アウトドア×サングラス|これで紫外線対策は万全!選び方からおすすめまで!

アウトドアを楽しむ際に、
紫外線対策はしていますか?

 

スキンケアを気にする方にとって
日焼け止めアイテムは必須ですよね。
 

一般的に紫外線対策として、まず
頭に浮かぶのは
肌への対策なのでは
ないでしょうか?
 

意外に忘れがちなのが、「目」に
対する紫外線対策です。
 

肌と同じように、目も紫外線によって
炎症を起こします。

「まぶしさや目の乾きで痛い」、
「充血」などの
眼精疲労の原因にも
なります。
 

それらのトラブルの元となる
紫外線から
目を守ってくれるのが
サングラスです。

風、小石や虫などの飛来物から
目を守る役割もありますよね。
 

比較的長い時間使用することが
想定されるアウトドア。

ストレスを感じさせない機能性や
耐久性が求められる
ということで、
スポーツまたはアウトドアブランドの

サングラスに絞ってまとめてみました!
 

ここでは、サングラスを選ぶ際の
ポイントのほか、
タウンユース
としても使えるオシャレな
スポーツ
サングラス
をご紹介していきます!
 

サングラス選びのポイント

 

サングラス
 

スポーツ、アウトドアブランドだけに
絞ってみても
様々な種類のサングラスが
数多くあります。
 

紫外線対策として「UVカット」は
大前提ですが、
それ以外にも
サングラスを選ぶ際のポイントが
あります。
 

レンズカラー

 

いくつかのレンズカラーがあり、
それぞれ特徴が異なります。

使用するシーンに応じて
チョイスしましょう。
 

グレー系

 

一般的にサングラスのイメージとして
頭に浮かぶのは
ブラックやグレー系
ですよね。
 

シャープな印象になります。
 

光を抑えてまぶしさを防ぎます。

全体的に薄暗くなるだけなので色調の
変化が少なく、
疲れにくいメリットも
あります。
 

ブラウン系

 

肌と同系色なので馴染みやすく、
人気のカラーです。
 

まぶしさを防ぐだけでなく、
コントラスト効果も高いです。

明暗がよりハッキリとするので、
どちらかといえば
アウトドア向きに
なるでしょうか。
 

グリーン系

 

目元が柔らかく見えて優しい印象に
なります。
 

比較的、自然な見え方のカラーです。

幅広いフィールドに対応しているので
アウトドア向きになります。
 

ブルー系

 

クールで爽快感のあるカラーに
なります。
 

まぶしいと感じるイエローや
オレンジ系の光をカットします。
 

イエロー系

 

視界が明るくなるカラーです。
 

まぶしさを防ぐ効果は期待できません。

曇りや雨など、視界の悪いときに
効果的です。
 

クリア

 

レンズカラーの付いていないクリアも
あります。
 

UVカットはあってもまぶしさを
防ぐことはできませんが。

色付きのレンズに抵抗がある方には
いいかもしれませんね。
 

調光タイプ

 

調光レンズは、そのときの紫外線量に
よって
カラーが変化するレンズに
なります。
 

紫外線量が強いほどレンズカラーは
濃くなります。

非常に便利ですが、調光レンズの
寿命が2~3年なので
コスパ的には
微妙かもしれません。。。(^^;
 

可視光線透過率

 

数値が低いほど光を通さず、
高いほど光を通します。
 

レンズカラーと深い関係にあり、
グレー系などの
暗いカラーは低い
数値になります。

逆に明るいカラーは光を通すので
数値も高くなります。
 

偏光レンズ

 

路面や水面、雪に反射した光のことを
「偏光」といいます。
 

この偏光が乱反射して視界がギラついて
見えにくくなるんですが、
この反射光を
カットしてくれるのが偏光レンズです。

「偏光度」というものがあり、
数値が高いほど
光の反射を遮る
効果が高いです。
 

ギラつきを抑えて視界が
より鮮明になります。

ノーマルレンズと比較すると
その差は歴然なので、おすすめの
レンズです。
 

フィット感

 

長い時間使用するアウトドアでは、
フィット感はかなり重要になります。
 

少しの時間であれば我慢できたり
気にならないかもしれませんが、

使用する時間が長くなるほど
頭痛の原因になったりストレスを

感じてしまいます。
 

鼻が当たるノーズパッドや耳に
かかるフレーム部分など、
試着を
してしっかりとフィットするものを
選ぶ必要があります。
 

おすすめのスポーツサングラス

 

モデルを問わず、偏光レンズの
サングラスがおすすめです。
 

スノボのゴーグルでしか比較した
ことはありませんが、
その違いは
歴然なので。
 

OAKLEY(オークリー)
HALF JACKET 2.0 ASIA FIT

 

OAKLEY(オークリー) HALF JACKET 2.0 ASIA FIT
出典:Amazon

レンズサイズ(約)
(幅x高)
62×36mm
ブリッジ幅(約)15mm
フレーム外幅(約)131mm

 

オークリーのハーフジャケット2.0
アジアンフィットです。

オークリーといえばスポーツ
サングラスの定番ブランドです。
 

初代ハーフジャケットを
進化させたエントリーモデル。

さらに頭の大きさや鼻の高さなど、
アジア人の骨格に合わせた
アジアン
フィットモデルになります。
 

デュアルレンズでフレームの
下半分がないセミリムレスデザイン。

幅広い視界の確保と風の巻き込みを
抑えるハイカーブモデルです。
 

ノーズピースとイヤーソックスは
水分や汗によってフィット感を

増すので、激しいスポーツでも
問題なさそうですね。
 

レンズは100%のUVカット率を誇り、
耐衝撃性にも優れています。

さらに度付きにも対応しています。
 

「クイックチェンジシステム」を
採用していることにより、
レンズ
交換も簡単に行うことが可能です。

レンズは画像にある「スタンダード」
のほか、縦に約2mm長い
シェイプの
「XL」があります。

互換性があるので、
どちらのフレームにも交換可能です。
 

交換できるレンズオプションも多く、
調光タイプを含めた
豊富なカラー
バリエーションがあるのも魅力です。
 

トップアスリートからエントリー
ユーザーまで、
幅広い人気が
あるのも納得ですね!
 

 

OAKLEY(オークリー)
STRAIGHTLINK ASIA FIT

 

OAKLEY(オークリー) STRAIGHTLINK ASIA FIT
出典:Amazon

レンズサイズ(約)
(幅x高)
61×55mm
ブリッジ幅(約)17mm
フレーム外幅(約)148mm

 

オークリーのストレートリンク
アジアンフィットです。

こちらもハイカーブモデルに
なっています。
 

UVカットや耐衝撃性、水分や汗に
よってフィット感を増す
ノーズ
ピースとイヤーソックス、さらに
度付き対応していることなど、

基本的な性能はハーフジャケットと
同じです。
 

よりくっきりとしたコントラスト
効果のある「PRIZM」と、
偏光に
対応した「POLARIZED」を
組み合わせたレンズがおすすめです。
 

 

SWANS(スワンズ) エアレスリーフ

 

SWANS(スワンズ) サングラス エアレスリーフ
出典:Amazon

全体サイズ(約)
(幅x高)
142×36mm
本体重量(約)16g

 

スワンズのエアレスリーフです。

山本光学株式会社が展開する
国産ブランドになります。
 

商品名の通り、わずか16gと超軽量で
快適な
着け心地のサングラスです。

日本人の頭部形状に合わせた設計の

「ジャパンフィットモデル」に
なっています。
 

さらに、調節可能なノーズパッドに
加えて細くフレキシブルな
フレームに
なっているので、頭部形状に合わせて
ジャストフィットします。
 

独自開発された「ペトロイドレンズ」は
耐衝撃性に強く、
レンズ表面に施された
ハードーコートでキズを防止します。
 

オプションになりますが、
撥水性と防汚性に優れた

「クラリテックスコート」や
レンズへの映り込みを
抑える
「マルチコート」もあります。
 

度付き対応じゃないのが残念ですが、
レンズを取り扱っている
山本光学の
オリジナルブランドということで、
クオリティは
間違いなさそうですね!
 

 

mont-bell(モンベル)
PLトレッキンググラス

 

mont-bell(モンベル) PLトレッキンググラス
出典:Amazon

レンズサイズ(約)
(幅x高)
本体重量(約)23g

 

モンベルのPLトレッキンググラスです。

商品名にある「PL」とは
『polarized(偏光)』のことです。
 

モンベルもジャパンブランドと
いうこともあり、
アジアンフィット
モデルになっています。
 

mont-bell(モンベル) PLトレッキンググラス コンパクト収納
出典:mont-bell
 

一番の特徴は、他のサングラスにはない
収納方法です。
 

コンパクトで携帯性に優れているので、
持ち運びも苦になりませんね!
 

 

BUNNY WALK(バニーウォーク)
BW012

 

BUNNY WALK(バニーウォーク) BW-012
出典:Amazon

レンズサイズ(約)
(幅x高)
61×41mm
ブリッジ幅(約)15mm
フレーム外幅(約)147mm

 

バニーウォークのBW012です。

こちらもハイカーブモデルになります。
 

偏光レンズに特化した釣り用サングラス
「ZEAL(ジール)」を
取り扱っている
『グレンフィールド』のブランドです。

バニーウォークのサングラスも
日本人の骨格に合わせた設計に
なっています。
 

ご紹介しているモデルは単色の偏光
レンズではなく、
グラデーションに
なっている偏光レンズです。
 

全体的にカジュアルなデザインや
カラーリングのモデルが多い印象です。

女性からの支持も高そうですね!
 

 

BUNNY WALK(バニーウォーク)
BW302

 

BUNNY WALK(バニーウォーク) BW-302
出典:Amazon

レンズサイズ(約)
(幅x高)
61×34mm
ブリッジ幅(約)17mm
フレーム外幅(約)140mm

 

バニーウォークのBW302です。

コスパに優れた
エントリーモデルになります。
 

機能性を求めると、どうしても値段は
高くなっていきます。

しかし、このモデルはリーズナブルな
価格なのにもかかわらず、
レンズには
偏光レンズを採用し、さらに99%以上の
しっかりとした
UVカット率を備えて
いるんです。
 

ケーズが付属していないのが欠点
なんですが、
レンズもフレームも
安心の日本製です。
 

偏光サングラスを気軽に
体感したい方におすすめです。
 

 

Coleman(コールマン) Co3008

 

Coleman(コールマン) Co3008
出典:Amazon

全体サイズ(約)
(幅x高)
142×31mm
本体重量(約)

 

コールマンのCo3008です。

こちらもリーズナブルな
偏光サングラスです。
 

もちろん、99%以上のUVカット率を
備えます。
 

ご紹介している中で一番安価ですが、
最低限求めたい機能は備えています。

値段重視の方には選択肢の一つとして
アリかもしれませんね。
 

 

まとめ

 

アウトドアで使用するサングラスは
長い時間使用することが多いです。

単なる「ファッションアイテム」
としてではなく、機能性や耐久性を

重視してスポーツまたはアウトドア
ブランドでまとめてみました。
 

コントラストがよりハッキリして
くっきりとした視界を確保できる

偏光レンズのサングラスは、
パフォーマンスの向上にも期待が

持てるので特におすすめです。
 

サングラスは紫外線から目を守る
だけでなく、転んだときや
飛来物など
から顔を守る防具にもなります。
 

PCやスマホなど、日常生活でも
酷使している目へのダメージを

軽減するためにも、サングラスを
検討してみてはいかがでしょうか?
 

サングラス
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク