スノボのミドルレイヤー選びはどうする?レイヤリングのあれこれ!

ミドル(セカンド)レイヤーとは、

アウターであるスノボウェアと
ベースレイヤーの中間着を差します。

 

室内で休憩するときにはジャケットを
脱ぐこともあるので、
人に見られる
機会も多いと思います。

また、春スキーなどの暖かい日には
ジャケットを着用せずにパーカーなどの

ミドルレイヤーで滑っている方を
見かけることもありますよね。
 

人目につくウェアと同じように、

こだわりを持ってミドルレイヤーを
選ぶ方もいます。

流行に敏感なおしゃれボーダーの方は
全体的なレイヤリングや
シルエットも
含めてチェケラッチョしまくり
ではないでしょうか?
 

ここでは、一般的にミドルレイヤーとして

使用されることの多いインナーを
まとめてみました!
 

レイヤリングとは

 

雪まみれ
 

レイヤリングとは
『重ね着をする』ことです。

・吸水性と速乾性のベースレイヤー
・保温性のミドルレイヤー
・防水性と撥水性のアウターシェル

というように、
3レイヤーという考えが一般的です。

ザックリとした説明ですが、

中が蒸れないための透湿性なんかも
必要な要素になります。
 

改めて考えれば
全くその通りなんですよね。
 

昔はそんなこと微塵も考えすに適当に
着たいものを着ていました・・・(^^;

綿素材のTシャツやロンTを
ベースレイヤーとして着用して

汗やコケたときの雪で
濡れまくったこともありました。
 

「おしゃれに着こなして
さっそうと滑りたい!」

という気持ちのほうが強かったので

一般的な3レイヤーの考え方なんて
全く頭に無かったんですよね。
 

紆余曲折を経て学習し、
今となっては実用性第一です!(笑)
 

ミドルレイヤーあれこれ

 

「ユニクロ」や「しまむら」などの
洋品店にあるリーズナブルなものを

着用している方もいれば、
ご自身で所持しているボードや

それに関連したブランドのパーカーや
トレーナーを着用している方など、

考え方やこだわりによって様々です。
 

ミドルレイヤーの種類ごとに
見ていきましょう!
 

フリース

 

老若男女を問わず、着用率が一番高いのは
フリースではないでしょうか?
 

その中でも、着脱が楽にできる
フルジップタイプが多い印象です。

「ユニクロ」などの洋品店で
リーズナブルに手に入れることが
できるのも
大きな要因でしょうかね?
 

実際に愛用もしていますし、
決して悪い商品ではないです・・・が、

フリースはアウトドアブランドや
スノースポーツブランドのものが
おすすめです。
 

決定的な違いは『着用する環境』です。
 

「ユニクロ」などの洋品店のものは
タウンユースを想定しているはずです。

それに対してアウトドアや
スノースポーツのブランドは、

例えばストレッチ素材を使用していたり、
その快適性や保温性のレベルは
全然違います。
 

比例して値段も高くなりますが、

これひとつ持っていれば
たいへん重宝すると思います。
 

patagonia(パタゴニア)
R2ジャケット

 

抜群の機能性を誇るフリースです。
値段もヤバいですが。(^^;
 

パタゴニア R2ジャケット
出典:Amazon
 

R1~R4まで展開していて、
R1が一番薄い生地になります。
 

 

mont-bell(モンベル)
クリマプラス200ジャケット

 

こちらも、かなり高評価のフリースです。
 

mont-bell(モンベル) クリマプラス200ジャケット
出典:Amazon
 

さらに生地の厚い
「クリマエアジャケット」もあります。

そちらも人気のあるフリースです。
 

 

パーカー

 

フリースに次いで多いでしょうか。
 

若い方の着用率が高いようですね。

実用性でいえばプルオーバータイプより

フルジップタイプのほうに
分がありそうですが・・・
そこは好みでしょうね。
 

降雪時や風の強いときなどにフードを
被れば保温性が上がり暖かいです。

しかし、コケたときやパウダースノーで
豪快にスプレーを巻き上げたときなど、

フードが受け皿のようになり首筋から
雪が入ってくることがあります。

また、滑っている最中にフードが
気になってしまう方もいるようです。

 

6~7年前だったでしょうか?

丈の長い「トールパーカー」が
大流行したのを覚えています。
 

パープルカウ トール パーカー
出典:Amazon
 

その当時ソッコーで手に入れたんですが、
防水や撥水加工が
全くされていないもの
だったので、一度でもコケたら
雪まみれになっていましたね。

機能面を全く考えずに見た目で
即買いしちゃいました。。。(^^;
 

もちろん、今でも見かけます。

最近のものはしっかりと防水や
撥水加工がされているものも多く、

おしゃれなデザインのものも
出ていますね。
 

ACC
トールパーカー

 

ACC(ASIAN CAN
CONTROLERZ)
のトールパーカーです。

ボードやウェアなども展開している
スノーボードブランドになります。
 

ACC トールパーカー
出典:Amazon
 

デザイン性もあってカッコイイです!

たまたまなのかは分かりませんが、
よく利用しているゲレンデで

トールパーカーのみならずボードや
ウェアもここ最近よく見かけますね。
 

 

purplecow(パープルカウ)
トールパーカー

 

パープルカウのトールパーカーです。
 

トールパーカーの存在を初めて知ったのはパープルカウのものでした。

懐かしいです。
 

パープルカウ トール パーカー
出典:Amazon
 

レビューを見ると
全体的に評価も高いですね。
 

 

AA HARDWEAR(ダブルエーハードウェア)
パーカー

 

スノボウェアとして人気のある
ブランド「AA」のパーカーです。

AA HARDWEAR パーカー
出典:Amazon
 

スケートブランドである
『THRASHER』との
コラボモデルなどはよく見かけます。
 

 

VOLCOM(ボルコム)
パーカー

 

ボルコムも人気のあるブランドですね。

VOLCOM パーカー
出典:Amazon
 

種類も豊富にあるので、
選ぶのに頭を悩ませそうです。
 

 

トレーナー

 

トレーナーを着用している方も
結構見かけます。
 

バートンやボルコムなど、
ボードに関連したブランドの
トレーナーを
着用している方が多いですね。
 

パーカーなどにもいえることですが、
スノボブランドなどのトレーナーは

袖口に親指を通すための穴が
開いているものがあります。
 

袖口の穴
 

何かの拍子で袖口がズレ上がるのを
防止したり、
雪が入ってくることも
防ぐことができるので(ある程度ですが)
あれば便利です。
 

トレーナーを選ぶ際にも防水や
撥水加工されているものが

おすすめなんですが、
パーカーと比較すると少ない印象です。

加工されていないただのトレーナーなら
たくさんあるんですが・・・
 

BURTON(バートン)
トレーナー

 

もはや説明のいらない有名ブランド、
バートンのトレーナーです。
 

BURTON トレーナー
出典:Amazon
 

ご紹介しているボンデッドクルーは
評判も上々のようですね。
 

 

ダウンベスト

 

アウターとしてではなく、
ミドルレイヤーとして
ダウンベストを
選択する方もいるようです。
 

BURTON ダウンベスト
出典:Amazon
 

ジャケットになると腕が引っ張られるので
動きづらいと思いますが、

袖の無いベストであれば腕も振れるので
いいかもしれませんね。
 

 

ロンT/シャツなど

 

春スキーなどの暖かい日には
活躍するのではないでしょうか?

また、プロテクターの上にロンTを
重ね着している方も見かけます。
 

やはりボードに関連しているブランドを
着用している方が多いですね。

ちなみに、ロンTにも着丈の
長いものがあります。
 

まとめ

 

ミドルレイヤーに求めることは
保温性、そして汗などの水蒸気を
外に逃がすことです。
 

見てくれのデザイン性や
バランスで選んでしまって
本来の目的を果たせないと、

それがストレスとなって快適に
スノボを楽しめないこともあるので
注意が必要です。
 

しっかりとしたインナーを選んで
スノボライフを満喫しましょう!
 

雪まみれ
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク