ニーズに合うルーフボックスはどれ?おすすめや選び方などのポイントを解説!

スノーキャリアやルーフボックスは、かさばるスキー板やスノーボードを車で運ぶ際に活躍するアイテムです。


2つを比較すると、スノーキャリアは安価で車への取り付けも楽なんですが、それ以外の目的では使用することができません。

一方でルーフボックスはスノーシーズン以外でも他のアウトドアなどに使用することができます。



特にキャンプなど、荷物の多いアウトドアでは大活躍するのではないでしょうか?

ラゲッジスペースにパンパンに詰め込む必要がなければ後方の視界確保もできて安全ですし、なにより道中での車内がスッキリして快適に過ごせますよね!


スノーシーズンでいえば、キャリアと比べてスキー板やボードが盗難にあう可能性も低いですし、天候に左右されたり雪道などでの泥ハネの影響も無いです。


使用用途に汎用性があるので当然といえば当然なんですが、値が張るんですよね。

ルーフボックスそのものも高価ですが、それ以外に土台となるベースキャリアも必要になるので結構な出費になってしまいます。



しかし、他のアウトドアでも使用する機会があるのなら断然おすすめです!

スノーシーズンだけの使用でも、大切なスキー板やボードの保護を考えるならルーフボックスですね!


ルーフに積載できるアイテムとして、ルーフボックスよりも安価なルーフラックがあります。



「Inno(イノー)」のルーフラックについては別記事でご紹介しているので、詳しくはそちらを参考にしてみて下さい。 

関連記事

アウトドアを楽しむ際の移動手段として、車を利用している方は多いのではないでしょうか?バーベキューや海水浴などはもちろんですが、特にキャンプはたくさんの荷物が必要になるので車移動の方は多いと思います。キャンプにも色々な楽しみ方があり、1人で[…]

ルーフラック

 



「TERZO(テルッツォ)」と「THULE(スーリー)」のルーフラックについてはこちらです。 

関連記事

ルーフラックは車の積載量を増やすことのできるアイテムです。同じ使用用途としてルーフボックスもありますね。ボックスなので気象条件に左右されることもなく、積載した荷物の保護にもなって防犯性も高いルーフボックスですが、値段が高い!(^^;また、[…]

ルーフラック2

取り扱っているブランド


ルーフボックスの主な社外ブランドは、キャリアと同じ3社になります。

  • Inno(イノー)
  • TERZO(テルッツォ)
  • THULE(スーリー)


HAPRO(ハプロ)などの他ブランドやメーカーの純正オプションでも取り扱っている場合がありますね。

その中でも、ネームバリューのある主要3ブランドであれば間違いないのではないでしょうか? 


ちなみに、ルーフボックスのことを『ジェットバッグ』と呼ぶこともありますが、正解としてはTHULEの商品のみに適用される登録商標みたいです。


『ルーフボックス』と表記しているTHULEの商品もよく見かけるのであまり気にすることもないと思いますけどね。。。(^^;



ここでは『ルーフボックス』で一括りとしています。

 

ベースキャリアも必須

ベースキャリア


出典:Inno
 


車にルーフボックスを取り付ける際には土台となるベースキャリアが必要になります。

 

Inno ルーフオンタイプ


出典:Inno
 


そのベースキャリアを取り付けるのに車種ごとに形状の違うフックがさらに必要になる場合もあります。
 

Inno フィックスポイントタイプ


出典:Inno
 


また、ルーフにベースキャリアを取り付けられる部分(フィックスポイント)がある車種もありますね。



キャリアについては、スノーキャリアも含めて別記事でご紹介しています。 

関連記事

マイカーでゲレンデなどの雪山へ行くときに、あると便利なのがスノーキャリアやルーフボックスです。もちろん、中積みして現地まで行くことは可能です。しかし、車の内装にエッジなどで傷を付けないように気を使わなければならないですよね?片付け時にはハ[…]

スノーキャリア

 



高速走行などを考えると安全性に関わってくる重要なパーツになるので、しっかりと確認して間違ったものを選ばないようにしましょう。

 

メリットとデメリット


スノーキャリアとは違い、シーンを問わず多くの荷物を入れることが出来るルーフボックス。

メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

メリット


トランクやラゲッジスペースに余裕が生まれ車内空間がより快適になるだけではありません。

 

車内温度


夏の炎天下のもと、駐車場に数時間停めて戻ってきたときにはヤバいほど車内が暑くなっていますよね?

ルーフボックスがあると日よけになって、ある程度ですが車内温度が抑えられます。


高さが低く、幅があってルーフ全面を覆うような形状のルーフボックスを使用していた知り合いがいたんですが、「ドアを開けたときの体感温度が違う」と言っていました。



決して涼しいわけではなく暑いことに変わりはないんですが、あのドアを開けたときのむせ返るような瞬間が少しでも和らげばいいですよね!

 

目印になる


駐車場に停めたときの目印にもなります。

だだっ広い駐車場に停めたときには、正確な駐車位置を覚えていなくても大まかな場所は覚えていると思うので、ルーフボックスを取り付けた車が自分の車の周りに数台あったとしても比較的簡単に見つけられると思います。
 

雨音


これは人によって感じ方に差があると思うんですが、雨が降ったときにルーフに打ちつける雨音も和らぐのではないでしょうか?

激しい雨のときには結構ルーフに打ちつける雨音がするんですよね。


気にならない方は全く気にならないことなのかもしれませんが、車内での会話が聞き取りづらいこともあるので、車内まで響かないに越したことはありませんよね!

 

デメリット


あると便利なのがルーフボックスですが、デメリットもあります。

 

車高


ルーフの上に取り付けるので、とうぜん車高が高くなります。

高さ制限のある立体駐車場などでは注意が必要です。



そして、峠道などの急カーブでは『ロール』が強くなります。
 

ローリング (rolling) とは、乗り物など前後・左右・上下が決まった物体が、前後の軸に対して回転(あるいは傾斜)すること。単にロール (roll) ともいい、船舶では横揺れという[1][注 1]。なお、左右の軸まわりの回転がピッチング (pitching) またはピッチ (pitch)で、上下軸まわりの回転がヨーイング (yawing) またはヨー (yaw)と呼ぶ。

特に、航空機、船舶、自動車について言うことが多く、ロール量は角度で表される。ロール方向の動きに制限の少ない航空機では、90度、180度、360度ロールなども可能である。機体の中心軸の回転運動成分をローリング、その回転角度をロール角という。なお、路面、線路の傾き(カント)や、二輪車で車体を傾ける操作など、ロール方向の傾斜をバンク[2](bank)と呼ぶこともある。

引用:wikipedia



速度を出して無謀な運転をする方はいないと思いますが、取り付け後の車高をしっかりと把握して事故のないようにしましょう。

 

風の影響


風の影響も受けやすくなります。

特に高速走行時の横風には注意するようにしましょう。


また、走行時の風切り音が気になる方もいるかもしれません。

 

燃費


積載量が増えて車重も重くなるのでしょうがないことなんですが、燃費も気になるところです。

そのときの状況によってまちまちですが、取りつけ前と比較すると少なからず影響するのではないでしょうか?

 

洗車


洗車機に入れられる車高であっても、ボンネットやルーフのトップ部分はブラシを回すことはできないので手洗いになります。
 

選ぶときのポイント


高さのあるものや低いもの、幅の広いものやコンパクトなものまで、ルーフボックスも色々な形状があります。

スノーキャリアであれば使用目的や積載枚数もハッキリしているので割と選びやすいと思いますが、ルーフボックスは『入れ物』なので使用目的にも幅があります。


スキーやスノーボードに限らず他のアウトドアでも使用するのか?



例えば、荷物の多いキャンプでの使用がメインになるのか?スノーシーズンのみ使用する場合であっても、ルーフボックスとは別にキャリアのアタッチメントを取り付けるのか?・・・など、入れるモノや人数なども含めて総合的に
ある程度は考えて絞っていくようにしましょう。


そして、車とルーフボックスとのバランスも忘れてはなりません。

 1BOXやミニバンなど、トランクではなくバックドアのある車はドアを開けたときに干渉しないように取り付けなければなりません。


ルーフボックスの取り付け位置が前すぎても、走行時の風の抵抗などを考えれば危険です。


取り付け場所が前すぎたり後ろすぎたり、小さすぎたり大きすぎたりすると不格好で「カッコ悪い」んですよね。

選ぶ上で車とのバランスも大事な要素になります。

 

おすすめのルーフボックス


一般的な長さ?である180cm~200cm前後のルーフボックスの中から厳選したおすすめをご紹介します!
 

Inno
シャドゥ124

Inno シャドゥ124


出典:Inno
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 200x81x34
【内寸LxWxH(cm)】
 183x65x28
【製品重量】
 19kg
【容量】
 360L
【最大積載量】
 50kg
【カラー】
 マットブラック
 

両側から開くことができるコスパに優れたモデルです。

両側から開閉することができるので利便性もいいです。様々なシーンで役立ちそうですね!


両開きは車両への取り付けが簡単なのもメリットです。

Inno
ルーフボックス55

Inno ルーフボックス55


出典:Inno
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 200x83x31.5
【内寸LxWxH(cm)】
 183x70x25
【製品重量】
 15.5kg
【容量】
 300L
【最大積載量】
 50kg
【カラー】
 ブラック/ホワイト
 

左開きのモデルです。

こちらもコスパに優れていますね。


ベストセラーモデルです!

TERZO
ローライダーフレックス コンパクト

TERZO ルーフボックス ローライダーフレックス コンパクト


出典:Amazon
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 アップ時 195x75x27.5
 ダウン時 195x75x22.5
【内寸LxWxH(cm)】
 アップ時 185x65x25
 ダウン時 185x65x20
【製品重量】
 15.5kg
【容量】
 アップ時 300L
 ダウン時 250L
【最大積載量】
 -
【カラー】
 ブラック/ホワイト
 シルバーメタリック
 

左開きのモデルです。


一番の特徴はカバーを5cm高くすることができることです!

必要に応じて積載量を増やすことができるので便利です!


 さらにTERZOはホワイトやシルバーのカラーを選択したときに、上のカバーだけでなく下のボックスも同じカラーのものが多いんですよね。

ルーフボックスの外観が全て同色で統一されているということが選ぶ際の大きなポイントになる方もいるのではないでしょうか?

TERZO
エアロGT450

Terzo ルーフボックス 450L エアロGT


出典:Amazon
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 193x86x41
【内寸LxWxH(cm)】
 187x77x35
【製品重量】
 23.5kg
【容量】
 450L
【最大積載量】
 75kg
【カラー】
 ダークブラックメタリック
 シルバーメタリック
 

TERZOのラインナップの中で唯一の両開きのモデルです。

イタリアにあるデザインなどを手掛ける老舗『ピニンファリーナ』がデザインしたプレミアムなルーフボックスです。


カバーの両脇のロゴは『TERZO』ではなく『Pininfarina』になっていますね。

開閉させるトリガーやカラーリング、形状など随所にこだわりが感じられます!

Thule
Dynamic M(800)

Thule Dynamic M


出典:THULE
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 206x84x34
【内寸LxWxH(cm)】
 198x75x27
【製品重量】
 18kg
【容量】
 320L
【最大積載量】
 75kg
【カラー】
 ブラックグロッシー
 チタングロッシー
 

両開きのモデルです。

スタイリッシュでカッコいいです!が、高くて手が出ません・・・(^^;

Thule
Motion XT Sport

Thule Motion XT Sport


出典:THULE
 

スペック
【外寸LxWxH(cm)】
 189x67.5x43
【内寸LxWxH(cm)】
 177x57x37
【製品重量】
 16kg
【容量】
 300L
【最大積載量】
 75kg
【カラー】
 ブラックグロッシー
 チタングロッシー
 

両開きのモデルです。


スーリーのルーフボックスはどれも良いですよね~!

予算に余裕のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ


上述している通り、ルーフボックスはかなり高価なアイテムです。

サイズが小さかったり、使い勝手が悪いからといって簡単に買いなおせるものではありません。


しかし、あれば必ず役に立つアイテムなので重宝するはずです。



ご自身のニーズに合うルーフボックスを見つけましょう!
 



スポンサーリンク
ルーフボックス
最新情報をチェックしよう!