スノーボード入門|あなたにとっての必需品は?快適に楽しむための小物類まとめ!

スノーボードを楽しむために
雪山まで行ったときに、

「アレ持ってくれば良かったな~」
って思うことはありませんか?

 

例えばボードやブーツなど、
無いとスノボそのものを

楽しむことが出来ない
ギアを忘れてしまうことって
そうはないはずです。

しかし、ちょっとしたときに
あれば便利な道具や、

「次回は持って来よう」って
思っている小物類って

意外と忘れちゃったりしませんか?
 

別に無くてもスノボを楽しめればいいので
大したことではないんですが、

あるとそれなりに役に立つんですよね。
 

ということで!
 

スノボに関わる小物類を
まとめてご紹介します!

 

ちなみに、ゴーグルとグローブは
雪山では必需品なので

ここでの『小物類』という括りからは
除外します・・・(^^;

 

あれば役立つ小物類

 

スノボ小物類
 

ボード関係

 

ボードに関係する小物類です。
 

ケーブルロック

 

休憩するときなどにボードが
盗まれないようにするための
アイテムです。
 

バートン ケーブルロック
出典:Amazon
 

正直なところ、自分の周りで盗まれた
人はいないですし、
ゲレンデで
「盗まれた」と言っている方を
見かけたこともありません。

しかし、実際にマイボードが
盗まれてしまってからでは

悔やんでも悔やみきれません。
 

盗まれる可能性は低いとしても
決してゼロではないんですよね。
もしものときのために
出来る限りの準備はしときましょう。
 

ドライバーツール

 

雪山でバインディングの
角度調整などをするときに使用します。
 

バートン ドライバーツール
出典:Amazon
 

ゲレンデではリフト券売り場の近くなどに

置いてあるところも多いと思います。

しかし、順番待ちをしている
場合もありますし、
そこの場所でしか
調整することができません。
 

ご自身で用意していれば
場所を問わずに
好きなタイミングで
調節することができますね。
 

リーシュコード

 

ボードの流れ止めです。
 

バートン リーシュコード
出典:Amazon
 

滑り始めるときなどにボードを持って
リフトで上まで行ったときや、

状況としてはあまり無いケースだとは
思うんですが、
斜度のあるところで
バインディングを外したりしたときに

ボードが滑り落ちていくのを
防止するために使用します。
 

リフトに乗っているときに、
実際にボードだけが滑り落ちて

コース外に消えていったのを
数年前に見かけたことがあります。

そのときは人に当たらなかったので
良かったですが、
ゲレンデに
座り込んでいる人の背中に突っ込んだり

小さいお子さんに突っ込んでいたら
大事故になりかねませんよね?

滑り落ちているボードはどんどん速度を
出して暴走するので大変危険です!
 

最近ではあまり見かけなくなりましたが、

もしものために付けておけば安心です。
 

簡易ワックス

 

ゲレンデで滑り始める前などに
簡易的に
ボードに浸透させるワックスです。
 

ざっくりとした解説ですが、

ボードは谷側(下)に向かって
滑り落ちるため、
ソールと雪面が
接しているところは
摩擦で雪が解けて
液体(水)になっているんです。

ワックスを塗ることによって
水弾き(水はけ)を良くして
摩擦を
少なくすれば、よりボードが
『走る』ようになります。
 

例えば、コース移動をするため斜度が
ほとんどないところを
移動(横移動)
しなければならないときなどに

一番実感するのではないでしょうか?
 

マツモトワックス 極楽ペースト
出典:Amazon
 

マツモトワックス 極楽   液体ワックス
出典:Amazon
 

ペーストタイプも液体タイプも
使用方法は同じで、
付属のスポンジで
塗り込んでからコルクで擦ります。
 

スプレータイプもありますが、

ペーストタイプや液体タイプのほうが
長持ちする気がします。
とはいっても、簡易的なものですが。
 

ホットアイロンで使用する
固形ワックスの中には
そのまま生塗り
できるものもあります。

ホットアイロンについて詳しくは

別の機会にご紹介しようと思います。
 

身に付ける関係

 

ビーニーやネックウォーマーなどの

首元より上の防寒小物については

こちらを参考にしてみて下さい。
 

関連記事

ビーニーやネックウォーマーなど、首から上の防寒アイテムを着用せずにスノボをしている方をたまに見かけることがあります。 ビーニーは防寒対策としての用途はもちろんのこと、コケたときなどの防護にもなります。 […]

首より上の防寒対策
 

パスケース

 

リフト券などを入れるケースです。
 

リフト券ホルダーの付いたウェアも
数多くありますが、
それを使用せずに
パスケースを持っている方もいます。
 

オレンジ カラビナパスケース
出典:Amazon
 

パスケースにはチャックの付いた
収納が付いているものが多く、

そこにお金を入れたりできます。

ただし、取り出すのが面倒だったり、

パスケースごと無くしてしまう
リスクもあります。
 

一緒に行っている連れが過去に
パスケースごと無くしたことがあり、

探したんですが見つけられませんでした。

そこにお金は入れていなかったため、
最小限の被害で済んだのが幸いでした。

自己管理が出来ていなかったといえば
それまでの話しなんですが、

無くす可能性もあるということで
注意するようにしましょう。

 

オレンジ パスケース 腕巻きタイプ
出典:Amazon
 

カラビナタイプの他には腕に巻くタイプや

 

オレンジ パスケース 手巻きタイプ
出典:Amazon
 

手に巻くタイプ、

 

オレンジ パスケース 足巻きタイプ
出典:Amazon
 

足に巻くタイプもあります。
 

足巻きタイプの中には、
画像にあるように
リーシュコードが
付いているものもありますね。
 

コインケース

 

財布とは別にコインケースがあると
便利だと思います。
 

前述していますが、
パスケースは
無くしてしまうリスクがあるため、

別でコインケースを用意してウェアの
内ポケットにでも
入れておけば安心です。
 

100均の小さいクリアホルダーなどでも
いいと思います。

ゲレンデまで車で行っている場合は、

お金と一緒に車のカギもまとめて
入れたりもできますね。
 

スマホケース

 

スノボ時にスマホを持ち歩く方は
スマホケースがあると便利です。
 

スマホケース
出典:Amazon
 

ポケットからスマホを取り出したときの
落下防止や、紛失防止にも役立ちます。
 

なにより、スマホケースは汎用性があり
スノボ以外でも使用することができます。
 

撥水、防水スプレー

 

ウェアには撥水や防水加工が
してありますが、
使用しているうちに
効果が無くなっていきます。
 

撥水スプレーや防水スプレーがあれば、

ある程度の効果を期待できるのでは
ないでしょうか?
 

ベルト

 

ウェアをレンタルするときには
念のため用意したほうがいいでしょう。
 

その他

 

その他の細かい小物類です。
 

日焼け止め

 

雪山は積もった雪面からの
照り返しもあるので紫外線は強いです。
 

スキーやスノボに行ってきた方で

ゴーグル跡がくっきり付いているのを
見かけたりもしますよね?

特に女性の方やスキンケアを
気にする方にとっては必需品です。
 

リップクリーム

 

冬は乾燥の季節です。

雪山も例外なく乾燥しています。
 

フェイスマスクも無くリップクリームも
塗らずに滑っていると、
帰るころには
唇がカサカサになっています。
 

過去に持っていくのを
忘れたことがあるんですが、

気にせずにそのままスノボを
楽しんでいました。
 

帰りの道中に晩ご飯として、

某定食屋で特に何も考えずに
食べたいものを頼みました。

その時に頼んだのが
豚キムチ定食だったんですが、

唇がカサカサで敏感になっていたので

少しの辛さでヒリヒリして
痛い目にあったのを覚えています。
 

それ以来、リップクリームは
必需品になりました・・・(^^;
 

ポケットティッシュ

 

ポケットティッシュも
持っていると重宝します。
 

外気温が低い中で滑っていると
意外に鼻水が出るんです。

鼻水をすすりながら
滑り続けることもできますが、

チーンと鼻をかめばスッキリしますよね。
 

カイロ

 

冷え性の方は腰などに貼るタイプの
カイロを使用したりしますよね。

貼るタイプではない携帯カイロも
意外に使い道はあるんです。
 

手などの冷えやすい箇所にあてれば
冷たさが和らぐのはもちろんなんですが、

ムービーやカメラ、最近では
電子タバコといった電子機器の

バッテリーを温めるのに使用します。

寒冷地仕様の電子機器であれば
問題ないのかもしれませんが、

あまりに気温が低いと
バッテリーが使えなくなるんです。
 

例えば、一緒に行っている
仲間やご自身の滑りを
撮るときや
景色を撮るときなど、
いざ使おうと思ったときに

極端にバッテリー残量が少なかったり
要充電のランプが
点いていたり
することがあります。

とはいっても、
充電されていないわけではないんです。
しばらくの間暖かい室内などで
休憩していると、
また使えるように
なっているはずです。
 

リフトに乗っている少しの間などにでも

携帯カイロを使用してバッテリーを
温めておけば
そういったことをある程度
防ぐことができます。
 

ちなみに、今のところスマホでは
そのようなことはありません。
ムービーやカメラ、電子タバコでは
経験したことがあります
・・・ご参考まで。
 

チョコレート

 

身体を動かして疲れたときには
甘いものですよね?
 

雪山は寒いので溶ける心配も
無いですし、手軽に糖分を
摂取できます。

ただし食べすぎには注意が必要です。
 

空腹時に糖分を摂取し過ぎると
血糖値が急激に上がるそうです。

そうするとインスリンが分泌されて
血糖値を下げるみたいなんですが、

血糖値が下がり過ぎると倦怠感や
睡魔などの『低血糖症』に

なってしまうんだそうです。
 

「過剰な摂取⇒疲れる」
といった悪循環になるので、
ほどほどにしましょう。
 

アメ、ガム

 

アメやガムは唾液を分泌するので、

乾燥して喉が渇くときの
一時的な対応策として便利です。
 

野球やサッカーなどのプロスポーツでも
ガムを噛んでいる選手っていますよね?

ガムにはリラックス効果や
集中力を高める効果もあるんです。
 

身体が緊張せずにリラックスして
楽しむことが出来るのでおすすめです。
 

身分証

 

スノーボードギアを現地で
レンタルするときに必要になります。
 

まとめ

 

持っていく荷物は
少ないに越したことはないので、

ご紹介する全ての小物類を
用意する必要はありません。

ご自身で使用するであろう小物を
見極めて用意するようにしましょう。
 

スノボ小物類
最新情報をチェックしよう!
x
x
スポンサーリンク