車で雪山へ行くなら用意しておきたい道中を快適に過ごす便利グッズまとめ!

マイカーなどの車で雪山(ゲレンデ)に
行くときには、
新幹線や高速バスなどの
公共交通機関とは違い、
「周りに何の
気兼ねする必要もない」ということが
大きなメリットです。

 

それだけで道中は気楽なモンですが、

どうせだったらそれに加えてできる限り
快適に過ごしたいものですよね?
 

また、道中で何らかのアクシデントが
あったときにも
自分たちで対応しなければ
なりませんが、
それが些細なことでも
なかなか解決しないと、
ちょっとした
ストレスになっちゃいます。
 

ここでは、そんなときにあれば便利な
お役立ちグッズや
車内をより快適に
過ごせるアイテムをご紹介していきます!
 

「万が一」のアクシデントに
備えておくための必需品については

こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

雪山(ゲレンデ)までのアクセス方法として新幹線や高速バス、マイカーなどの車があります。 新幹線や高速バスの利用者のなかには一般客や他のツアー客もいるので、周りに迷惑をかけないような気遣いが必要になりますよね。&[…]

雪道に注意
 

あれば役に立つ!便利グッズ

 

主に車外で使用するであろう
便利グッズです。
 

スコップ

 

除雪用スコップ
出典:Amazon
 

タイヤが「スタック」して
しまったときに使用します。

「スタック」とは、
ぬかるんだ道や雪の積もった道などで

タイヤが空転してしまってその場から
動けなくなってしまうことです。
 

都心で積雪があったときに、
ニュースでタイヤが空転している映像が

よく流れていますよね、アレです。
 

スタックする原因は、車重であったり
同乗している人数や
積んでいる
荷物による車のバランス、その場の
環境など複合的です。
 

そのときの状況に応じて対応するのが
解消への近道になります。

例えば新雪でハマッた場合には、
車を前後にゆっくりと動かして

タイヤ周りの雪を踏み固めるようにすれば
動けるようになるかもしれません。

また、ツルツル滑るような状況下では
ゴムマットや布などを
敷いてあげれば
動かせるようになるかもしれませんよね。
 

様々な状況が考えられますが、
スコップがあれば手っ取り早く

タイヤ周りの雪を掻き出すことが
できるので便利です。
 

「牽引ロープ」も常備していれば
さらに安心ですね。

「牽引ロープ」について詳しくは
こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

雪山(ゲレンデ)までのアクセス方法として新幹線や高速バス、マイカーなどの車があります。 新幹線や高速バスの利用者のなかには一般客や他のツアー客もいるので、周りに迷惑をかけないような気遣いが必要になりますよね。&[…]

雪道に注意
 

もしもスタックしてしまったときには、

パニックにならずに落ち着いて
行動するようにしましょう。
 

焦ってアクセルを踏み込んだところで、

ますます深みにハマッてしまうことも
考えられるので。
 

 

解氷スプレー

 

解氷スプレー
出典:Amazon
 

車のウィンドウが
凍結したときに使用します。
 

フロントガラスに薄く氷が張っただけで

非常に視界が悪くなってしまうので
厄介なんですよね。

家の駐車場などでは色々と手が
打てますが、
雪山の場合は
そう簡単にはいきません。
 

エンジンを始動して暖房で融けるのを
待つだけでは
時間がかかってしまいます。

常備しておけば暖房との相乗効果で
時短になります。
 

解氷スプレーの成分は
ほとんどがアルコールです。

なので、自作も可能です。
 

市販されているアルコールを用意して

アルコール3:水1の割合で薄めて
出来上がりです。

意外に簡単に作れるんですね。
 

フロントガラスに撥水コート
してある場合に
影響あるのかが
気になるところです。

アルコールを原液で使用しているわけでは
ないので
気にするレベルではないとの
意見もあれば、
多少は影響するとの
意見もあるようです。
 

ちなみに、自作をする際には
市販のエタノールでもOKです。

アルコールとエタノールに大きな
違いはありません。
 

アルコールとは『総称』で、

エタノールは『アルコールの種類』
といったところでしょうか。
 

 

スノーブラシ

 

スノーブラシ
出典:Amazon
 

停めておいた車に雪が
積もってしまったときに使用します。
 

スノボを楽しんでいるその当日中に
ずっと雪が降っていることもあります。

宿泊したときはもちろんですが、

日帰りであってもガッツリ
積もってしまうこともあります。
 

積もった雪を手で振り落とすことも
できますが、
場合によっては体が
雪まみれになってしまうことも
あるんですよね。
 

伸縮するタイプのスノーブラシは
特に重宝するはずです。
 

 

ヘッドライト

 

ヘッドライト
出典:Amazon
 

特にハッキリとした
使用用途はありません。
 

雪山に行くときなどは夜間や早朝の
暗い状況の中で
運転する機会が
多いのではないでしょうか?

何か気になることがあったときに、
その場ですぐに照らして
確認することが
できるので一つ積んでおくと便利です。
 

頭に付けるヘッドライトであれば両手が
空くので、
作業するのに便利ですよね。
 

 

車内を快適に過ごす

 

車内空間を快適に過ごすことのできる
アイテムになります。
 

ゴムマット

 

ゴムマット
出典:Amazon
 

車内のフロアマットをきれいに
保つことができるゴムマットです。

画像のように液体がこぼれないような
3D形状のものがおすすめです。
 

例えば、ゲレンデの駐車場が
コンクリートではなく土だったとします。

春先の暖かい日に滑り終えて帰る際、
駐車場がグチャグチャに
荒れている
ときでもゴムマットがあれば車内の
フロアマットが
汚れてしまうことは
ほとんどありません。
 

ゴムマットそのものが汚れたときには、

取り出して叩くか水洗いするだけなので
手入れも簡単です。
 

 

車内用インテリアバー

 

車内用インテリアバー
出典:Amazon
 

使用できる車種が限られますが、

車内でウェアをハンガーごと掛ける
ことができるインテリアバーです。

コンパクトな物干しハンガーなどを
用意すれば、
ウェアの他にもグローブや
ゴーグルも掛けることができますね。
 

ゲレンデで帰り支度をする際に
ウェアをたたんで
バックにしまっても、
帰ってから干しますよね?

それを考えると、車からそのまま家に
持ち込めるので楽チンです。
 

ただし、4人、5人分のウェアを
掛けるとバックドア越しに
視界を
確認することが難しくなるので
注意が必要です。
 

 

毛布・ひざ掛け

 

ひざ掛け
出典:Amazon
 

同じ車内空間であっても、
運転席や
助手席と後部座席とでは温度差が
ある場合があります。

また、暑い寒いの感じ方は個人差が
あるので、
ご自身では適温だと
思っていても寒いと感じる
同乗者の方がいるかもしれません。
 

特に同乗者の中に女性や小さいお子さんが
いる場合には用意しておきましょう。
 

ちょっと勿体ない気もしますが、

スタックしてしまったときにタイヤの
下に敷く、といった使い方もできます。
 

 

ブラシ・雑巾

 

洗車用ブラシ
出典:Amazon
 

ウェアやゴーグル、ブーツなどの
雪を払い落とすのに使用します。
 

ボードを車内に中積みしている方は
一緒に濡れ雑巾も用意しておいて、

片付けついでにエッジを拭いてしまえば
サビを防止することが
できるので
おすすめです。
 

ボードのメンテナンスについて詳しくは
こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

スノーシーズンも中盤を過ぎると段々とボードが「走らなく」なっていきます。 「走らない」ボードは操作性が落ちるだけでなく、突然失速したりしてバランスを崩してコケてしまうことも。打ち所が悪ければケガしてしまうリ[…]

ボード ソール面
 

ウェアやゴーグル、ブーツなどの
ギアに付いていた
雪が融けて車内が
濡れてしまうのを防ぐことがます。
 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
 

これらが無かったとしても、

「スノボを楽しむことができない!」

「スノボに行けない!」といった

致命的なアイテムではありません。
 

雪山に行く度に使用するようなものも
多くはないです。

しかし、いざというときに
あれば役に立つアイテムばかりです。
 

必要なものを見極めて
道中を快適に過ごしちゃいましょう!
 

快適な車内
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク