車でスノボに行くときもこれで安心!万が一のために備えておくべき必需品!

雪山(ゲレンデ)までのアクセス方法
として
新幹線や高速バス、
マイカーなどの車があります。

 

新幹線や高速バスの利用者のなかには
一般客や他のツアー客もいるので、

周りに迷惑をかけないような気遣いが
必要になりますよね。
 

また、発車時刻も
しっかりと決められています。

例え誰かが遅刻したところで、

既に乗り込んでいる大勢の方の
予定を狂わすことになるので、

その人が来るのを待つこともなく
定刻になれば発車します。
 

まぁ、公共交通機関なので
とうぜんですよね。
 

マイカーなどの車でもある程度の
予定に沿って行動はしますが、

一緒に行く家族や仲間以外に同乗者は
いないですし、
トイレ休憩など
寄り道するタイミングにも融通が
利くので、
構えることなく気軽に
道中を過ごすことができます。
 

ただし、故障やパンクなどの
イレギュラーなことも含めて、
すべて
自分たちで解消しなければなりません。
 

ここでは、マイカーなどの車で
雪山まで行く際に
万が一の事態が
起こったとしても、すぐに
対応できるように
備えておくべき
必需品をご紹介していきます!
 

道中で、あれば役に立つ便利グッズや
快適に過ごすためのアイテムについては

こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

マイカーなどの車で雪山(ゲレンデ)に行くときには、新幹線や高速バスなどの公共交通機関とは違い、「周りに何の気兼ねする必要もない」ということが大きなメリットです。 それだけで道中は気楽なモンですが、どうせだったらそれ[…]

快適な車内
 

『万が一』に備えるべき必需品

 

普段、街乗りで車を運転するときには
意識しなくても
大丈夫だと思いますが、
雪山まで行くとなると話は別です。
 

そうそう起こりえることでは
ないにしろ、
万が一の事態が
起きてしまったときに
無いと非常に困るアイテムです。

雪山ではもちろんですが、

普段の街乗りなどでも
あり得ない話ではないので、

常日頃から車に積んでおくことを
おすすめします。
 

ブースターケーブル

 

ブースターケーブル
出典:Amazon
 

バッテリーが上がりでエンジンが
かからなくなった
車のエンジンを
始動させるケーブルです。

ブースターケーブルを使用して
エンジンをかけることを

「ジャンピングする」
と言うこともあります。
 

特に弱まっていないバッテリーであれば
問題ないと思うんですが、
雪山は
気温が低くエンジンも始動しにくいので
絶対ということはありません。
 

帰り際になってバッテリー上がりで
エンジンがかからなかったとしても、

周りの方に協力してもらいジャンピングで
エンジンが始動できれば
JAFなどの
ロードサービスを呼ばずに済みます。
 

JAF会員やご自身で加入している
保険で
ロードサービスが付帯していれば
出張料は無料だと思いますが、
現場に
来てもらうのに時間がかかりますよね。
 

「ブースターケーブルを持っている上で
周りの方の協力が必要」
ということが
使用条件になりますが、ジャンピングで
エンジンが
始動してから5分10分と
安定してエンジンがかかっていれば

麓までは下りてこれるので
あとは何とかなるはずです。
 

ジャンピングのやり方も
ご紹介しておきます。

作業時には、各ケーブルの
クランプ(接続部分)同士を

接触させないようにしないと
ショートしてしまう
可能性が
あるので十分注意して下さい。

  • 救援車をバッテリー上がりの自車と
    ケーブルをつなげる距離に移動して

    自車と救援車のエンジンを切ります。
  • 次にブースターケーブルを
    つないでいきます。
    1. 自車のバッテリーの+端子に
      赤いケーブルをつなぐ
    2. 救援車のバッテリーの+端子に
      赤いをつなぐ
    3. 救援車のバッテリーの-端子に
      黒いをつなぐ
    4. 自車の金属部分につなぐ
      (アースをとる)
  • 救援車のエンジンを始動して数分間
    アイドリング(かけっぱなしにする)
    させます。
  • 自車のセルを回して
    エンジンが始動すればOKです。

 

ケーブルを外すときは、
つないだときと逆の手順で行います。

安全のためにケーブルの
「つなぐ、外す手順」は
必ず守ってください!

 

ケーブルをつないだ状態でセルが
回らないようであれば
他のトラブルが
発生している可能性も考えられます。

速やかにジャンピング作業を止めて
ロードサービスを呼びましょう。
 

 

ポータブル充電器
出典:Amazon
 

ブースターケーブルを検索していたら
こんなのも見つけました!

『ポータブル充電器』です!
 

ポータブル充電器 使用例
出典:Amazon
 

要はスマホのモバイルバッテリーの
ようなものですね。
 

付属のケーブルでバッテリーの上がった
車のエンジンを始動できちゃいます!
 

使用用途とサイズ
出典:Amazon
 

スマホやタブレットなど他の
デバイスの充電も可能ですね。
 

容量によりますが、
サイズも比較的コンパクトなので

持ち運びも苦にならなそうです。
 

ブースターケーブル単体なら周りの方の
協力が必須ですが、
これならご自身で
解決出来ちゃいますね!
 

 

牽引ロープ

 

牽引ロープ
出典:Amazon
 

特に説明も要らないと思いますが・・・
車を牽引するロープです。
 

ご紹介しているものは
軍手、ケース付きです。

ロープも蛍光なので
夜間でも認識しやすいですね。
 

使用する機会が無いに越したことは
ありませんが、
車に積んでいる
「安心感」という意味では
いいのではないでしょうか?
 

 

三角表示板

 

三角表示板
出典:Amazon
 

故障で動かなくなったときや事故を
起こしてしまったときなどに
後続車に
存在を知らせる三角表示板です。
 

実は、三角表示板は高速走行時に
車に積んでいないと違反になります。

高速の料金所などで警察官が
シートベルトをしているか

チェックしているのを
見かけたことはありますが、

三角表示板を積んでいるのかを
チェックしているのは

未だかつて見たことが
ありませんが。。。(^^;
 

しかし、高速道路で故障や事故を
起こしてしまったときに
後続車に
知らせないと二次災害が起きてしまう
可能性もあるので大変危険です!

特に夜間や降雪時、霧などは
見通しも悪いので危険性も高まります!
 

サイズと収納
出典:Amazon
 

そこまで大きいものでもなく、
コンパクトに収納することができます。
 

繰り返しになりますが、
三角表示板は必ず積んでおきましょう!
 

 

発煙筒

 

発煙筒
出典:Amazon
 

発煙筒はどの車にも積んであるはずです。

というのも、発煙筒は車に搭載することが
義務付けられているので、
搭載していない
場合は車検に通りません。
 

また、発煙筒には使用期限があり、
JIS(日本工業)で『4年』と
定められています。
 

ちょっと矛盾していますが、
厳密にいうと車検に発煙筒の
項目はないそうです。

しかし、発煙筒は「非常信号用具」に
該当するとの理由から、
備えていないと
車検には通らないそうなんです。
 

ということは、車検時に使用期限の切れた
発煙筒を新しくしてもらえるのか、

積んでいるかを確認するだけなのかは
車検を通した場所によって

差があるのではないでしょうか?
 

三角表示板にも言えることですが、

使用する機会が無いに越したことは
ないものであり、
実際に使用したことの
ある方のほうが少ないと思います。
 

いざという時にちゃんと使用できないと
何の意味もありませんよね?

普段は気にしないものだからこそ、

気付いたときにしっかりと使用期限が
切れていないかの確認をしましょう。
 

 

まとめ

 

車で雪山に行ったときに限らず、

普段の街乗りでもそう起こることでは
ないと思います。

しかし、可能性はゼロではありません。
 

ぶっちゃけ街乗りであれば何一つ車に
積んでいなくても何とかなります。

が、

それが雪山だったらどうでしょう?
 

もしかしたら、片付けまでかなり
時間がかかってしまうなど、
色々と
面倒なことになるかもしれません。
 

スペースを取るような大きいモノでも
ないので、
常日頃からの備えとして
考えてみてはいかがでしょうか?
 

雪道に注意
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク