カートンサイズ(mm)H1220×W161×D212H1190×W265×D160H1190×W265×D165
スクエアバー対応×
エアロバー対応×

※ サイズ表は横にスライドします




実際の車に取り付けた時に従来モデルよりも80mm長くなって最大積載量が25kgアップしてます。

その分だけ製品重量も増えてますけど。



この「80mm長い」というのが大きなポイントなのかも・・・

と言うのも、INNOのHPにある商品詳細情報には『50Lサイズのトランクカーゴが2つ積載可能』と記載があるんです。


実際の積載画像もあります。

トランクカーゴ2つ積載可能

出典:INNO



従来モデルの詳細情報にはその記載がありません。

これは僕の個人的な意見ですが、従来モデルでトランクカーゴを2つ積載するのは不可能で、そこを含めての仕様変更なんじゃないかと。


もしかしたら従来モデルでも2つ積載することは可能で、たまたま詳細情報にその記載がないだけなのかもしれませんが。

どちらにしても従来モデルを持っていない(新モデルもですが)ので、残念ながら検証することはできません。。。(^^;



INT578BK エアロラックシェイパー 80

INT578BK エアロラックシェイパー 80
80 取り付けイメージ

出典:INNO



ちょうど一年前(21/03/01)に発売された「INT578BK エアロラックシェイパー 80」。


勘の良い方ならすぐに分かると思いますが、商品名の最後にある数字は商品の幅を指しています。

キッチリとではなく大まかな括り、という感じですが。



80 積載イメージ

出典:INNO


コンパクトでありながらもそれなりにしっかりと積載スペースを確保した、バランスの良いラックという印象です。



従来モデルは「IN568 エアロラック シェイパー 80」と、

IN568 エアロラック シェイパー 80

出典:INNO





「XA568 シェイパー80 FOR エアロベース」です。

XA568 シェイパー80 FOR エアロベース

出典:INNO





これらの従来モデルも同様にベースキャリアで変わります。

ご想像通りスクエアベースがIN568、エアロベースがXA568対応です。


さらにエアロベースのXA568のみ本体カラーがブラックになっています。

この差は何なんでしょう・・・紛らわしくないように、ということなのかな?


それ以外では特に大きな意味はなさそうに思うんですが、実際のところはよく分かりません。。。(^^;



INT578BKも既に上述しているINT577BKと同シリーズ(?)ということで、カラーもマットブラック。

そして両方のベースキャリアに対応しているなど、特に大きな変更点もなさそうな感じかな・・・?



品番INT578BK
(新モデル)
IN568XA568
最大積載量(kg)7550
外寸サイズ(mm)H75×W830×D1185H75×W828×D1185
内寸サイズ(mm)H55×W760×D1050
製品重量(kg)76.6
パッケージ重量(kg)8.48.1
パッケージサイズ(mm)H125×W1175×D270H1190×W265×D165
カートン重量(kg)8.58.1
カートンサイズ(mm)H134×W1180×D276H1190×W265×D165
スクエアバー対応×
エアロバー対応×

※ サイズ表は横にスライドします




詳細な比較なんですが・・・

なんか、いずれの従来モデルもINNOのHPの中でルーフラック一覧のページにある情報と商品の詳細ページの情報で微妙に違うんですよね~(^^;


具体的にはIN568の外寸サイズ、そしてXA568の外寸サイズと製品重量の箇所です。

とりあえずここの比較表では詳細ページ情報を記載しています。



個人的な意見ですが、いずれも新モデルのINT578BKと同じ内寸サイズなので外寸サイズも同等と考えて問題ないと思います。

また製品重量の違いも100gの差なので、そこまで気にすることもないんじゃないかと。



製品重量と最大積載量がアップしているのは上述のINT577BKと同じ。

INT578BKは従来の80モデルとサイズ的な違いはなさそうな感じですね。



INT579BK エアロラックシェイパー 110

INT579BK エアロラックシェイパー 110
110 取り付けイメージ

出典:INNO



INT578BKと同時期に発売された「INT579BK エアロラックシェイパー 110」。


ラインナップの中ではルーフの幅を最大限に活用したラックになります。



多くの荷物が積載可能

出典:INNO



改めて見ると多くの荷物が積載できそうですね。

それなりにニーズはありそうな印象です。



従来モデルでは「IN569 エアロラック シェイパー 100」、

IN569 エアロラック シェイパー 100

出典:INNO





「XA569 シェイパー100 FOR エアロベース」のほか、

XA569 シェイパー100 FOR エアロベース

出典:INNO





「IN589 シェイパーロング120」なんてのもあります。

IN589 シェイパーロング120

出典:INNO





これらも上述の従来モデルと同じ。

INで始まるIN569、IN589がスクエアベース対応でXA569がエアロベース対応です。


そしてエアロベース対応のXA569がブラックカラーというところも一緒です。



新モデルのINT579BKも今までと同じように、どちらのベースキャリアにも対応しています。



品番INT579BK
(新モデル)
IN569XA569IN589
最大積載量(kg)755060
外寸サイズ(mm)H75×W1115×D1185H75×W1065×D1185H75×W1175×D1750
内寸サイズ(mm)H55×W1045×D1050H55×W1000×D1050H55×W1105×D1615
製品重量(kg)8.57.914.2
パッケージ重量(kg)9.99.418
パッケージサイズ(mm)H125×W1175×D270H1190×W265×D165H185×W1810×D345
カートン重量(kg)109.410.318.8
カートンサイズ(mm)H134×W1180×D276H1190×W265×D165H195×W1810×D360
スクエアバー対応×
エアロバー対応××

※ サイズ表は横にスライドします




INT579BKは最後の数字が110、対して従来モデルは100と120。

ということで、比較表でもバラついています。


ちょうど間を取って一本化したような感じなのかな?

どちらにしても、新モデルはベースキャリアのことを気にすることなく「大中小」というように選びやすくなった印象です。



まとめ


いつからなのかは分かりませんが、INNOのHPではルーフラックは『キャンプ』のカテゴリーでまとまっているんですよね。

カテゴリーが「キャンプ」

出典:INNO



昨今のキャンプブームも相まって、ユーザーがより使いやすいように見直されたんだと思います。


ということは、

よりキャンプ仕様にアップデートされた?


・・・のかは分かりませんが、従来モデルよりは簡単に選びやすくなっているのではないでしょうか。


アイキャッチ画像:INNO

スポンサーリンク
INT577BK エアロラックシェイパー 50(アイキャッチ)
最新情報をチェックしよう!