グロウラー|BBQやキャンプで冷えたビールが楽しめるオシャレアイテム!

BBQやキャンプなどのアウトドアを楽しみながらビールを飲む!

ビール好きの方には堪らない瞬間ですよね!


ですが・・・、

ビールを飲み干す前に、泡がなくなってしまったりぬるくなってしまった経験はありませんか?


特に気温の高い日には、ちょっと時間が経っただけで随分ぬるくなってしまいますよね。

せっかくの美味しいビールも、そうなってしまっては台無しです。



アウトドアでも「キンキンに冷えてるビールが飲みたい!」と誰もが思うはず!

 その期待に応えてくれるのが『グロウラー』です!


ここでは、BBQやキャンプなどのアウトドアでもぬるくならずに美味しいビールを飲むことができる「グロウラー」についてご紹介します! 

グロウラーってなんだ?


グロウラーとは、量り売りしているビールを買うための容器のことです。


日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカでは年々クラフトビール人気が高まっていることもあり、ドラッグストアやスーパーなどで幅広く量り売りされていて、グロウラーも一般的なものになっています。

 

グロウラーの特徴


ズバリ!

グロウラーの特徴は密閉性、そして保冷力(保温性)です。


この特徴によって、ビールなどの飲み物を入れたときの新鮮な状態を長時間キープすることができます。

 

炭酸OKの密閉性


炭酸を含んでいるビールを持ち帰ることができる、専用の容器であるグロウラーは必然的に密閉性も高くなります。

蓋には分厚いパッキンゴムで塞いで掛け金で固定するタイプや、よく見かける一般的なネジ山のあるスクリュータイプなどがあります。


「ネジ山のあるスクリュータイプの蓋は密閉性としてどうなのよ?」と感じる方もいるかもしれませんが、その心配は無用です。

ちゃんとしたブランドのものはしっかりとした圧力テストが行われているので問題ありません。



蓋の形状に関わらずしっかりと密閉されるので、缶や瓶のように開けたらすぐに飲み干さなくても炭酸がぬけることなく最後まで美味しく飲むことができます。

 

保冷力が高いのは真空断熱構造


アウトドアでキンキンに冷えたビールを楽しむためには保冷力が最も重要です。


ということで!

グロウラーは真空断熱構造のものを選びましょう!


保冷力の高いハイスペックのクーラーボックスにも採用されている真空断熱構造は、熱伝導率が低く外気温の影響を受けにくいんです。


保冷はもちろんのこと、保温性にも優れているので暖かい飲み物でも美味しく飲むことができちゃいます。

そして、真空断熱構造は外気温との温度差でグロウラー表面が結露することもありません。



ちなみに、海外(特にヨーロッパ)ではビールを常温で飲む国も多いそうです。

ビールは冷やしたほうが断然美味しいのに。。。


何故なんでしょう・・・?

これにはいくつかの要因があるようで、ビールの種類によって適温が違うことや気温や湿度などの気候の違いによる差、などが理由なんだそうです。

グロウラーの単位はoz(オンス)


日本では地ビール人気が高まっていますが、ビールを量り売りする文化が根付いてるわけではありません。


一方、アメリカでは既に一般的なものとなっているグロウラー。

その容量に使われる単位は「oz(オンス)」です。


聞いたことはあるんですが、実際にはどれほどの容量なんでしょうか?

日本で馴染みのあるリットル単位に換算してみると、1オンスは約0.03リットルになります。


グロウラーの一般的な容量サイズは32オンス、64オンスなので、

  • 32オンス=約0.96リットル
  • 64オンス=約1.92リットル

になります。


国内サイトでは、スペック表などの商品紹介の中で、オンスだけでなくリットル単位でも容量の記述をしているものが多いので、そこまで気にする必要もないかもしれませんね。

とりあえずご参考まで、ということで。


32オンスで1リッター弱、ということは500ml缶が2本分・・・ソッコーで無くなりそうですね~(^^;そう考えると、容量の大きい64オンスがおすすめです。

 

おすすめのグロウラー


持っていれば周りの目を引くこと間違いなしのオシャレなグロウラーをご紹介していきます!

 

STANLEY(スタンレー)
真空グロウラー 1.9L

STANLEY(スタンレー) 真空グロウラー 1.9L


出典:Amazon

サイズ(約)
直径×高さ
16.2×29.5cm
開口部約6cm
重量約1.28kg
カラーグリーン
シルバー
ブラック
容量1.9L(64oz)
保冷力目安10℃以下/24時間
材質18/8ステンレス


スタンレーの真空グロウラーです。

100年以上の歴史を持つ有名ブランドなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?


スタンレーといえば優れた耐久性を持つ「ハンマートーン」仕上げのグリーンボディ!

シルバーやブラックのカラーバリエーションもありますが、断然おすすめはグリーンです。


男心をくすぐれられる武骨なデザインがなんとも言えませんね!



開口部も6cmと広く、大きな氷も入れやすいです。

蓋が固定できるので片手で注ぐこともできます。

 

STANLEY(スタンレー) 2016-03-01
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)
インスレートグロウラー ボトル 64oz

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートグロウラー ボトル 64oz


出典:Amazon

サイズ(約)
直径×高さ
30.1×11.9cm
開口部約4.4cm
重量約802g
カラーステンレス
ダークアンバー
容量1.9L(64oz)
保冷力目安6時間後5.1℃
(初期温度4℃)
材質18/8ステンレス


クリーンカンティーンのインスレートグロウラーボトルです。

牧場のミルクを入れる容器を想像させるかわいいグロウラーですね。


見た目はかわいくても、しっかりとした保冷性能を持っています。


開口部は約4.4cmで、そこまで大きくはないです。

大きな氷を入れるのはちょっと厳しそうですね。


クリーンカンティーンで「クラシック グロウラー ボトル」という商品もありますが、こちらは保冷のみで保温には対応していないので間違えないようにしましょう。

 

Hydro Flask(ハイドロフラスク)
BEER グラウラー 64oz

Hydro Flask(ハイドロフラスク) BEER グラウラー 64oz


出典:Amazon

サイズ(約)
直径×高さ
30×12cm
開口部約5.8cm
重量約845g
カラーパシフィック
ステンレス
ブラック
ホワイト
グラファイト
容量1.9L(64oz)
保冷力目安最大24時間
材質18/8ステンレス


ハイドロフラスクのBEERグラウラーです。

カラフルで女性ウケしそうな印象ですね。


アメリカではステンレスボトルの定番とも言える人気ブランドです。



開口部は5.8cmと比較的大きな作りになっています。

表面には独自のパウダー加工が施されており、濡れた手で持ったときでも滑らないような工夫がされています。

 

Hydro Flask(ハイドロフラスク) 2017-03-01
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

Drink Tanks(ドリンクタンクス)
グロウラー 64oz/128oz

Drink Tanks(ドリンクタンクス) グロウラー 64oz・128oz


出典:Amazon

サイズ(約)
高さ×直径
(64)38×18cm
(128)43.2×25.4cm
開口部不明
重量(64)約1.4kg
(128)約2.3kg
カラーステンレス
オブシディアン
ホワイト
ガンメタル
コッパー
グレープフルーツ
ゲッコー
容量1.9L(64oz)
3.8L(128oz)
保冷力目安最大24時間
材質18/8ステンレス


ドリンクタンクスのグロウラーです。


64ozよりさらに容量の大きい128oz(約3.8リットル)も展開しています。

3.8リットルといえば・・・1ガロンです!


こちらもカラフルなバリエーションになっていて、とてもオシャレなグロウラーですね。


「カッコイイ~!」

個人的にストライクです、ぜひゲットしたい!!

 

Drink Tanks(ドリンクタンクス) グロウラー 開口部


出典:Amazon
 


開口部の径は記述が無くハッキリとした大きさは分からないんですが、画像で見る限り大きくて使いやすそうな印象です。

 

Drink Tanks(ドリンクタンクス) グロウラー ビアサーバー


出典:Amazon
 


別売りの「Kag Cap アクセサリーキット」を用意すればビアサーバーとして使用することもできちゃいます!

大勢で楽しむこともできますね!

 

まとめ


真夏の暑い日でも冷えたビールを飲むことができて、まったりと時間をかけて飲んでも炭酸がぬけにくい!

入れたときの状態を長時間キープできるグロウラーはビール党には是非ともおすすめしたいアイテムです。


アウトドア全般で使用できる汎用性も大きな魅力ですよね!



キンキンに冷えたビールをオシャレに持ち運びできるグロウラーで、周りと差をつけてみてはいかがでしょうか?
 



スポンサーリンク
ビール樽
最新情報をチェックしよう!