セパレートスノーボードってなんだ?・・・何か面白そうなので調べてみた!

『セパレートスノーボード』って
知ってますか?

 

『デュアルスノーボード』と
呼ばれることもあるようです。
 

セパレート(separate)は

『別々になっていること』や
『分かれていること』という意味。

一方、デュアル(dual)は

『ふたつの』や
『二重の』という意味。
 

初めて聞いたときは、

「なんだそりゃ?」

でした。
 

「・・・?」

どんなモノなのか想像もできずに
何のイメージも湧かなかったです。
 

気になってしょうがないので
調べてみることにしました!
 

セパレートスノーボードとは

 

その名の通り、2枚のボードに
なっているんです。
 

1枚のボードの上に乗るのではなく、
2枚のボードの上に片足ずつ乗ります。
 

セパレートスノーボード
出典:NICO
 

なかなかの衝撃画像です!
 

1枚のボードを真っ二つにするなんて
考えたこともありません(笑)

とはいっても、1枚のボードを
単にぶった切っただけの
モノでは
ありませんよ。(当たり前ですが)
 

スキーも同じように片足ずつ板の上に
乗りますが、
決定的な違いは
スキーは前に進むのに対して、

セパレートスノーボードは
横に進んでいきます。

「スノーボード」という名前が
付いているだけあって、

そこはスノボと同じですね。
 

そして、セパレートスノーボードに
乗っている状態でも、
それぞれの足が
独立しているため前に歩くことが
出来るのが
普通のスノボにはない
大きな特徴のひとつです。
 

1枚のボードを真っ二つにしただけだと、

歩いたときに足の内側のボード同士が
干渉してしまいます。

それだけでなく、それぞれの足が
独立しているということは
スタンス幅を
自在に変えられるということなので、

これまた足の内側のボード同士が
干渉しちゃいます。
 

ノーズとテールにあたる足の外側も、

1枚ずつ片足で操作することになるので

あまり長くしてしまうと扱いづらく
なってしまいますよね。

なので、セパレートスノーボードは
短めに作られています。

左右の2枚を並べてみても、
1枚のボードよりは短いです。
 

バインディングは流用OK!

 

バインディングはスノボに使用する
一般的な4x4のものでOKです。
 

バインディングに関して詳しくは
こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

バインディングの役割は板とブーツを固定させるだけではありません。板の操作性に関わってくる重要なアイテムです。 ちょっと話がそれますがバインディングは『ビンディング』と呼ばれることもありますよね。どちらか[…]

バインディング
 

ただし、ひとつ注意すべき点があります。

これはスノボにもいえる事なんですが、
使用するボードによって
バインディングを
固定するのに使用するビスの長さが
合わないものがあります。

具体的にどういうことかというと、

ボードに対してビスが長い場合があり、
増し締めしたときに
ボードのソール面が
膨れ上がってしまうんです。
 

セパレートスノーボードにしても
普通のボードにしても、
次から次へと
買い替えるものではないので
大切にしたいところです。

初めてバインディングを取り付ける際には
注意するようにしましょう。
 

スノーボードとは似て非なるもの?

 

なんのこっちゃ?
 

確かに、普通のスノボとの
共通点は多い感じです。
 

しかし、

『スノーボードとはまったく別の
新しいアクティビティ!』

という印象が強いです。
 

理由として、

スノボに比べてボードが短い
ということは、
それだけ
有効エッジも少なくなります。

おまけに、足裏からボードへ
伝達する力も弱くなります。
 
つまり、カービングなどには
向いていません。

また、速度を出して滑っているときに
止まろうと思っても、
スノボ以上に
急には止まることができません。
 

ものすごく乗りこなせるようになれば
話は別ですが、
速度が出てしまう
急斜面やバランスの崩しやすい
コブ、
そしてアイスバーンなどには
不向きです。

浮力も少ないのでパウダーも
厳しいのではないでしょうか?
 

それぞれの足が独立している状態で
横に滑って進むので、
油断していると
足が開いていきます。

多少の慣れはあると思いますが、

足(特に腿)への負担は大きいはずです。
 

新しいスノースポーツという印象が
強いセパレートスノーボードですが、

「板の上に乗って横に進む」
ということはスノボと変わらないので、

スノボ経験者であればバランスの
取り方などのアドバンテージは
あるように感じます。

また、スノボと違い両足が自由に
動かせることで
スノースポーツに
縁の無かった方でも比較的簡単に
馴染める印象ですね。
 

やっぱり面白そう!

 

日本でのセパレートスノーボードの
パイオニアでもある
『NICO』の
プロモーションビデオです!
 

セパレートスノーボードNICO_PV

 

ちょー面白そうじゃないですか!

ボードなのに両足が自由に
動かせているって、やっぱり斬新です!
 

緩斜面で滑りながら、ちょっとした
ギャップで
飛んでみたり
回ってみたり・・・楽しそうです!

 

レールやボックスなどで楽しんでいる
プロモーションビデオもありましたよ!
 

セパレートスノーボードNICO 15-16PV

 

これは周りから注目されること
間違いなしですね!
 

ボードも短いので重くもなく取り回しも
しやすいのではないでしょうか?

脚力の無い女性や小さいお子さんでも
楽しめそうです。
 

『NICO』からリリースされているモデルは3種類

 

セパレートスノーボードは、

現時点では各スノボブランドが
取り扱っているわけではありません。
 

日本で初となるセパレートスノーボード
ブランドが『NICO』です。

3種類のモデルがあります。
 

スタンダードモデル

 

スタンダード
出典:NICO
 

セパレートスノーボードの
エントリーモデルになります。
 

最も軽く扱いやすいモデルです。

外側部分を広げたことによって
エッジのサイドカーブが
普通の
スノボ形状に近いので、
スノボ経験者の方にとっても
一番
違和感のないモデルになっていますね。
 

ハイステージモデル

 

ハイステージ
出典:NICO
 

スタンダードモデルと比べて硬さと
厚みがあり、キッカーで飛んだり

パークのレールやボックスなどの
トリック向けのモデルになります。
 

コンパクト スペシャル エディション

 

コンパクト スペシャル エディション
出典:NICO
 

スタンダードとハイステージの

良いところを組み合わせた
オールラウンドモデルです。

乗りこなすにはそれ相応の技術が
必要になってくる感じがします。
 

カービングもトリックもしたい、

という欲張りな方にとっては
いいのではないでしょうか?
 

 

まとめ

 

セパレートスノーボードが
どういったモノなのか

ご理解していただけたかと思います。
 

スノボのように長い一枚板ではないので、

軽く持ち運びもしやすいアイテムです。

一般的なバインディングを
流用できるのも大きいですね。
 

ゲレンデに持って行って
バインディングを
サクッと付け替えれば
すぐに楽しむことが出来ます!
 

目立ち度満点のスノーギア。

興味のある方はチャレンジしてみては
いかがでしょうか?
 

なんのこっちゃ?
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク