スノボのインナーとして最適なのは?ファーストレイヤーのおすすめ5選!

ゲレンデなどの雪山へ行くときに
スノーウェアの下に何を着ようか
悩んだり
迷ったりしたことはありませんか?

 

「寒いとこに行くんだから
着込まなきゃ!」
と考えてしまいがちです。
 

しかし、気温の低い雪山とはいえ、

スポーツなので体を動かせば
温まってきますし汗もかきます。

そのときに、あまりにも重ね着を
していたり、
速乾性の無いインナーを
着ていると、
かいた汗で体を
冷やしてしまい風邪をひいてしまうなど

体調を崩す原因になりかねません。
 

また、重ね着をすればするほど
動きづらくもなりますし、
濡れた
インナーで冷えると体はガチガチになって
動かなくなってしまいます。

どちらにしてもパフォーマンスの
低下に繋がります。
 

パークやキッカーなど、アグレッシブに
滑る方にとっては
ケガのリスクも
さらに高まっちゃいますよね。

 

では、そうすればいいのか・・・?
 

要は動作性を損なわずに動きやすく、
吸収性と速乾性、保温性に優れた

素材のものを着用すれば
いいってことですね!

 

ベースレイヤーの重要性

 

雪山
 

ちょっとややこしいんですが、
一般的に『ファーストレイヤー』とは

肌に直接触れるインナー
(ベースレイヤー)を
指すことが多いです。
 

それはそれで間違いではないんですが、

『ファーストレイヤー』は
発汗性、保湿性のある素材を
使用している物のことを指します。
 

ということで、

スノボウェアの下に着る、ベースレイヤー
(肌に直接触れるインナー)として

おすすめなのは『ファーストレイヤー』!

これで決まりです!

 

ベースレイヤーとしてまず頭に浮かぶのは
『ユニクロのヒートテック』に代表される

吸着熱素材のものではないでしょうか?
 

寒い冬の時期にタウンユースで
活躍するアイテムですが、

実はスポーツには不向きなんです。
 

そもそも吸着熱の原理は、

体から出る水蒸気が繊維に吸着した際の

『運動エネルギー』を
『熱エネルギー』に変換して

そこに熱が留まって暖かくなります。
 

スノボのように激しく
体を動かすスポーツだと、

『体が温まり汗が出る』
   ↓
『汗の水蒸気でインナーが暖かくなる』
   ↓
『体がさらに温まり発汗する』

といったループになり、やがて水蒸気を
逃がすことが追いつかなくなり、

インナーが濡れて冷たくなっていきます。
 

速乾性が無いわけではありませんが
優れているわけでもないので

スノボに向いていないんです。

特に、あまり休憩をせずに滑り続ける
ヘビーボーダーの方には
おすすめできないです。
 

また、Tシャツなどに多い
綿素材もNGです。

綿は吸水性はありますが速乾性が無いので
寒い雪山での相性は最悪です。
 

ミドル(セカンド)レイヤーのように
暑ければ脱いで調節するものではないので

ベースレイヤー選びは重要になります。
 

おすすめのファーストレイヤー

 

厳選したこだわりの
ファーストレイヤーです!
 

SKINS(スキンズ)
DNAMICシリーズ

 

まず、おすすめするのが
『着るサプリメント』スキンズ!

オーストラリア発の
スポーツウェア専門ブランドです。
 

スキンズ DNAMICシリーズ トップス
出典:Amazon
 

最大の特徴は『動作段階的着圧』!

心臓に近づくにつれて着圧が
弱くなるように設計されています。
 

パフォーマンスが向上するだけでなく、

筋肉疲労の回復にも高い効果を
発揮することが実証されています!
 

値段は高いんですが、
是非ともゲットしたいアイテムです!

 

 

 

CW-X(シーダブリューエックス)
セカンドボディ/スタイルフリーボトム

 

ワコールのスポーツウェアブランドです。
 

CW-X トップス セカンドボディ
出典:Amazon
 

トップスは部位ごとに着圧設計されていて
タイツは段階着圧になっています。

パフォーマンスの向上や
筋肉疲労に効果を発揮します。
 

ジャパンクオリティなので
間違いないのではないでしょうか?
 

 

 

mont-bell(モンベル)
ジオラインM.W.

 

アウトドアブランドである
モンベルのインナーです。
 

mont-bell ジオラインM.W
出典:Amazon
 

スノボ時のインナーとして
評価の高いアイテムですね。
 

こちらは生地の厚さが違う
3種類を展開しています。

「L.W.」が一番薄く、
次いで「M.W.」、「EXP.」と
段階的に生地が厚くなっていきます。
 

一定の評価を得ている上に日本の
アウトドアブランドということもあり、
安心できますね!
 

 

 

MIZUNO(ミズノ)
ブレスサーモシリーズ

 

スポーツ総合メーカーである
ミズノのインナーです。
 

ミズノ ブレスサーモL.W
出典:Amazon
 

スポーツ全般を取り扱っている
老舗メーカーなので、クオリティも
問題ないでしょう!
 

バリエーションも豊富で、
そのときのシーンによって
選ぶことができます。
 

裏起毛になっているものもありますね。

乾燥肌や肌の弱い一部の方は、
重ね着をせずに肌に直接裏起毛の
レイヤーを着ると、
肌が刺激されて
痒みが出ることがあるかもしれません。
 

もちろん、
全ての方に当てはまることではなく、
あくまでも可能性の話です。
 

過去に、同じように裏起毛になっている
別ブランド商品で
経験があったので
参考までに。。。
 

 

 

BURTON(バートン)
MIDWEIGHT CREW/PANT

 

スノボの最大手ブランド、
バートンのインナーです。
 

BURTON MIDWEIGHT CREW
出典:Amazon
 

さすがはバートン!
といったところでしょうか、
クオリティも間違いなさそうです。

防臭加工されているのも
ポイント高いですね。
 

他のファーストレイヤーと比べて
デザイン性があるのも大きな魅力です!
 

 

 

まとめ

 

友達や知り合いなど、
一緒に行っている連れに合わせて
同じように着込んだところで、

寒すぎたり暑すぎたりすれば
快適にスノボを楽しむことは
できませんよね?
 

寒がりの方や暑がりの方がいるように、
寒い暑いの感じ方には個人差があります。

なので、インナーの着こなしの答えは
人それぞれなんです。
 

ファーストレイヤーの重ね着や
ミドルレイヤーの重ね着でも、

当人がそれでOKなら全然問題なしです!
 

動きやすさも加味した上で
最適なインナーをチョイスして、

よりスノボを楽しんじゃいましょう!
 

雪山
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク