スノボでソックスの重ね履きはNG!専用のボードソックスがおすすめな理由!

スノボをするときに、専用のボードソックスを履いていますか?

普段使いのものや少し厚手のソックスで代用している方もいると思います。


特に初心者の方はウェアやビーニーなど、人目につくものに気を使うことはあってもソックスにまで気を使っている方は少ないのではないでしょうか?



ここでは、普段使いのソックスとボード専用のソックスとの違いを解説していきます。

重ね履きはNG!

重ね履きはNG



そもそも普段使用しているソックスを重ね履きしてはいけないのでしょうか?

防寒対策の観点からいえば保温効果も高まるのでいいかもしれません。


しかし、ブーツの中でソックス同士が擦れて足裏からの力を上手くボードに伝達できなくなってしまいます。


ボードコントロールをする上でブーツはもちろんのこと、ソックスも足裏からの力を正確にボードに伝達するために重要になってくるんです。



それだけではありません。

ブーツは大きすぎも小さすぎも良くなく、ジャストフィットするものが望ましいので重ね履きすることによってフィット感が変わってしまうこともあります。


また、厚みが出てしまい足が痛くなることもあります。

足の甲やつま先など、痛くなってしまうとスノボを楽しむことができなくなってしまいます。

 

ボードソックス

ボードソックス



なぜボードソックスがおすすめなのか、その特徴を見ていきましょう。

 

メリット


ボード専用のソックスはそれ相応の値段がしてしまいますが、発汗作用や発熱効果の高いものが多いです。

スノーボードもスポーツなので雪山といえど汗をかきます。


とうぜん、ブーツ内も蒸れます。

綿素材のものなど速乾性がないものはNGです。



その点、ボードソックスは吸汗性や速乾性に優れているものが多いです。

そして、つま先などが冷えすぎて痛くなりにくいように保温性も高くなっています。


また、防臭、抗菌効果のあるものや着圧設計されているものもあります。

着圧設計されているものはパフォーマンスの向上や筋肉疲労などにも効果が期待できます。

 

長さ


専用のソックスはひざ辺りまでの長さがあります。


仮にブーツ内で収まってしまう長さしかないと、スネがブーツと擦れて痛くなります。

これは、滑っているだけで激しく足を動かしているためです。


長さのあるソックスがブーツからの衝撃を緩和する役目をしてくれています。

 

厚さ


普段使用しているソックスと比較すると、ある程度の厚みはあります。


逆に「薄い」と感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、上述しているようにボード専用のしっかりとしたソックスであれば保温性もあるので心配ありません。
 

形状


大きく3つの形状があります。

 

オーソドックスタイプ


一般的に馴染みの深いオーソドックスタイプです。

 

オーソドックス


出典:Amazon
 


普段使用している方も多く、ボードソックスでも違和感なく履けるのではないでしょうか?

 

5本指タイプ


軍手やグローブのように、それぞれの指が独立しているタイプです。

 

5本指タイプ


出典:Amazon
 


操作性も上がりボードへの力の伝達もしやすいです。

ただし、履き慣れていない方にとっては違和感を感じることもあり戸惑うかもしれません。
 

足袋タイプ


グローブでいうところのミトンタイプのような、親指だけが独立しているタイプです。

 

足袋タイプ


出典:Amazon
 


普通タイプと5本指タイプを足して2で割ったような感じでしょうか?

5本指タイプよりも違和感なさそうですね。

 

おすすめの形状は5本指タイプ!しかしデメリットも・・・


繰り返しになりますが、スノーボードは足裏からの力をより正確にボードに伝達することが重要になります。

グローブで例えると分かりやすいと思いますが、ミトンタイプのように指がまとまっていると操作性は落ちますよね?


ソックスでも同じことが言えるんです。

それぞれの指が独立している5本指タイプのほうが操作性も上がり、しっかりと踏ん張ることもできるようになるためボードへの力も伝達しやすくなります。


また、それぞれの指が1本ずつ生地で覆われているため、普通タイプと比べて蒸れにくいのもメリットですね。



ただし、良いことばかりではありません。

5本指タイプのソックスをあまり履く機会の無かった方にとっては違和感を感じることもあります。


履き慣れてくればその違和感は解消される方もいます。

しかし、どんなに時間をかけたところでどうしても我慢できない方もいるのではないでしょうか?



もうひとつ。

それぞれの指を生地で覆っているということは、その生地の分だけ足幅が広くなります。

なので、ブーツを履いた時に足が痛くなることがあります。


 スノボのブーツは大きすぎたり小さすぎたりはよくありません。

特に成熟型インナーのブーツはご自身の足にぴったりとフィットするように作成しているので、ちょっとしたソックスの厚みで痛くなることもあるので注意が必要です。



ブーツ選び、重要性に関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい。 

関連記事

ブーツはスノボをするための靴、バインディングはブーツと板を固定するモノ。。。まったくその通り、間違っていません。しかし、その一言で片付けられないほど重要なギアなんです。特にブーツはスノーボードギアの中で一番重要です。ポイントを押さえてしっ[…]

スノボブーツ

 

おすすめのボードソックス


専用のボードソックスは安いものではありません。

そうはいっても、出来るだけ安く手に入れたいところですよね? 


シーズン終盤の売れ残りやオフシーズンの型落ちを狙ってゲットすることをおすすめします。
 

普通タイプ

X-SOCKS(エックスソックス)
SNOWBOARD


エックスソックスのスノボ専用モデルです。

 

X-SOCKS SNOWBOARD


出典:X-SOCKS
 


ブーツやバインディングの締め付けによる圧迫を和らげるクッション素材を使用し、ふくらはぎの筋肉をサポート。

さらに通気性もしっかりと確保された、随所にこだわりのあるスノボ専用のモデルになります。

 

DEELUXE(ディーラックス)
THERMO SOCKS EVO


ディーラックスのサーモソックスです。

 

DEELUXE THERMO SOCKS EVO


出典:Amazon
 


ブーツで有名なブランド、ディーラックスのソックスになります。


段階着圧に足首や甲のプロテクション、そしてつま先やかかと部分の補強など、たくさんの機能を盛り込んだハイスペックモデルです。

また、発熱加工もされていて足が温かくなります。冷え性の方には選択肢の一つとしていいのではないでしょうか?
 

YONEX(ヨネックス)
スノーボードソックス エルゴソックス


ヨネックスのスノボソックスです。

 

YONEX スノーボードソックス エルゴソックス


出典:Amazon
 


一番の特徴はエルゴ製法という左右の専用設計です。

親指部分を長く、立体的に編み込むことで親指の圧迫感を和らげ、踏ん張る力を増強させます。


さらに、吸収した赤外線を熱に変換する『充熱システム』で保温性を高めます。

こちらも冷え性の方にいいかもしれませんね。

 

5本指タイプ

DEELUXE(ディーラックス)
THERMO SOCKS EVO FIVE


ディーラックスの5本指タイプのサーモソックスです。

 

DEELUXE THERMO SOCKS EVO FIVE


出典:Amazon
 


普通タイプでご紹介したTHERMO SOCKS EVOの5本指タイプですね。

スペックはそのまま全く同じになります。

 

YONEX(ヨネックス)
スノーボードソックス エルゴファイブソックス


ヨネックスの5本指タイプのスノボソックスです。 

YONEX スノーボードソックス エルゴファイブソックス


出典:Amazon
 


ディーラックスと同様に、普通タイプでご紹介したエルゴソックスの5本指タイプになります。

 スペックも同じになりますね。
 

SNOMAN SHG スノーマン
ファイブフィンガーソックス


スノーマンの5本指タイプのスノボソックスです。

 

SNOMAN SHG スノーマン ファイブフィンガーソックス


出典:Amazon
 


吸汗性と速乾性に優れた抗菌加工素材のドラロンを使用しているソックスです。

個人的に好きなブランドです。

 

足袋タイプ

BURTON(バートン)
JPN IMPRINT SOCK


バートンの足袋タイプのソックスです。

 

BURTON JPN IMPRINT SOCK


出典:BURTON
 


段階着圧設計や衝撃を和らげるクッションなど、ディーラックスに引けを取らないハイスペックモデルになっています。

さすがは天下のバートン、間違いないですね。

 

まとめ


普段はウェアとブーツに隠れて見えないソックス。

軽視されがちなアイテムですが、結構重要な役割を持っています。


足裏をしっかり使えるか、ちゃんと指で踏ん張れるかで上達速度に差が出ます。

上級者ほど5本指タイプを使用している印象です。


特に問題ないようなら5本指タイプがおすすめです。

ただし、どうしても合わないようなら無理することはないと思います。



ご自身に合ったボードソックスを選びましょう!
 



スポンサーリンク
ボードソックス
最新情報をチェックしよう!