初心者におすすめのスノーボード7選!お得にゲットしたいなら型落ちが狙い目!

スノーボードを本格的に始めたいなら、スノーボードギア(道具)一式を揃える必要があります。

しかし、ボードやバインディング、ブーツといった足回りからウェアやゴーグル、グローブなどの小物類に至るまで一通り揃えるとなると、かなりの出費になっちゃいます。


できるだけ安く済ませたいというのは誰もが思うところですよね?

そこで狙い目になってくるのが「型落ち」です。



一般的にはボードに限らず全てのスノーボードギアは毎年ニューモデルが発売されます。

なので、シーズンが終了して売れ残ったギアは型落ちになるんです。


スノーボードギアに限らずどの商品にも言えることですが、店側はいつまでもそれを在庫として抱えてもしょうがないので値を下げてでも売ろうとしますよね。

そこが狙い目です!


ただし、良いことばかりでもありません。

型落ちから選ぶということは、『在庫として残っているギアの中から探す』ことになります。


シーズン前やシーズン中に気に入ったギアをチェックしていても、それが人気モデルで既に完売していたり受注生産で市場に出回っていなければ諦めるしかありません。


気に入った、または欲しかったギアがあればいいんですが、必ずしもあるとは限らないんですよね。

どうしても手に入れたいギアは売り切れて無くなる前にゲットしておいたほうが無難です。



余計な前置きが長くなってしまいましたが。。。(^^; 

ここでは、型落ちモデルの中から初心者にも扱いやすいおすすめのスノーボードを選んでみました! 

【初心者向け】型落ちモデルのおすすめボード


傾向としては「オガサカ」や「YONEX」などの国産ブランドに比べて「バートン」や「サロモン」といった海外ブランドのほうが市場に出回る数も多い印象です。

全てのボードに当てはまるとも言いきれませんが、言い方を変えれば国産ブランドを狙うなら早めに動いたほうがいいってことになります。



個人的な意見になりますが、初心者の方にはキャンバー形状のボードがおすすめです。


これは、まずはしっかりと基礎を身に付けたほうがいいと思っているからです。

ただし、エッジが引っ掛かりやすいのが難点なんですよね。


一方で、フラットロッカー形状などはエッジが引っ掛かりにくいので初心者向けと言われています。

逆エッジが怖くてスノボを思いっきり楽しめないくらいなら、初めのうちはフラットロッカーなどのエッジが引っ掛かりにくい形状のボードをチョイスするのもいいのかもしれませんね。



ボードの基礎知識について詳しくはこちらを参考にしてみて下さい。 

関連記事

ウインタースポーツのひとつ、スノーボード。これからスノボに初めて挑戦する方、すでに何回か経験していて今シーズンから本格的に始めようと思っている方もいると思います。そこで頭を悩ますのがギア(道具)選びです。ウェアやビーニー(帽子)などは好き[…]

スノーボード

 


型落ちモデルということで、5万円で収まるボードに絞ってご紹介していきます!

 

YONEX(ヨネックス)


他ブランドでも類を見ないカーボンボードのYONEX。

徹底した品質管理でクオリティも間違いない国産ブランドです。

 

4XP

YONEX 4XP


出典:Amazon
 

形状キャンバー
シェイプツインチップ
サイズ136,139,144,148,152,156


ソフトなフレックスで扱いやすいエントリーモデルです。

女性の方にもおすすめです。


カーボンなので軽く取り回しもしやすいです。

コンベックスソールを採用しているのでエッジも引っ掛かりにくく、オールマイティに滑りを楽しむことができます。


コンベックスソールとは、トゥ(つま先)とヒール(かかと)の両サイドのエッジが雪面から微妙に浮いている形状のソールになります。

 

FOAROC

YONEX FOAROC


出典:Amazon
 

形状ハイブリッドキャンバー
シェイプツインチップ
サイズ136,139,144,148,151,154


こちらもYONEXのエントリーモデルです。

キャンバーボードのノーズとテール部分がフラットになっている形状です。


フレックスもソフトで4XPとほとんど変わらない印象ですね。

同じようにコンベックスソールを採用しています。



4XPと比べると、よりパーク寄りといった感じですが、ターンやトリックの基礎を身に付けるのにも十分です。
 

BURTON(バートン)


スノーボード界のトップに君臨する王道ブランドです。

「とりあえず迷ったらバートン!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

CLASH

BURTON CLASH


出典:Amazon
 

形状フラットトップ(フラットロッカー)
シェイプディレクショナル(3~6mmテイパー)
サイズ139,145,151,155,158,160,
157W,160W,164W


バートンのメンズモデルで一番柔らかいフレックスのボードになります。


フラットボードのノーズとテール部分がロッカーになっている形状です。

スペック表にあるシェイプのテイパーとは「テイパードシェイプ」の略で、テールよりもノーズが太くなっている形状を指します。


さらに、ヨネックスのボードと同じようにコンベックス形状になっていますね。

エッジが引っ掛かりにくく操作性もルーズで扱いやすいです。



価格もリーズナブルで、コストを抑えたい方におすすめです。

ただし、バートンのボードはバインディングを固定するインサートホール(ビス穴)が特殊なので、注意が必要になります。(他のブランドのバインディングとの互換性がないわけではありません!)



バインディングに付いて詳しくはこちらを参考にしてみて下さい。 

関連記事

バインディングの役割は板とブーツを固定させるだけではありません。板の操作性に関わってくる重要なアイテムです。ちょっと話がそれますがバインディングは『ビンディング』と呼ばれることもありますよね。どちらかが正解でどちらかが間違いという明確なも[…]

バインディング

 



超が付くほどの有名ブランドでアンチも多い印象ですが、やはり実際にバートン使用者は多いです。

 

SALOMON(サロモン)


バートンに負けない知名度を誇るのがサロモンです。

スキーだけでなくスノーボードにおいても使用者は多いです。

 

SIGHT

SALOMON SIGHT


出典:Amazon
 

形状Cross Profile(ハイブリッドキャンバー)
シェイプディレクショナルツイン
サイズ147,150,153,156,159,
155W,158W,162W,166W


サロモンの初心者向けのモデルです。


キャンバーボードのノーズとテール部分がロッカーになっている形状です。

通常のキャンバーボードよりも浮力があるのでパウダーなどでも楽に滑れます。


スタンス部分がキャンバー形状になっているので、カービングの基礎を身に付けるのにもいい選択だと思います。

低価格帯なのも嬉しいですね。

 

K2(ケーツー)


バートン、サロモンに次いで有名なのがK2になるでしょうか。

比較的安価なものも多く、お財布に優しいのも特徴です。

 

STANDARD

K2 STANDARD


出典:Amazon
 

形状CATCH FREE ROCKER(フラットロッカー)
シェイプディレクショナル
サイズ147,152,155,158,161,
155W,159W,163W


K2のエントリーモデルです。


バートンのクラッシュと同じく、フラットロッカー形状なのでエッジが引っ掛かりにくいです。

ターンもしやすく扱いやすいので初心者用としては及第点ではないでしょうか?


コスト的にも問題ないですね。

 

RIDE(ライド)


ライドもスノーボードで大手ブランドの一つです。

コスパ的にも良い印象です。
 

AGENDA

RIDE AGENDA


出典:Amazon
 

形状フラットロッカー
シェイプツインチップ
サイズ149,152,155,158,
154W,157W,161W


初級~中級者向けのモデルになります。

フレックスもソフトで扱いやすいので初心者にもおすすめの1本です。



このボードの大きな特徴は「スライムウォール」を採用していて耐久性に優れていることです。

一般的なボードはサイドウォールの素材にABS樹脂を使用していますが、こちらはウレタン素材を加工した「スライムウォール」を使用しています。


ABS樹脂は寒さに弱く、滑っている最中の衝撃を吸収できずにバタついたりして、最悪の場合は剥離したり割れたりしてしまうんです。

ウレタン素材は滑っている最中の衝撃をしっかりと吸収してくれる優れものです。


頑丈なオールラウンドボードならこれで決まりですね!

 

CAPITA(キャピタ)


キャピタも人気ブランドの一つではないでしょうか。

オーストリアに環境に配慮した自社工場『THE MOTHERSHIP(マザーシップ)』を設立したのが話題になりました。

 

THUNDERSTICK

CAPITA THUNDERSTICK


出典:Amazon
 

形状NEW AGE PROFILE(ハイブリッドキャンバー)
シェイプツインチップ
サイズ149,151,153,155,157


こちらも初級~中級者向けのモデルになりますね。

キャンバーボードのノーズとテール部分がフラットになっている形状です。


ソフトなフレックス設定に加えてワイドなデザインになっているので安定感もありそうです。

パーク寄りのボードですが、しっかりと基礎を身に付けるのにもおすすめですね。

 

まとめ


特に初めのうちはフリーランやパーク、ワンメイクなど、どんなスタイルでスノボを楽しみたいのか分からないと思うんです。


まずは型落ちの初心者向けボードでしっかりと基礎を身に付けてからご自身のスタイルに合ったボードを選んだほうがいいです。

myボードを持つことはスノボに対するモチベーションにもなります。



どんどん上達して、より一層スノボを楽しんじゃいましょう!
 



スポンサーリンク
型落ちボード
最新情報をチェックしよう!