ゴーグル選びで迷ったらダイスで決まりでしょ?!その特徴やおすすめまで!

スノーボードを楽しむ際の必需品と言っても過言ではないゴーグル。

安いものでは1~2000円前後から手に入れることができますが、値段相応のそれなりのクオリティでベンチレーションなどの機能面で劣っているものが多いです。


滑っている最中にレンズ内が雲って視界が悪くなると、かなりのストレスになっちゃいますよね?

ゴーグルは天候に左右されることなく雪面の凹凸や障害物などをしっかりと把握できなければ意味がありません。



小物類も含めると、たくさんのスノーボードギアがあります。

その中でも、安全面を考慮するとゴーグルはかなり優先順位の高いアイテムです。


ケチることなく機能面の充実したゴーグルを装着することをおすすめします。



ゴーグルに関して詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。 

関連記事

山の天気って変わりやすいんですよね。晴天だったのに気が付けばどんよりと曇っていたり、さっきまで吹雪いていたのにいつのまにか晴れていたり。。。急な気温の変化で霧(きり)が出てくることもありますよね。天候の変化とともに視界が悪くなることは多々[…]

スノーゴーグル

 


ここでは、スノーボードゴーグルを取り扱っている数多くのブランドの中でもクオリティの高いブランド『DICE(ダイス)』についてまとめてみました! 

ダイスの持つクオリティ

DICEゴーグル

日本発の国産ブランド!


ダイスは、世界に誇るレンズ開発技術を持つ山本光学が展開する国産ブランドです。


スキーゴーグルブランドの『SWANS(スワンズ)』も展開していますね。

その他にも『FATFIVE(ファットファイブ)』というスノーボードゴーグルのブランドもあったんですが・・・無くなっちゃったのかな?


HPもあったんですが、検索しても出てきませんね。。。(^^;


 昔、使用していたこともあるのでちょっと複雑な心境です。

少し話題が逸れちゃいましたが・・・


とにかく、フォルムのフィット感やレンズなど、日本人が日本の雪山で使用する為に細部にまでこだわって作り込まれているんです。


「さすがメイドインジャパン!」

その出来は秀逸です。

 

テクノロジー


山本光学の誇るテクノロジーを見ていきましょう!
 

APAフィルター(気圧調整装置)


レンズの内側に丸いテープが貼ってあります。

 

APA


標高の高いゲレンデなどでは気圧差によってレンズが歪んでしまうことがあるそうです。

これは、歪みを防止するための気圧調整フィルターです。


テープの張ってある場所はレンズの上部だったり下部だったり、モデルによってまちまちです。

間違えて剥がさないようにしましょう!

 

CLARITEX(クラリテックス) COAT


クラリテックスコートとは、撥水性や防汚性などを併せ持った特殊コーティングです。

 

claritex_coat


出典:DICE
 


さらに雪や指紋などが付着するのも防止してくれるコーティングです。

撥水性があるのでお手入れも楽チンですね!

 

ULTRAレンズ


雪や雨などの悪天候の状況下でも雪面のコントラストをくっきり捉えることのできる高視認性レンズです。
 

ULTRAレンズ


出典:DICE
 


実際に試乗会に参加した90%以上の方が効果を実感した、とあります。


これってすごいことだと思いませんか?

見え方には個人差があるので全ての方が実感するのは不可能にしても、90%以上という数字には驚きです。

 

ULTRA調光レンズ


悪天候に強いULTRAレンズに調光(フォトクロミック)機能を併せ持ったレンズです。
 

photochromicレンズ


出典:DICE
 


調光(フォトクロミック)とは、そのときの紫外線量によってレンズカラーが変化する機能です。

紫外線量が多くなるほどレンズカラーが濃くなり、少ないと薄くなる魔法のようなレンズです!


悪天候時にも見やすい視認性に加えて、そのときの最適なレンズの濃さに変化したらオールマイティレンズじゃないですか?!

 

MITレンズ


ミラー層に傷がつかないレンズです。

 

MITレンズ


出典:DICE
 


自分も経験あるんですが、ミラーレンズを使用したことのある方はミラーコーティングが剥がれたりレンズが傷ついてしまった経験はないですか?


そもそもミラーレンズはベースとなるレンズの外側にミラーコーティングをしているんですよね。

なので、外部からの衝撃に弱いんです。


意図せずにレンズをぶつけてしまったりゴーグルを落としてしまったときなどにコーティングが剥がれたり傷ついてしまったりしてしまうんです。



特に最近のゴーグルは視界確保のためレンズが大型化しています。

高価なアイテムだけに、ミラーレンズはデリケートに扱う必要があります。


しかし、


このMITレンズはミラーが剥がれたり傷ついたりしません!

それは何故なのか・・・?



答えは簡単です。

レンズの外側にミラーコーティングするのではなく、ミラー層のレンズが挟み込まれているんです。
 

MITレンズ構造


出典:DICE
 


これならミラー層が剥がれたり傷がつくこともなくなりますね!

ちなみに、これは世界初の特許技術だそうですよ!

 

プレミアム アンチフォグ


レンズ内が曇りにくくなる機能です。

 

プレミアム アンチフォグ


出典:DICE
 


レンズ内の曇りも、かなりの方が経験しているのではないでしょうかね?


小難しい話になりますが、フレームに付いているベンチレーションで空気を循環させながら内側のレンズ表面がレンズ内の水蒸気を吸収して蒸発、そしてまた吸収して・・・を繰り返し行い曇らないようになっています。


プレミアムアンチフォグはその吸収力を2倍に高めた曇り止め機能です。

レンズ内が曇ると視界も悪くなり結構なストレスになるので、ブランド問わず全てのゴーグルレンズに欲しい機能ですね!

 

CLARITEX(クラリテックス) MESH


フレームのベンチレーションとなるメッシュ部分が撥水性のある素材になっているものです。

 

クラテックスメッシュ


出典:DICE
 


ベンチレーションとなる部分に雪が付着して換気機能が無くなってしまうとレンズ内の曇りの原因になります。

また、メッシュ部分から雨などの水滴が侵入しても、同じようにレンズ曇りの原因になりますよね。


クラリテックスメッシュは撥水性に優れているだけでなく雪が付着しにくい特殊メッシュです。

 

PUFF FOAM


吸水性に優れたフォルム(顔に接するスポンジ部分)です。

 

パフフォーム


出典:DICE
 


汗を吸収して内側のレンズ曇りを抑えます。

また、ソフトなフィット感でゴーグルを装着しているときのストレスを軽減する工夫もされています。
 

その他


雪面の凹凸をよりはっきり認識させる偏光レンズ、そして日焼けを防止するUVカットレンズを採用しています。
 

ダイスのゴーグルは3モデル


ゴーグルのモデルは

HIGH ROLLER(ハイローラー)
JACK POT(ジャックポット)
JOKER(ジョーカー)

の3種類になります。


ベルトは全てバックルタイプです。

 

HIGH ROLLER(ハイローラー)

HIGH ROLLER(ハイローラー)


出典:DICE
 


一番のおすすめになります!


上述したテクノロジー、

・APAフィルター
・CLARITEX(クラリテックス)
 COAT
・CLARITEX(クラリテックス)
 MESH
・プレミアムアンチフォグ
・PUFF FORM

が全て標準装備です。


肝となるレンズですが、他のモデルと比べて大型化されていることで視界が広く見やすくなっています。


そして、

・ULTRAレンズ
・ULTRA調光レンズ
・MITレンズ
・通常のミラーレンズ

全てに対応していて、ニーズに合った選択が可能です。

 

JACK POT(ジャックポット)

JACK POT(ジャックポット)


出典:DICE
 


ダイスといえばこれ!・・・とも言える代表的なモデルです。


ハイローラーとほぼ同じスペックになりますが、唯一違うのはMITレンズには対応していません。

ジャックポットのフレーム形状が好みの方にとっては選択肢が狭まるので残念ですね。

 

JOKER(ジョーカー)

JOKER(ジョーカー)


出典:DICE
 


フェイスマスクが取り付けられるパーツが付属したモデルです。
 

・プレミアムアンチフォグ
・PUFF FORM

には対応していません。


レンズも通常のミラーレンズかヒートレンズしかないみたいですね。

どうしても曇ってしまう方はヒートレンズという選択肢を考えてみてもいいかもしれませんね。
 

まとめ


ダイスのクオリティの高さはご理解いただけたかと思います。

機能面では申し分ないですよね!


ゴーグルのフィット感やレンズ曇りなどでストレスを感じている方やそろそろ買い替えをしようかと考えている方は候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
 



スポンサーリンク
DICEゴーグル
最新情報をチェックしよう!